アクセンチュアとマイクロソフトのジョイントベンチャーでITコンサルティングを手がけるアバナードは9月28日、オンラインで新年度の事業戦略説明会を開催した。説明会には9月に同社の代表取締役に就任した鈴木淳一氏と、新人事に伴い同 会長に就任した安間裕氏が出席した。

9月に新代表取締役として鈴木氏が就任

冒頭、安間氏はこれまでの取り組みを振り返り「私が代表取締役に就任してから約8年半となるが、アバナードの日本法人の設立から17年が経過し、アバナードの歴史の半分をマネジメントしてきており、当初は200人だった従業員が現在では800人となっている。就任時からグローバルを加速するために、国内外における人材採用の強化したほか、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進まない日本において、欧米のオファリングやソリューションをローカライズして提供することでDXをサポートしてきた。主に土台を作ってきた8年半であり、次の世代にバトンタッチするための準備期間だったと認識している」と述べた。

  • アバナード 会長の安間裕氏

    アバナード 会長の安間裕氏

新しく代表取締役に就任した鈴木氏は2008年にアバナードに入社し、日本においてアプリケーション&インフラストラクチャ、モダンワークプレース、ビジネスアプリケーション、データ&AIの4つのソリューションエリアを統括し、ビジネス戦略とデリバリを主導。また、通信・ハイテク業界、パブリックセクターを中心に複数の業界においてITプランニングやエンタープライズアーキテクチャデザイン、プロジェクトマネジメントを手がけてきた。

  • アバナード 代表取締役の鈴木淳一氏

    アバナード 代表取締役の鈴木淳一氏

鈴木氏は2月に刷新したコーポレートビジョン“Advance the World through the power of people and Microsoft”(人とマイクロソフトの力で世界を前進させる)に触れ「より良い未来への鍵は人であり、人にテクノロジーと閃きを与え、責任あるビジネスにパワーを与え、より良い変化を可能にする。力を合わせれば誰にとってもより良い世界を作ることができ、その思いがビジョンに詰まっている」と話す。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら