WiMAXのかんたんエリア確認方法!エリア外のときの対処法と快適に使う方法! | マイナビニュース インターネット比較

WiMAXのかんたんエリア確認方法!エリア外のときの対処法と快適に使う方法!

WiMAX

WiMAXのエリア確認は、WiMAX公式サイトで簡単に判定できます。エリア判定から利用までのロードマップをまとめました。

エリア確認~利用開始までのロードマップ
  1. 公式サイトでエリア確認
  2. ○、△、×の区分で判定される
    ○の人は「Broad WiMAX」を申し込むのがベスト
    △、×の人は「Try WiMAX」を試してみる
  3. 繋がらなかった場合は代替インターネットを検討

○、△、×で区分わけされ、△、×の方は「Try WiMAX」という無料で15日間お試しできるサービスで電波が届くか、使用感を試してみるのがベストです。

また、それでも繋がらない場合におすすめしたい他社ポケット型WiFiを紹介していますよ。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする
スポンサーリンク
【728×90】OCN光

まずは公式サイトでエリア判定!

まずはWiMAX公式サイトにある、「サービスエリアマップ」で利用する住所のエリア判定を行いましょう!

エリア判定の見方

WiMAXでは、エリアを「○△×」で判定しています。

ただし場所によっては住所検索できないところもありますので、その場合は正式な住所の他に通称名でも試してみてください。

では、「○×△」が具体的にどういう意味を持つのかを説明していきますね。

判定が「○」の場合

判定が「○」の場合には、WiMAXの利用が可能です。

ただしエリア内であっても高層階や地下など、電波の届きにくい場所では繋がりにくい可能性もあることには注意してくださいね。

不安な場合は、無料でWiMAXの使用感や繋がるかを確認できる「Try WiMAX」を利用して、本当につながるか事前に検証しておくと安心です。

判定が「△」の場合

判定が「△」の場合には、使えるかどうかわからないエリアです。

そのため「△」のエリアに該当する場合も、Try WiMAXで使用感をチェックすることをオススメします。

△とされているエリアは、WiMAXサービスの総本家であるUQ WiMAXが、公式につながると表明していないエリアです。

該当の場所で繋がらない・遅いということでサポートに問い合わせを行ったとしても、エリア判定の結果が△のため接続の保証ができないという回答になる可能性もあります。

こうた
こうた

サポートが期待できないとなると、△の場所でいきなり契約するのはリスクが大きいといえるね

△の場所で確実にインターネットをつなげたい場合は、固定回線やポケットWi-Fiなど、利用可能エリア内の他社の回線を検討した方がいいですね。

判定が「×・圏外」の場合

判定が「×・圏外」だった場合には、基本的には使うことはできません。

ただし、ピンポイントで使える場所があったり、サイトの反映までのタイムラグで「×」となっている可能性もあります。

エリア判定が○以外の方は、次で紹介する「Try WiMAX」を利用するのがベストでしょう。

Try WiMAXをレンタルして実際の使用感を確認

Try WiMAXとは、15日間無料でレンタル可能なUQ WiMAXのサービスのことです。

WiMAXを契約する前に使用感を確かめるという目的のサービスですので、通信エリアを確認するだけでなく、通信速度を体感もできます。

とくこ
とくこ

データ容量が間に合うかどうかなど自分の使い方にあっているかも同時に確かめられるわ!

もちろん通信料も無料ですし、登録料や送料などもかかりません。

WiMAXの契約を検討しているのなら、ぜひ活用しておきたいサービスですよね。

Try WiMAXの利用方法

Try WiMAXは、UQ WiMAXの公式ページから行うことが可能です。手続きは簡単で以下の3点になります。

  1. UQ WiMAX公式ページから仮登録
  2. 申し込み完了するとレンタル機器が発送される
  3. 15日以内に返送すればOK

またもしも14時半までに受付が完了した場合には、即日発送してくれます。

利用後は、送付された機器に同梱されている着払いゆうパック伝票を使って返送しましょう。

Try WiMAXの注意点

  • 利用期限までに返却できないと違約金が発生
  • クレジットカードの有効性を確認される
  • 一時的にクレジットカードのショッピング利用枠を機器購入代金相当額文確保される

なお、レンタル期間の15日間には、利用後に返送した機器がUQ WiMAXに到着するまでの期間も含みます

そのため、実際に利用できる期間は発送と返送の時間を除外した約10日~13日間である点にも注意しましょう。

また利用期限までに返却ができなかった時には、違約金が発生するので注意してくださいね。

Try WiMAX、こんなときどうする?

Try WiMAX利用中に、もしも通信速度が遅いと感じたり、圏外になってしまったりする場合には、WiMAXの使い方に問題があることが多いようです。

このような場合には、次からの対処法を試してみましょう。

通信速度が遅いと感じたら?

通信速度が遅い場合は、電波の届きにくい場所で通信をしていたり、WiMAXの通信サービスエリアとの境界線あたりで利用していたりする可能性があります。

このような場合には、電波が届きやすい場所に移動して使いましょう。

こうた
こうた

自宅の中で使うなら、窓際に置いてみよう!

圏外になってしまったら?

圏外になってしまう場合にも、サービスエリアを出てしまった場合や、通信環境が悪いところで利用している可能性があります。

上記の場合も、電波が届きやすい場所に移動して対応しましょう。

また、WiMAXの障害が発生している場合や、端末の故障の可能性もありますので、障害情報を確認したり、再起動をしたりしてみましょう。

WiMAXが使えるなら「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAX

WiMAXの申し込み窓口には複数の選択肢がありますが、お得に契約できるのはプロバイダ「Broad WiMAX」です。

WiMAXの月額料金やキャンペーンなど、各窓口で独自に設定していて、申し込む場所で支払う金額が変動します。

窓口が違っても実際に提供される端末のスペックや回線品質に違いはないため、料金の安さやキャンペーンの充実度で選ぶべきです。

エリア 全国
月間データ容量 無制限
速度制限の有無 あり
(直近3日間で10GB以上の利用)
最大速度 1.2Gbps(機種:W06)
下り速度実測値平均 36.51Mbps
月額料金 〜2ヶ月目:2,090円
〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 0円
キャンペーン内容 月額割引
初期費用0円のWEB割キャンペーン
全端末無料キャンペーン
契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
5,000円キャッシュバック
実質料金(3年間) 159,351円
実質月額(3年間) 4,307円
※価格は税込

Broad WiMAXにはキャッシュバックこそないものの、最初から無条件で月額割引が適用となっています。

その他にも下記のように、キャンペーンが豊富なのがなにより魅力です。

Broad WiMAXのキャンペーン
  • 初期費用0円!Web割キャンペーン!
    ・初期費用を20,743円割引
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン!
    ・端末代金0円
  • 違約金当社負担乗換えキャンペーン!
    ・他社で発生した違約金を最大19,000円還元
  • 学生応援キャンペーン!
    ・18~25歳の学生対象で12ヶ月間753円割引
  • 2台目キャンペーン!
    ・2台同時申込で10,000円キャッシュバック
  • 5,000円キャッシュバック
こうた
こうた

ただし、「学生応援キャンペーン」と「5,000円キャッシュバック」は併用できないから注意してね!

キャッシュバックが貰える窓口もありますが、ほとんど12ヵ月後に貰える、という窓口なのが事実。月額割引があり、なおかつその他キャンペーンも充実している窓口からの申込が堅実ですよ。

エリア確認結果で不安が残る場合の対応策

手順 チェック

WiMAXのエリア確認の結果、利用する予定の場所で「△」や「×」と判定されてしまうと、どうしていいかわからないですよね。

上記の場合は、WiMAXの利用ではなく、他社のポケット型WiFiを検討してみましょう。

その際は、毎月使用するデータ容量にあわせてサービスを選ぶと、料金が抑えられますよ。

ここで、それぞれの容量のポケット型WiFiを容量別、料金順に比較してみました。

【ポケット型WiFi料金比較】
月間データ容量 サービス 契約期間 実質月額料金(2年間) 月額料金
200GB hi-ho Let’s Wi-Fi(210GB/月) 2年 4,033円 3,278円〜
どこよりもWiFi 2年 4,532円 4,400円
Chat WiFi なし 4,553円 4,378円
どこよりもWiFi なし 5,032円 4,900円
ギガゴリWiFiワールドプラン 2年 6,182円 6,050円
100GB Mugen WiFi 2年 3,450円 3,718円
縛りなしWiFi 3年 3,542円 3,410円
縛りなしWiFi 1年 3,762円 3,630円
Ex Wi-Fi 2年 3,850円 3,718円
クラウドWiFi なし 3,850円 3,718円
それがだいじWi-Fi 2年 3,850円 3,718円
ゼウスWiFi 2年 3,894円 3,278円〜
ギガゴリWiFiワールドプラン 2年 3,905円 3,267円〜
どこよりもWiFi なし 4,032円 3,900円
縛りなしWiFi なし 4,092円 3,960円
ゼウスWiFi なし 4,840円 4,708円
50GB MONSTERMOBILE 1年 2,772円 2,640円
どこよりもWiFi 2年 3,032円 2,900円
Ex Wi-Fi 2年 3,080円 2,948円
それがだいじWi-Fi 2年 3,080円 2,948円
縛りなしWiFi 3年 3,157円 3,025円
MONSTERMOBILE なし 3,322円 3,190円
縛りなしWiFi 1年 3,410円 3,278円
どこよりもWiFi なし 3,532円 3,400円
縛りなしWiFi なし 3,707円 3,575円
20GB ゼウスWiFi 2年 2,166円 980円〜
MONSTERMOBILE 1年 2,222円 2,090円
ギガゴリWiFiワールドプラン 2年 2,299円 2,167円
どこよりもWiFi なし 2,532円 2,400円
ゼウスWiFi なし 2,750円 2,618円
MONSTERMOBILE なし 2,772円 2,640円
※価格は税込

以降ではこの中で実質料金が最安になるものをおすすめとしてご紹介します!

【月間200GB】契約期間ナシで使える「Chat WiFi」 

長時間の動画視聴やゲームなど、毎月たくさんのデータを使用する人は、超大容量月間200GBの「Chat WiFi」がおすすめです。

【Chat WiFi】
エリア 全国
契約期間 なし
月間データ容量 200GB
月額料金 4,378円
事務手数料 4,378円
端末代 0円
※価格は税込

Chat WiFiには契約期間が設定されていないため、いつ解約をしても違約金が発生しません。

そのため、短期の利用を想定している人や契約期間に縛られたくないという人におすすめですよ。

【月間200GB】より安い方がいいなら「hi-ho Let’ WiFi」

Chat WiFiは契約期間がない月間200GBのポケット型WiFiで最安ですが、契約期間があってもより安いほうがいいという人には「hi-ho Let’ WiFi」が最適です。

【hi-ho Let’ WiFi】
エリア 全国
契約期間 2年
月間データ容量 210GB(7GB/日)
月額料金 3,278円
事務手数料 0円
端末代 0円
※価格は税込

hi-ho Let’ WiFiは1日あたり7GBのデータ使用ができるため、正確には1ヶ月で最大210GBのデータ通信ができます。

料金は安いのですが2年間の契約期間があるため、長期利用が可能な場合に検討してみましょう。

【月間100GB】契約期間ナシで使える「クラウドWiFi」 

クラウドWiFi

月100GBのデータ容量を契約期間の縛りなしで利用したい場合は「クラウドWiFi」おすすめです。

【クラウドWiFi】
エリア 全国
契約期間 なし
月間データ容量 100GB
月額料金 3,718円
事務手数料 3,300円
端末代 0円
※価格は税込

クラウドWiFiはいつでも無料で解約できるため、短期利用や契約期間の縛りを避けたい人におすすめです。

ひと月最大100GBまでデータ通信ができるので、外出時だけでなく自宅での利用にも十分対応できますよ。

【月間100GB】より安い方がいいなら「Mugen WiFi」

月間100GBのデータ容量で、契約期間があっても問題ないという人には「Mugen WiFi」がクラウドWiFiよりも安くおすすめです。

【Mugen WiFi】
エリア 全国
契約期間 なし
月間データ容量 100GB
月額料金 3,718円
事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・最大10,000円キャッシュバック
・30日間全額返金キャンペーン
※価格は税込

Mugen WiFiには、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されているため、そのキャッシュバックの分クラウドWiFiよりもかかる費用がお得です。

また、Mugen WiFiには30日以内であれば完全無料で契約をキャンセルできるキャンペーンがあり、つながりやすさや速度に問題ないかを試してみることもできます。

【月間20GB】契約期間ナシでも一番安く使える「ゼウス WiFi」

あまりインターネットを使用しないというライトユーザーには、月間20GBの小容量を最安で利用できる「ゼウスWiFi」がおすすめです。

【ゼウスWiFi】
エリア 全国
契約期間 2年 なし
月間データ容量 20GB
月額料金 〜2ヶ月目:980円
3ヶ月目以降:2,178円
2,618円
事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・4ヶ月間月額料金割引 なし
※価格は税込

ゼウスWiFiは同じ月間データ容量でも契約期間のありなしの両方を選べ、20GBの容量であればどちらを選んでも最安で利用できますよ。

2年契約期間があるプランはより料金が安いですが、2年以降解約に違約金はかからないため、2年以上利用できるかどうかを基準にプランを選びましょう。

【月間50GB】20GBよりもう少し多く使いたい人は月間50GBの「MONSTER MOBILE」

ゼウスWiFiの20GBだと物足りない人は、中容量50GBのプランが安い「MONSTER MOBILE」を検討しましょう。

【MONSTER MOBILE】
エリア 全国
契約期間 1年 なし
月間データ容量 50GB
月額料金 2,640円 3,190円
事務手数料 3,300円
端末代 0円
※価格は税込

MONSTER MOBILEもゼウスWiFiのように契約期間のあり・なしを選ぶことができますが、契約期間ありの場合でも1年間と短く設定されています。

なお、契約期間「なし」から「あり」にであれば途中変更ができるため、まずは契約期間なしから利用を始めてみるのもおすすめです。

速度を重視するならホームルーターや光回線を検討しよう

ポケット型WiFiは持ち運び可能である反面、速度が不安定になりやすいという特徴があります。

そのため、速度を何よりも重視したいという人の場合はポケット型WiFiではなく、ホームルーターや光回線を検討してみましょう。

ホームルーターと光回線は自宅内での利用に限られますが、安定した環境でインターネットが可能になりますよ。

こうた
こうた

ホームルーターと光回線については以下の関連記事を参考にしてね!

今後のWiMAX利用可能エリアの展望は?

WiMAXの利用可能エリアの今後の展望は、WiMAXとWiMAX2+という回線の種類によってわかれています。

WiMAXはつなぎ放題という安価な定額プランで利用が可能な旧規格ですが、13.3Mbpsという遅い通信速度が難点です。

WiMAX2+は一定の通信量を超えると通信制限がかかるデメリットがあるものの、440Mbpsという速度を誇っています。

WiMAX2+は随時サービスエリア拡大中

WiMAX2+は、旧規格のWiMAXよりも速度が速い新規格です。

WiMAX2+は今後も拡充される予定のため、随時サービスエリアが拡大中です。

UQWiMAXのエリア拡充情報で、リアルタイムに情報を得ることができますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

旧規格であるWiMAXは2020年3月に提供を終了

旧規格であるWiMAX回線は、2020年3月31日で提供を終了します。

WiMAX回線は新規格で速度も速いWiMAX2+回線へと徐々に移行しており、WiMAX回線で通信できるのは2020年3月末までですので旧端末を利用している方は早めに機種変更などを行いましょう。

まとめ

WiMAXは、都道府県というエリアのくくりで見ると、日本全国ほとんどの場所で利用できます。

しかし、具体的な場所という意味では、提供エリアに入っていないところもある点に注意が必要です。

また、提供エリアだったとしても、高層階や地下など、電波の届きにくい場所もあります。

必ず、事前に公式サイトでエリア確認を行い、必要であればTry WiMAXを利用して事前に使用感をチェックしたりするとより確実です。

WiMAXを快適に利用するためにも、利用可能エリアの確認は必ず行ってくださいね。

【マイナビ限定】特別キャンペーン実施中
5Gプランの申し込みで現金5,000円還元!
【マイナビ限定】特別キャンペーン実施中
タイトルとURLをコピーしました