SansanのEightが、2012年のサービス提供開始から10年の節目を迎えた。当初は、名刺管理アプリとしてスタートしたEightは、名刺交換後もSNSでつながり続けられる環境を整備し、「ビジネスのためのSNS」へと進化。

さらに、2022年には一人ひとりのキャリア形成を後押する「キャリアプロフィール」としての役割を持たせ、名刺を起点にしてサービスを拡充してきた。そこで、Sansan 執行役員 Eight事業部キャリア ソリューション部 部長の小川泰正氏に、Eightのこれまでの10年と、今後の方向性などについて話を聞いた。

  • Sansan 執行役員 Eight事業部キャリア ソリューション部 部長 小川泰正氏

初めて四半期業績で黒字化

Sansanは、2007年に設立。社名にもなっているSansanは、現在でも同社の主力サービスだ。その後、オンライン名刺サービスもスタートし、現在では営業DXサービスと位置づけている。

また、クラウド請求書受領サービスのBill One、クラウド契約業務サービスのContract One、キャリアDXサービスのEightなどを展開。「出会いからイノベーションを生み出す」をビジョンに、「働き方を変えるDXサービスを提供している企業」と、自らを位置づける。

2022年5月期の業績は、売上高が前年比26.2%増の204億2000万円、営業利益は14.2%減の6億3100万円、当期純利益は369.7%増の8億5700万円。成長投資の実行により営業減益となっているが、コロナ禍において加速した企業のデジタル化を背景に、売上高は高い伸びを見せている。

Eightは、2012年から事業を開始。2022年5月期の実績は、売上高が前年比39.9%の22億1300万円と高い成長を記録しながらも、営業損失はマイナス3億8600万円の赤字。だが、第4四半期には1000万円の黒字に転換し、サービス開始から10年の節目で、初めて四半期業績で黒字化した。

  • Eightの概要(出典:Sansan)

    Eightの概要(出典:Sansan)

Sansan 執行役員 Eight事業部キャリア ソリューション部部長の小川泰正氏は、「本来であればもっと早く黒字化したかった」としながら、「10年間に渡り、多くのユーザーに利用してもらっているということは、企業や個人から求められているサービスであるという手応えもある。黒字化したことで、Eightのビジネスの風向きも変わる」と語る。

Eightのユーザー数は310万人、中小企業向けの名刺管理サービスのEight Teamの導入件数は2819件に達している。

  • Eightのユーザー数推移(出典:Sansan)

    Eightのユーザー数推移(出典:Sansan)

そして、Sansanが推進する「働き方を変えるDXサービス」の提案のなかで、Sansanは「営業DX」、Sansan名刺メーカーは「総務DX」、BillOneは「経理DX」、ContractOneは「契約DX」を提案。Eightは「キャリアDX」を提供することになり、同社の成長戦略の一角として、重要な役割を担っている。

Eightの転換点

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら