LINEアカウントには、メールアドレスとパスワードを登録できます。機種変更などでLINEアカウントを引き継ぐときや、PCやiPadからLINEにログインするとき、LINEストアにログインするときなどで使用するものです。

設定は必須じゃない

LINEでメールアドレスやパスワードの登録は必須ではありませんが、登録しておくとスマホをなくしたときPCからLINEにログインできたり、スマホを機種変更したときスムーズにLINEを引き継げたりと便利です。ですがLINEのパスワードはあまり使う機会がないので、忘れてしまう人もいるでしょう。

スマホでLINEにログインしている場合

スマホですでにLINEにログインしている場合、LINEの「友だち」画面で「設定」アイコンから「アカウント」を開き、「パスワード」から変更可能。スマホのロック解除(指紋認証、顔認証など)で認証を行い、新たなパスワードを入力したら「OK」を押します。「パスワードが変更されました」と表示されたら完了です。古いパスワードを入力する必要はありません。

  • LINE

    設定で「アカウント」画面を開き、「パスワード」を選んでください

  • LINE

    スマホの指紋認証や顔認証を利用して、LINEのパスワードを変更できます

  • LINE

    新たなパスワードを入力し、「OK」を押しましょう。「パスワードが変更されました」と表示が出れば、変更完了となります

LINEアカウントの引き継ぎでパスワードを忘れてしまった

スマホの買い換えなどでLINEアカウントを引き継ぐとき、メールアドレスとパスワードでのログインを求められることがあります。パスワードを忘れてしまったら、LINEのログイン画面で「パスワードを忘れた場合」をタップします。つぎにLINEに登録しているメールアドレスを入力し、「確認」を押すと、入力したメールアドレスにパスワード再設定用のメールが送られてきます。LINEに登録したメールアドレスも忘れてしまった場合、メールアドレスによる引き継ぎはできず、LINEアカウントを作り直すことになります。

  • LINE

    「パスワードを忘れた場合」を選んで、LINEに登録したメールアドレスを入力すると、パスワード再設定用のメールアドレスが届きます

PCやiPadでLINEにログインしたいが、パスワードを忘れてしまった

PC版LINEにログインする場合も、登録したメールアドレスとパスワードの入力が必要です。もしパスワードを忘れてしまったら、ログイン画面にある「パスワードを再設定」をクリック、またはタップしましょう。つぎの画面でメールアドレスを入力すると、パスワード再設定用のメールが登録したアドレスに届きますので、パスワードを再設定できます。

  • LINE

    PC版LINEでは「パスワードを再設定」をクリックすると、再設定のための画面が表示されます。メールアドレスを入力し、パスワード再設定用のメールから、パスワードを再設定できます

「パスワードを変えたくない」「少し時間をおけば思い出せそう」という場合、PC版LINEではQRコードでログインする手段もあります。PC版LINEに表示されたQRコードを、スマホのLINEで読み取ってログインする方法です。PC版LINEのログイン方法は、別記事「【PC版LINEの使い方】ダウンロードからログインまで」を参照してください。

WebブラウザでLINEストアにログインしたいが、パスワードを忘れてしまった

LINEストアでLINEスタンプや着せ替えの購入、LINEコインのチャージを行いたいとき、LINEに登録したメールアドレスとパスワードでLINEにログインする必要があります。利用しているスマホによっては、アプリと連携させてパスワード入力なしで自動ログインできますが、PCでLINEストアを使いたいときは、パスワード入力が必要です。

パスワードを忘れたときは、スマホやPCのLINEアプリからパスワードを変更します。スマホのLINEで、指紋認証や顔認証を利用してパスワード変更するのが一番早いのではないでしょうか。

  • LINE

    LINEストアを使いたいときは、LINEに登録したパスワードやメールアドレスが必要です

パスワードを忘れないために

あらゆるサービスでメールアドレスとパスワードを使う今、すべてのパスワードを正確に覚えておくのは非常に難しくなっています。だからといって、同じメールアドレスとパスワードの組み合わせにしておくと、「パスワードリスト型攻撃」というサイバーアタックで、メールアドレスとパスワードによる不正ログインをされてしまうかもしれません。

では、どのようにLINEパスワードを管理すればいいのでしょうか。絶対に忘れない英数字に「line」の文字を足すなど、パスワード自体を工夫する手もあります。例えば、「a1234」が忘れない英数字だったら、「a1234line」といったパスワードになります。もっとも安全なのは頭の中だけで管理しておくことなので、忘れにくく、推測されない文字列を考えて使ってくださいね。

やむを得ず紙にメモする場合、総務省は鍵のかかる机や金庫などにメモを保管することを推奨しています。