210GB相当のhi-ho Let’s Wi-Fiの評判やメリット・デメリットを徹底調査!

hi-hoアイキャッチ ポケットWiFi

hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツワイファイ)は、ドコモ・au・ソフトバンク回線が使えるクラウドSIM系ポケットWiFiです。

他社では類を見ない、実質月間210GBという大容量プランが注目を集めていますよ!

hi-ho Let’s Wi-Fiのおすすめポイントは、次の9つです。

今回は、hi-ho Let’s Wi-Fiの公式情報や他社との比較、そしてユーザーからの評判をもとに、その実態を徹底リサーチします!
hi-ho Let’s Wi-Fiはご自身にとってもっとも合っているポケットWiFiなのか、この記事を参考にぜひ確かめてみてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

まずはhi-ho Let’s Wi-Fiの概要をおさらい!

hi-ho Let’s Wi-Fiの詳細をお話する前に、概要をざっと確認しておきましょう。

プラン名 通常プラン ライトプラン
使用端末 端末名 U2s
最大速度 150Mbps
速度制限 1日のデータ上限を使い切ると、
翌々日のみ最大128kbpsに制限
使用回線 au、ドコモ、ソフトバンク
月間データ容量 実質210GB(7GB/日) 実質120GB(4GB/日)
初期費用 手数料 0円
端末代 0円
月額料金 初月 2,980円の日割り
2ヶ月目~ 2~3ヶ月目:2,980円
4ヶ月目~4,300円
2~15ヶ月目:2,980円
16ヶ月目~:3,480円
海外対応地域 アジア、オセアニア、ヨーロッパ、
北米、中東、中南米、アフリカ
契約年数 2年
※3年目からは1年自動更新
解約金 8日以内:0円
9日~11ヶ月目:18,000円
12ヶ月以降、更新月以外:9,500円
更新月:0円
8日以内:0円
更新月以外:9,500円
更新月:0円

※価格はすべて税抜
※鬼コスパキャンペーン適用

この概要表からもわかるとおり、hi-ho Let’s Wi-Fiは、大容量プランを安く使いたい人にもってこいのポケットWiFiです。
今ならどちらのプランを選択しても、「鬼コスパキャンペーン」で、手数料と月額料金を安くできるため、安さ重視の人には大変おすすめとなっています!

また、国内では3大スマホキャリア回線が使える点、同端末を申請不要で海外100ヶ国以上で使える点は、クラウドSIM最大の利点ですね。

hi-ho Let’s Wi-Fi9つのメリット

hi-ho Let’s Wi-Fiは、メリットが9つもあるポケットWiFiです。

各メリットの詳細を解説しましょう。

3大スマホキャリアの回線を使えるから繋がりやすい

hi-ho Let’s Wi-Fiは、au、ドコモ、ソフトバンクのキャリア回線から、場所ごとでもっとも繋がりやすい回線に自動接続してくれます。
WiMAXは地下や山間部、地方に行くと繋がりにくいという一面がありますが、hi-ho Let’s Wi-Fiはスマホが使える場所なら通信できるため、繋がりやすさは断然優位です!

月あたり実質210GB使える超大容量プラン

通常プランは、1日7GBまで通信できます。

30日ある月なら最大210GB/月、31日ある月なら最大217GB/月も使えるため、毎日長時間オンラインゲームや動画を楽しみたい人でも、速度制限にかかりにくい点が特徴です!
1日の上限を使い切ると最大128kbpsに制限されますが、制限期間は翌々日の1日のみと条件がゆるい点も、うれしいですね。

料金は他社の超大容量ポケットWiFiと比較しても安め

hi-ho Let’s Wi-Fiの通常プランがいかに安いか、他社で月110GB以上使えるポケットWiFiの料金と比較してみましょう。

サービス名 月間データ容量 月額料金
hi-ho Let’s Wi-Fi 実質210GB 初月:2,980円の日割り
2ヶ月目:2,980円
3ヶ月目~:4,300円
THE WiFi(ライト) 1年間110GB 3,480円
MONSTER MOBILE 縛りあり 実質150GB 3,480円
縛りなし

hi-ho Let’s Wi-Fiは、通常プランを選ぶと3ヶ月以降通常料金に戻るため、一見高く見えるかもしれません。
しかし、他社の料金に約1,000円/月プラスするだけで毎月60~100GB多く使えることを考えると、お得ですよね!

この方のように、月100GBを余裕で超えてしまう人は、いくら安くても月100GB前後のポケットWiFiだと、すぐ速度制限にかかってしまいます。
その点、hi-ho Let’s Wi-Fiなら月実質210GBと他社の倍容量が格安で使えるため、乗り換えて正解です!

ちなみに、200GB帯のデータ量ではhi-ho Let’s Wi-Fiが最安となりますので、月間200GBほど消費する方はhi-ho Let’s Wi-Fi一択と言っていいでしょう。

月100GB~120GBの利用なら、ライトプランが業界最安値になる

月100GB~120GBほどデータを消費する人は、hi-ho Let’s Wi-Fiのライトプランに申し込むと、同量プランをクラウドSIM系WiFi最安値で契約できます。

実際に、他社と実質料金を比較してみましょう。

クラウドSIM系WiFiデータ上限月額料金2年間の実質料金
hi-ho Let’s Wi-Fi4GB/日
(実質120GB)
初月:2,980円の日割り
2~15ヶ月:2,980円
16ヶ月目~:3,480円
71,520円
Mugen WiFi100GB3,050円75,450円
Ex WiFi100GB3,250円77,750円
それがだいじWi-Fi100GB3,250円77,750円
ゼウスWiFi100GB1~3ヶ月:2,980円
4ヶ月~:3,480円
81,540円
THE WiFi ライト110GB3,480円83,040円
地球WiFi100GB3,980円94,540円

※価格はすべて税抜

他社サービスと比較すると、最安値のMugen WiFiより、hi-ho Let’s Wi-Fiのほうが3,930円も安いうえ、データ上限は20GBも上回っています。

毎月この範囲内でデータを消費する人は、料金も安くてギガ数も多い、hi-ho Let’s Wi-Fiの契約がおすすめです。

初期費用・初月料金無料で使い始められる

「鬼コスパキャンペーン」を利用して申し込めば、次の費用が無料および割引されます。

プラン名 通常プラン ライトプラン
事務手数料 3,000円→無料
月額料金 2~3ヶ月目:4,300円→2,980円 2~15ヶ月目:3,800円→2,980円

※価格はすべて税抜

キャンペーンは選択プランに関係なく、特設サイトから申し込むだけで必ず適用されます。

有料オプションの契約を迫られたり、後日申請したりする必要もないため、誰でも手軽に利用できますよ。

キャンペーンを適用させれば、通常プランは総額5,640円、ライトプランは総額14,480円もの割引になるので、申し込む際は、特設サイトを経由しましょう!

端末が無料でもらえる

hi-ho Let’s Wi-Fiは、契約時に端末代が請求されないだけでなく、解約時の返却義務もないため、完全無料で端末を使用できます。

クラウドSIMの場合、契約時は無料でも、解約をしたら返却を求められるケースが多いため、これはうれしいですね。

海外でも同じ端末をそのまま使える

hi-ho Let’s Wi-Fiは、同端末を100ヶ国以上の海外でも利用できます。

事前申請も必要ありませんし、現地で電源を入れるだけで通信可能となるため、頻繁に海外へ行く人にとっては非常に使いやすいポケットWiFiです。

ただし、海外で使用する際は、国内利用と容量の上限や料金が次のように変わってきます。

利用国 アジア(中国、韓国、マカオなど)
オセアニア(オーストラリア、フィリピンなど)
ヨーロッパ・北米
アジア(バングラデシュ、カザフスタンなど)
オセアニア(ニュージーランド、グアムなど)
中東・中南米・アフリカ
データ容量 1日1GBまで(LTE通信)
料金 970円/日 1,600円/日

※価格はすべて税抜

WiFiを利用しなかった日は料金が加算されないので、空港などでWiFiをレンタルするより費用を安く抑えられますよ。

2年以上使うと1年間の自動更新になる

hi-ho Let’s Wi-Fiは2年間の契約期間があるものの、3年目以降は1年自動更新です。

そのため、2年後に解約を検討したとしても、年1回必ず無料解約できるタイミングがやってきます。

2年目以降、更新月以外に解約すると9,500円の違約金がかかりますが、他社だと2年に1回、または3年に1回しか更新月が来ないので、良心的ですね。

8日以内なら無料キャンセルできる

hi-ho Let’s Wi-Fiは初期契約解除に対応しているため、端末を受け取った日から8日以内に「hi-hoインフォメーションデスク」に申請すれば、無料解約できます。

hi-hoインフォメーションデスク
  • 電話番号:0120-858140(※携帯から:0570-064800)
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)

申請後は、元払いで7日以内に下記住所へ端末を返送しましょう。

  • 返送時宛名 :㈱ハイホー端末返却受付
    (㈱ティービーエス三芳物流センター内)
  • 返送先住所 :〒354-0044 埼玉県入間郡三芳町北永井275-3
  • 連絡先電話番号 :0120-85-8140

返送が遅れたり、返送物に欠品があったりすると14,000円の機器損害金が発生してしまいますので、申請後は速やかに端末を返品しましょう。

hi-ho Let’s Wi-Fiを申し込む前に確認したい6つの注意点

hi-ho Let’s Wi-Fiを申し込む際は、次の6ポイントに注意をしましょう。

ひとつずつ確認します。

月間150GB以内なら他社の方が安くなる

毎月のデータ消費量が200GBほどの方はhi-ho Let’s Wi-Fiが最安ですが、120GB~150GB以内になる人は、hi-ho Let’s Wi-Fiの通常プランが適しています。

しかし、この範囲のデータ消費量なら、MONSTER MOBILEを契約した方が料金を安くできるため、通常プランほど容量がいらない人は、今一度、契約先を検討してみましょう。

サービス名 hi-ho Let’s Wi-Fi MONSTER MOBILE
データ上限 7GB/日(実質210GB) 5GB/日(実質150GB)
月額料金 初月:2,980円の日割り
2~3ヶ月目:2,980円
4ヶ月目~:4,300円
3,480円
2年間の実質料金 103,540円 83,040円

※価格はすべて税抜

契約先候補は、「hi-ho Let’s Wi-Fiとあわせて検討したい!おすすめのポケットWiFi4社」で具体的に紹介していますので、そちらを参考にしてください。

クラウドSIMのWiFiは過去に大規模な障害が起きた

クラウドSIMのWiFiは、hi-ho Let’s Wi-Fi以外にも多数あり、過去にデータ容量完全無制限のサービスを各社打ち出していました。

しかし、2020年4月に「どんなときもWiFi」で通信障害が発生したのを皮切りに、多くのクラウドSIM系WiFiで同様の障害が起き、結果、無制限プランを各社廃止するという事態になったのです。

これはコロナの影響も相まって、想定以上の人数がクラウドSIM系WiFiに申し込んだことが原因といわれています。

現在は完全無制限プランがなくなったものの、ほとんどのサービスが問題なくサービスを再開していますが、過去にこのような大規模障害が起きた事実は知っておいた方がいいでしょう。

ちなみに、hi-ho Let’s Wi-Fiも次のツイートからわかるとおり、今は十分な速度で利用できています。

みんそく」のデータを見ると、モバイルルーターの平均実測値は31Mbpsとあるので、hi-ho Let’s Wi-Fiは平均的な速度が出ているようですね。

データ通信量の多い4K動画でも20Mbpsあれば快適に視聴できるため、30Mbpsもあれば十分です。

この方は、人口の多い東京都で27Mbpsの通信速度を計測していますね。

hi-ho Let’s Wi-Fiの最大速度は150Mbpsですが、これはベストエフォート(理論値)なので、まず出ることはありません。

150Mbpsと聞いて27Mbpsしか出ないと遅く感じられますが、ポケットWiFiの平均実測値は30Mbps前後なので、hi-ho Let’s Wi-Fiは平均的といえます。

解約金が高め

hi-ho Let’s Wi-Fiは、更新月以外に解約をすると、以下の解約金を請求されます。

通常プラン ライトプラン
解約金 8日以内:0円
9日~11ヶ月目:18,000円
12ヶ月以降、更新月以外:9,500円
8日以内:0円
更新月以外:9,500円

※価格はすべて税抜

他社クラウドWiFiの解約金は9,500~9,800円に設定してあることが多いので、少々高いといえますね。

しかし、hi-ho Let’s Wi-Fiの契約期間は2年目以降1年自動更新になるため、1年に1回必ず更新月がやってきます。

更新月に解約をすれば解約金はかからないので、無料解約しやすいポケットWiFiといえるでしょう。

口座振替には対応していない

hi-ho Let’s Wi-Fiは口座振替に対応していないため、クレジットカードを持っていない人は契約できません。

そもそも、口座振替に対応しているポケットWiFiはごく限られているため、支払いにクレジットカードが使えない人は、次の記事で紹介しているポケットWiFiから契約先を探してみてください。

【2021年最新】口座振替に対応しているポケットWiFi!いま一番お得なポケットWiFiを紹介!
口座振替でもお得に契約できるポケットWiFiはありますが、料金が高くなったり、 契約できるプランが限られたりするため注意しましょう。口座振替に対応しているおすすめのポケットWiFiをご紹介します。

端末が届くまで時間がかかる場合がある

hi-ho Let’s Wi-Fiは即日発送に対応しておらず、3営業日以内の発送となっているため、土日や祝日を挟むと、端末が届くまで1週間近くかかってしまう場合もあります。

なるべく早くhi-ho Let’s Wi-Fiが使いたい人は、最低でも火曜日までに申し込みを完了させておきましょう。

サポートが繋がりにくいかも

公式サイトの混雑予想図にもあるとおり、hi-hoインフォメーションデスクは年中無休で対応してくれるものの、昼間や16時以降になると繋がりにくい傾向にあります。

ただし、平日9時~12時と、14時~15時はほかの時間帯より繋がりやすい傾向にあるため、サポートを利用する際は、この時間帯を狙ってみましょう。

実態と評判からわかった、hi-ho Let’s Wi-Fiを本当におすすめできる人

ユーザーの口コミや調査結果から、hi-ho Let’s Wi-Fiは次のような人におすすめであるとわかりました!

両条件に当てはまる人はもちろん、一方のみに当てはまる人にもhi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめできる可能性が高いため、ご自身の利用状況をもとに、契約すべきか考えてみましょう。

月間のデータ使用量が150GB以上の人

hi-ho Let’s Wi-Fiは、通常プランだと1日7GBまでデータを使えるため、実質ひと月に210GBものデータを使用できます。

100GB/月超えのポケットWiFiはほかにもありますが、150GB/月以上となるとhi-ho Let’s Wi-Fiが最安になるため、月のデータ使用量が150GB以上になる人は、hi-ho Let’s Wi-Fiがおすすめです。

ちなみに、通常プラン(7GB/日)と、ライトプラン(4GB/日)のデータ上限内でできることは、次のとおりです。

通常プラン ライトプラン
Web閲覧 46,200ページ 26,400ページ
LINE通話 音声通話 280時間 160時間
ビデオ通話 210時間 12時間
YouTube(高画質) 10.5時間 6時間

au「1GBで利用できる目安」参照

hi-ho Let’s Wi-Fiの場合、これらが月の上限ではなく1日あたりの上限になるため、大容量コンテンツを長時間利用しても速度制限になりにくいことがわかりますね!

WiMAXがエリア外 or 容量が足りなかった人

ポケットWiFiを契約する際は、実測値が業界No.1で、実質無制限利用できるWiMAXをまず検討すべきです。

しかし、WiMAXは地下や郊外に行くとエリア外になったり、3日で10GBを消費すると速度制限にかかったりするデメリットもあります。

WiMAXについては「実質無制限なら「Broad WiMAX」がおすすめ」で解説しています。

こちらを読んで、WiMAXがエリア外だった人や、3日で10GBを余裕で消費してしまうと思った人は、それらのデメリットを補えるhi-ho Let’s Wi-Fiが向いていますよ。

hi-ho Let’s Wi-Fiのお得な申し込み方法

hi-ho Let’s Wi-Fiを申し込む際は、「鬼コスパキャンペーン」が利用できる特設サイトからの申し込みがもっともお得です!

ここでは、キャンペーンを利用してお得に申し込める方法を紹介します。

  1. 「鬼コスパキャンペーン」が利用できる特設サイトにアクセスする
  2. 「今すぐお申し込み」をタップし、申し込み画面へ進む
  3. コース、端末を選択し、必要であればオプションも追加する
  4. 申し込み内容を確認後、契約者情報と支払い先情報を入力し、「申し込みをする」をタップする

鬼コスパキャンペーンは、オプションを契約する必要もなく、どちらのプランを選んでも必ず適用されます。

このキャンペーンはhi-ho Let’s Wi-Fiを安く使えるチャンスなので、ぜひ利用しましょう!

hi-ho Let’s Wi-Fiとあわせて検討したい!おすすめのポケットWiFi4社

ご自身の利用状況をチェックし、「hi-ho Let’s Wi-Fiは合わないかも」と感じた人は、次の4社を検討してみましょう。

ここでは、各ポケットWiFiの概要と、おすすめできる人を解説しています。

目的別におすすめ先を紹介しているので、利用状況をもとに、ご自身に合うサービスを見つけてみてくださいね。

実質無制限なら「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAXのロゴ

先ほどもお話したとおり、ポケットWiFiを契約するなら、実測値が速く実質無制限利用できるWiMAXを第一に検討しましょう。

WiMAXは、多数のプロバイダが同サービスに独自の特典を付けて販売しています。

中でも実質料金を最安にできるのは「GMOとくとくBB」のキャッシュバック特典ですが、GMOのキャッシュバックは受け取りが1年後と遅いため、受け取りづらいというデメリットがあります。

この点を考えると、WiMAXは、月額料金が最初から安く設定されており、「違約金当社負担キャンペーン」や「いつでも解約サポート」が利用できるBroad WiMAXがおすすめです!

使用回線 ・WiMAX2+
・au
月間データ容量 実質無制限
※直近3日間で10GBを消費すると、
翌日から夜間のみ最大1Mbpsに制限
初期費用 手数料 3,000円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月~:4,011円
キャッシュバック
契約期間 3年
3年間の実質料金 127,615円
3年間の実質月額 3,545円

※価格はすべて税抜

今すぐ他社サービスからWiMAXへ乗り換えたい人、いつでも無料解約をしたい人は、Broad WiMAXを検討してみてください。

月間20GB・40GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ゼウスWiFiのトップページ

hi-ho Let’s Wi-Fiのライトプラン(4GB/日:実質120GB/月)より少ないデータ容量の、20GBや40GB程度でよい人は、ゼウスWiFiがおすすめです。

ゼウスWiFiもクラウドSIMですが、月20GB、40GBの容量内なら業界最安値で契約できますよ。

月間データ容量 20GB 40GB
使用回線 ・au
・ドコモ
・ソフトバンク
初期費用 手数料 3,000円
端末代 0円
月額料金 1,980円 2,680円
キャッシュバック
契約期間 2年
※2年経過後はいつでも無料解約可
3年間の実質料金 72,300円 96,800円
3年間の実質月額 2,008円 2,689円

※価格はすべて税抜

ゼウスWiFiは縛りなしプランも選択できますが、縛りなしを選んでしまうと、他社の方が安くなってしまいます。

縛りありを選んでも3年目以降ならいつでも無料解約できるため、ゼウスWiFiを契約するなら、お得な縛りありプランがおすすめです。

契約期間が更新されないポケットWiFiがいい人、月20GBまたは40GBを業界最安料金で契約したい人は、ぜひゼウスWiFiを選んでみてください!

月間50GBなら「EX WiFi」がおすすめ

Ex Wi-Fiのトップ画像

hi-ho Let’s Wi-Fiのライトプラン(4GB/日:実質120GB/月)より少ない月50GB程度でよい人は、EX WiFiを選んでみましょう。

月50Gの場合、EX WiFiが業界最安値で契約できますよ!

月間データ容量 50GB
使用回線 ・au
・ドコモ
・ソフトバンク
初期費用 手数料 3,000円
端末代 0円
月額料金 2,780円
キャッシュバック
契約期間 3年
3年間の実質料金 100,300円
3年間の実質月額 2,786円

※価格はすべて税抜

月50GBという大容量プランにも関わらず、初月からずっと2,780円で使い続けられる点は非常に安心です。

即日発送にも対応しているので、すぐポケットWiFi使いたい人はもちろん、月50GBのポケットWiFiを業界最安値で契約したい人は、ぜひEX WiFiを選んでみましょう!

月間60~150GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

MONSTER-mobile

月60GB~90GBのプランを契約したい、また、hi-ho Let’s Wi-Fiのライトプランより安く月150GBを利用したいなら、「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

月間データ容量 62GB
(2GB/日)
93GB
(3GB/日)
155GB(5GB/日)
使用回線 ・au
・ドコモ
・ソフトバンク
初期費用 手数料 3,000円
端末代 0円
月額料金 2,480円 2,980円 3,480円
キャッシュバック
契約期間 1年自動更新
3年間の実質料金 89,800円 107,300円 124,800円
3年間の実質月額 2,494円 2,981円 3,467円

※価格はすべて税抜

MONSTER MOBILEは、2GB/日、3GB/日、5GB/日の3つから、お好きなプランを選べます。

同プランで縛りなしプランも選べますが、縛りなしにすると月額料金が高くなってしまうため、MONSTER MOBILEを安く利用したいなら、縛りありプランを選びましょう。

縛りありプランを選んでも契約期間は1年自動更新なので、毎年来る更新月に申請すれば、無料解約できますよ。

即日発送にも対応していますので、今すぐポケットWiFiを使いたい人にもおすすめです!

hi-ho Let’s Wi-Fiの解約方法

最後に、hi-ho Let’s Wi-Fiの解約方法についても解説しておきましょう。

解約手順は以下のとおりです。

1.電話で解約申請をする

当月解約をするためには、前月21日~当月20日18時までに「hi-hoインフォメーションデスク」へ電話をしましょう。

期日を超えると翌月解約になるため、ご注意ください。

hi-hoインフォメーションデスク
  • 電話番号:0120-858140(※携帯から:0570-064800)
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)

2.退会受付完了メールを受信する

申請が完了すると、登録メールアドレスに「退会受付完了のお知らせ」というメールが届き、当月末で解約が完了します。

hi-ho Let’s Wi-Fiは更新月なら無料解約できますが、更新月以外だとプランによって解約金額が変わります。

解約希望の方は、事前に「解約金が高め」を読み、改めて金額を確認しておきましょう。

まとめ

ユーザーからの評判や調査結果をまとめると、hi-ho Let’s Wi-Fiには次のメリットがあるとわかりました。

クラウドSIM系ポケットWiFiの中で、ここまでの大容量データを4,300円で使えるものはありません!

月間データ使用量が150GB以上の人や、WiMAXがエリア外または容量不足だった人は、ぜひhi-ho Let’s Wi-Fiを申し込んでみましょう。

参考サイト

hi-ho(ハイホー) インターネットサービスプロバイダー

タイトルとURLをコピーしました