ビジネスを進めていく上で、円滑なコミュニケーションは欠かせない要素の1つだ。「相手にできるだけ良い印象を与えたい」と思うのは自然な流れだが、それにはどうすればよいのかについて、深く考える機会はなかなかない。

第133回IT Search+スペシャルセミナーは、元お笑い芸人というユニークな経歴を生かし、ビジネスコミュニケーションに「笑い」の構造を活用した「コメディケーション」研修など、”お笑い”をキーワードにした事業を展開する株式会社俺 代表 中北朋宏氏が登壇。適切なコミュニケーションで相手の感情を誘導し、思い通りの印象を与える自己プロデューステクニックについて解説を繰り広げた。

株式会社俺 代表取締役社長 中北 朋宏氏

中北氏は、今回のセミナーのゴールを「自己プロデュースの重要性を理解し、自分が”何”で憶えられたいかを考える」ことと設定。明示的に自分の第一印象を与えるチャンスであり、誰もが経験したことのある「自己紹介」を題材に、自分自身を”演出”していく方法について説いていった。

当日は、実際に自己紹介をベースにしたグループワークも実施。講演内容を参考にその場で”自身の演出”について考え、試してみることで、さまざまな気づきが得られる時間となった。

本稿では、この中北氏による講演『自分の第一印象は自分でつくる! 最強の自己プロデューステクニック』のスライド資料を提供する。

会員ログインの上、以下の資料紹介のリンク、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから入手していただきたい。

講演資料の内容


配布用の講演資料は全25ページ。

<PDF内容>

  • 何度か会っているのに相手から「初めまして」と言われる
  • 振り返りの意味:経験学習サイクル
  • 印象の重要性
  • 自分の構成要素
  • 対面の自己紹介
  • 笑いのメカニズム
  • 自己プロデュース:中北の場合
  • “間”の重要性
  • トークの構造(例)
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

[PR]提供:ホワイトペーパー