日立がAI活用した産業機械の修理作業を提案するシステムを開発

日立製作所は6月4日、AIなどの先進デジタル技術を活用し、さまざまな産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発し、今後の製品化に向けて空気圧縮機の製造・販売を手がける米の子会社であるSullair(サルエアー)と共同で実証試験を開始すると発表した。

実証試験は、サルエアーの自社工場や同社ユーザーの空気圧縮機向けに同システムを適用し、性能検証と関連するアプリケーションの開発を進める。

開発したシステムは、産業機械の不具合事象とその際の機械の状態に関するデータや稼動履歴データ、部品・消耗品の交換など対処内容と、その結果などの修理履歴データ、アセット情報をもとに、AI技術と複数のアルゴリズムを組み合わせた独自の分析モデルを用いて、完治率の高い最適な修理カ所・方法などを自動で提案する。

例えば、空気圧縮機が温度上昇により停止した場合、パネルに表示された故障時の状態や機械の運転時間などの情報をユーザーが新システムに入力することで、ユーザーとメーカーに対して、最も可能性の高い不具合カ所を表示するとともに、最適な修理対応手順が自動提案されるという。

また、AI技術を活用していることから、蓄積される機械の故障情報や修理内容、その対処結果などの相関関係を継続的に学習し、提案精度を高めていくことを可能としている。

新システムを導入することにより、産業機械メーカーはIoT機器が搭載されておらず遠隔監視ができない既設の機器においても、自社のサービス員が現場に出向く前に、提案内容を元に修理作業の事前準備・段取りを行い、後戻り作業を抑制できるようになるという。

結果として、メーカーは修理サービスのオペレーション効率化とサービスの品質向上の両立を実現し、保守サービス事業の強化を図ることができることに加え、ユーザーも機械の故障発生によるダウンタイムを低減でき、事業機会の損失を抑えることを可能としている。

今後、同社は新システムを早期に実用化するとともに、産業機械メーカーの修理サービスビジネスをトータルでサポートする「メンテナンス&リペアサービス」の提供を予定している。

さらに、新システムに産業機械のリアルタイム状態データを連携させて、高度な故障予兆診断システムに発展させることにより、メーカーの予防保全サービスのサポートにも取り組む考えだ。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事