TD SYNNEXはこのほど、都内で「TD SYNNEX Inspire Japan 2022 Tokyo」を開催。本稿では「TD SYNNEXが目指すソリューションアグリゲーターとは?アジアパシフィックと日本のビジネス戦略について」と題した特別講演を紹介する。

2社が合併し、世界有数のディストリビューターの1社に

PCを中心としたハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービス、モバイル関連サービスの卸売り販売を手がけるTD SYNNEXは、昨年にSYNNEXとTech Dataが統合して設立された。

冒頭、登壇したTD SYNNEX Corporation President, Asia Pacific & JapanのJaideep Malhotra氏は「統合により、世界最大級のディストリビューターとなりました。人材、テクノロジー、パートナーシップに対して積極的に投資し、エコシステムを形成しています。日本は重要な市場であり、グローバルの力を活用しながら支援します」と語った。

  • TD SYNNEX Corporation President, Asia Pacific & JapanのJaideep Malhotra氏

    TD SYNNEX Corporation President, Asia Pacific & JapanのJaideep Malhotra氏

同社におけるグローバル戦略は、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)、メタバースをはじめとした「成長分野への投資」に加え、「デジタル変革」、オールインワンでIT予算を最適化するTaaS(Tech-as-a-Service)などによる「ポートフォリオの強化」、地域拡大やオペレーションを最適化する「領域の拡大」の4つを軸に据えている。

こうした戦略をふまえ、Malhotra氏は「当社は地域密着型のパートナーです。ITエコシステムの成長を促進させ、複雑なものをシンプルにしています。合理的にスケールできるGo-to-Marketを持ち、関心を持つ日本の企業も多いですが、当社としてはグローバルのマインドセットと和の心で日本市場に向き合います」と強調した。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する