「5G時代Wi-Fi不要説」は本当?4G・WiFiと5Gの違いをわかりやすく解説! | マイナビニュース インターネット比較

5G時代WiFi不要説は本当?4GやWiFiと5Gの違いをわかりやすく解説!

5G Wi-Fi インターネット

日本では2020年に「5G元年」を迎え、各社のサービス提供が始まりました。

ニュースやCMなどで耳にしてはいるとは言え、下記のように具体的な利用イメージができていない方が未だ多くいらっしゃるようです。

  • 結局5Gって何?
  • 何ができるようになるの?
  • 5Gは4GやWi-Fiと何が違うの?

この記事では、5Gの仕組みや4G・Wi-Fiとの違いをユーザ目線で丁寧に解説します。

5Gへの乗り換えが必要かどうかが分かるセルフチェックもご用意しました!ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする
スポンサーリンク
【728×90】OCN光

そもそも5Gって何?4GやWi-Fiとの違い

そもそも5Gとは一体何なのか、ハッキリ分かっていない部分もあるでしょう。

まずは5Gの定義、そして4GやWi-Fiとの違いについて解説します。

時代は5Gと言うけれど、5Gって一体何?

「5G」とは、第五世代の移動通信システムのこと。スマホやPCなどの無線通信の、次世代通信規格を指します。

「5G」のGは、Generation(世代)のG。かつての「3G」や現在主流の「4G」の、さらに次の世代という意味です。

5Gが普及することで、スマホに限らず自動車・産業危機・ホームセキュリティ・医療など、幅広い分野の機器を無線ネットワークに接続することができるようになります。

さまざまな端末や機器を5Gの無線通信で繋げるIoT化を進めることで、より安全で便利な生活の実現を図ろうとしているのです。

5Gと4Gとの違いは、ズバリ通信速度!

「4G」と「5G」の一番の差は、圧倒的な通信速度です。

具体的には、5Gは4Gの20倍もの速度が実現できるとされており、通信容量も4Gを遥かに凌ぎます。通信の遅延も4Gの10分の1と、ごくわずかです。

容量が大きい動画が数秒でダウンロードできたり、通信の遅延を気にせずにゲームやオンライン会議ができるなど、直接的なメリットを感じられます。

また、4Gよりも多くの機器をネットワークに接続できるようになります。

4Gはスマホをメインとした通信規格ですが、5Gは端末にとらわれず、今後家電や自動車などさまざまな機器をネットワークに繋ぐことが可能となるのです。

5GとWi-Fiとの違いは、通信方法の差

「速度が速いネットワーク通信ってことは、Wi-Fiじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かにどちらも無線で利用できるネットワークですが、「5G」が接続するネット回線自体、「Wi-Fi」は通信方法のことです。

  • 5G:ネットワーク回線そのもの
  • Wi-Fi:ルーターなどとの通信方法

つまり、5Gのネットワーク回線に対応したWi-Fiもある、ということ。

2021年10月時点でも、既に各社から5G対応のホームルーターやモバイルWi-Fiがリリースされています。

5GにしたらWi-Fiや光回線は要らない?

通信速度が飛躍的に早く、しかも複数の端末が接続できる5Gが普及すれば、将来的にWi-Fiや光回線が不要になる可能性はあります。

しかし、現時点では5Gに非対応のエリアや端末も多く、5Gが浸透するまでは従来通りWi-Fiや光回線が必要となるでしょう。

また、現時点では利用者が少ないため十分な速度を維持していますが、5G利用者が増えることで速度が低下したり通信制限がかかることも考えられます。

「5Gにしたから光回線やWi-Fiはいらない!」と、即座に解約に踏み切るのは早計かもしれません。

5Gのメリット・注意点は?

ここまで、5Gの特徴や4G・Wi-Fiとの違いについて簡単に解説しました。

既に沢山のメリットや注意点が挙げられていますが、改めて5G回線を利用するメリットと注意点をまとめておさらいしておきましょう。

5G回線を利用するメリット:とにかく速い!

5G回線の最大のメリットは、超高速ネットワークが利用できることです。

5G回線利用のメリット
  • 超高速、超低遅延
  • 大容量通信や同時接続が可能
  • 動的コンテンツが楽しめる
  • キャンペーンで月額料金が安くなるかも

従来の通信規格と比べて速度が段違いに速いため、ほとんど遅延のない通信が可能になるとされています。

4K・8Kといった高画質映像などの大容量なデータの通信や、複数機器の同時接続も可能です。

新型コロナの影響で普及しているリモートワークやオンライン会議も、今まで以上にストレスなく進められるようになりますね。

今後はVRやARなど、新しい動的コンテンツも楽しめるようになるでしょう。

また、5Gユーザー拡大のために各社がキャンペーンを展開しているため、契約プランによっては今よりも月額通信料が安くなるかもしれません。

5G回線を利用する際の注意点:コスト&セキュリティに不安

一方で、5G回線を利用する場合には気をつけたいポイントがいくつかあります。

5G回線利用時の注意点
  • バッテリー消費
  • 利用データ量肥大
  • 5G対応端末が必要
  • 通信料が高くなるかも
  • セキュリティの懸念
  • 5G未対応エリアもある

上記、注意点についてはしっかり把握してほしい内容なので、より詳しく解説していききますね。

バッテリー消費

同じ端末で5G回線を利用する場合、大容量のデータを通信することで今以上にバッテリーを消耗する可能性があります。

今はまだ5Gの提供エリアが限られているため、4Gのみのエリア内で端末が5G回線を探して電池を消耗する…という事態も懸念されます。

利用データ量肥大

大容量の通信が可能となることで、つい膨大なギガ数を使ってしまうことにも注意が必要です。

データ通信量に制限があるプランで5G回線を利用する場合、通信制限や通信料金に支障が出てしまいます。

5G対応端末が必要

今使っている端末が5Gに対応していない場合、機種変更や端末の購入が必須です。

通信料が高くなるかも

現在加入しているプランによっては、5G回線対応プランを契約することで月額の通信料金が高くなることも考えられます。

セキュリティの懸念

まだまだ発展途中である5Gは、4Gとは異なる通信システムです。今後5Gに何らかのセキュリティ上の欠陥が見つかる可能性も危惧されています。

5Gは車や家電などさまざまな機器と接続できるため、スマホ以外のIoT端末を狙ったサイバー攻撃も増えているのです。

今後、セキュリティシステムの進化や5Gに合わせた法整備が必要となるでしょう。

5G未対応エリアもある

最後に、普及が進められているものの、まだ5G未対応のエリアも少なからずあります
せっかく5G回線を導入しても、使いたい場所で使えなければ意味がありません。

5Gを利用したい方は、生活圏や利用場所が5Gに対応しているか、事前に確認しておく必要があります。

4Gから5Gに乗り換えるべき?簡単セルフチェック!

実際に自分が5Gに乗り換えた方がいいのか、それとも4Gのままでいいのか、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、簡単なセルフチェックをご用意しました!次の9つの質問に答え、「YES」となる項目の数を数えてみてください。

簡単セルフチェック
  1. オンラインゲームやアプリを楽しみたい
  2. 高画質な映画をスムーズに観たい
  3. VRやARのコンテンツが気になる
  4. ビデオ通話をする機会が多い
  5. スマート家電など新しいものに興味がある
  6. 都心部や地方都市に住んでいる
  7. スマホやWi-Fiのプラン変更を検討している
  8. そろそろスマホやWi-Fiの機種変更をしたい
  9. コストよりも通信ストレスのなさを重視する

YESの方が多い(5個以上)なら、5Gがオススメ!

ゲームや映画、ビデオ通話などのリッチコンテンツをもっとスムーズに楽しみたい方は、ぜひ5G回線の契約を検討してみましょう。

利用場所が5Gの対応エリア内で、5G対応端末であれば、今まで感じていた通信速度のストレスから解放されるはずです。

スマート家電など新しいIoT端末や、VR・ARなどの最新コンテンツに興味がある方も、気になるサービスが出る前に5G回線を契約しておくとよいでしょう。

ちょうど機種変更やプラン変更を検討しているなら、まさに今が絶好のチャンス!

各社が積極的にキャンペーンを展開しているうちに、5Gへ乗り換えるのがオススメです。

YESの方が少ない(4個未満)なら、4G回線でもOK

メールやLINE、ネットサーフィン程度にしか使わないのであれば、現時点では4Gのままでも全く問題ありません。

今の機種やプランで満足しているのであれば、なおさら慌てて5Gに乗り換える必要はないでしょう。

5Gはまだ発展途中のシステムで、現時点では対応エリアが限られているほか、セキュリティ面の脆弱性も指摘されています。

もう少し5Gの普及や進歩を待ってから、機種変更やプラン検討をするタイミングで乗り換えるのがベストです。

現時点で機種変更のみを検討しているのであれば、将来的に5G回線が使えるように、今のうちに5G対応端末を選んでおくこともオススメです!

5G回線を使うにはどうしたらいいの?

ここまで読んで「今すぐ5Gを使ってみたい」「5Gの利用を検討したい」と思った方は、5G回線の利用方法も合わせてチェックしておきましょう。

5G回線の利用方法には、以下の3パターンがあります。

  1. 5G対応のスマホを契約する
  2. 5G対応のWi-Fiを契約する
  3. 5G対応のホームルーターを設置する

5Gを利用したいシーンや場所、5Gに接続したい端末に合わせて通信方法を選ぶことが重要です。

いずれの方法でも、「5G対応エリア外では5Gに接続することはできない」という点については、あらかじめ留意しておく必要があります。

5G対応スマホを購入&5G対応プランに加入する

スマートフォンで5Gを利用するには、端末と契約プランの2点を5Gに対応させる必要があります。

テザリングのオプションを付ければ、ノートパソコンやゲーム機などスマホ以外の端末も、テザリング機能を経由して5Gに接続することも可能です。

スマホで5G回線を利用する場合は、プランの上限ギガ数にも要注意!

通信速度を気にせずに使いたいのであれば、利用ギガ数無制限のプランを契約するのがオススメです。

スマホで5Gを利用するには
  • 5G対応スマホを購入する
  • スマホのプランを5G対応にする

5G対応のポケット型Wi-Fi端末を導入する

既にポケット型Wi-Fiを活用している方や、場所や端末を気にせず5G回線を使いたい方は、5G対応のポケット型Wi-Fiを導入するのがオススメです。

5G対応のWi-Fiがあれば、5G非対応のスマホでも5G回線を利用することができるようになります。

2021年10月時点で5Gに対応しているWi-Fiは、次の4種類。

  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fi (WiMAX)
  • Wi-Fi STATION SH-52A (docomo)
  • Speed Wi-Fi 5G X01 (au)
  • Pocket WiFi 5G A004ZT (SoftBank)

それぞれの端末スペックや回線の実質月額料金を比較してみましょう。

WiMAX docomo au SoftBank
機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi Wi-Fi STATION SH-52A Speed Wi-Fi 5G X01 Pocket WiFi 5G A004ZT
メーカー Samsung SHARP SHARP ZTE
回線 5G/4G LTE/WiMAX 2+ 5G/4G LTE 5G/4G LTE/WiMAX2+ 5G/4G LTE
最大速度 5G 下り 2.2Gbps
上り 183Mbps
下り 4.2Gbps
上り 480Mbps
下り 4.1Gbps
上り 481Mbps
下り 3.0Gbps
上り 298Mbps
4G 下り 1.7Gbps
上り 131.3Mbps
下り 1Gbps
上り 112.5Mbps
下り 838Gbps
上り 46Mbps
連続通信時間 下り 1.7Gbps
上り 131.3Mbps
下り 1Gbps
上り 112.5Mbps
下り 838Gbps
上り 46Mbps
平均速度 ※1 下り 50.64Gbps
上り 11.51Mbps
下り 185.65Gbps
上り 15.03Mbps
接続可能台数
バッテリー容量 5,000mAh 4,000mAh 4,000mAh 4,100mAh
連続通信時間 約1,000分 約290分 約220分 約200分
海外利用
端末価格 21,780円 68,904円 71,500円 69,840円
実質月額料金
(3年間)
5,214円 3,045円 6,921円 7,168円

※1 「みんなのネット回線速度」のデータより

バッテリーの持ちと安定した回線速度を重視するならWiMAX、通信速度と料金の安さを重視するならdocomoがオススメです。

ご利用のスマートフォンのキャリアによってWi-Fiとのおまとめ割引がある場合もあるため、合わせてチェックしておくとよいでしょう。

5G対応のホームルーターを設置する

自宅で5G回線を活用したい方は、5G対応のホームルーターの導入がオススメ

ホームルーターとは、光回線のような開通工事が不要で、コンセントに差し込むだけでネット環境を作れる機器のことです。

2021年10月時点で5Gに対応しているWi-Fiは、次の3種類。

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11 (WiMAX)
  • home 5G HR01 (docomo)
  • Airターミナル5 (SoftBank)

それぞれの端末スペックや回線の実質月額料金を比較してみましょう。

機種 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 home 5G HR01 Airターミナル5
メーカー ZTE SHARP
回線 5G/4G LTE/WiMAX 2+ 5G/4G LTE 5G/4G LTE
最大速度 5G 下り 2.7Gbps
上り 183Mbps
下り 4.2Gbps
上り 218Mbps
下り 2.1Gbps
4G 下り 1.7Gbps
上り 131.3Mbps
下り 838Mbps
平均速度 ※1 下り 42.4Gbps
上り 9.62Mbps
下り 155.75Gbps
上り 17.89Mbps
接続可能台数 有線 2台
無線 30台
有線 1台
無線 64台
有線 2台
無線 128台
消費電力 9W 22W 36W
端末価格 21,780円 39,600円 71,280円
実質月額料金(3年間) 5,071円 5,088円 5,643円

※1 「みんなのネット回線速度」のデータより

料金に大差はないため、省エネ指向の方やWiMAX2+の回線も利用したい方はWiMAX、回線速度を求める方はdocomo、という形に分かれそうです。

SoftBankのAirターミナル5はリリースされたばかりの端末ですので、利用者の口コミや平均速度データが出るのを待ってから検討しても良いでしょう。

自分に合った回線選びで5G時代を迎えよう

いよいよ5G時代が到来したとは言え、5Gの世界はまだまだ幕を開けたばかりです。

ユーザーが増えても回線速度を維持できるのか、セキュリティ面の脆弱性は本当にないのかなど、現時点ではまだハッキリしていない点が多々あります。

いずれにせよ重要なのは、自分の利用シーンや目的に合った回線・通信方法を選ぶこと。

超高速の新しい5Gに乗り換えるのか、引き続き4Gを利用するのか…どちらのがいいのかは、利用端末や使用方法によって異なります。

ぜひ、こちらの記事のセルフチェックや5G対応端末比較を参考に、自分に合った回線や通信方法を検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました