日本電気(NEC)は9月12日~16日の4日間、オンライン・イベント「NEC Visionary Week 2022」を開催した。本記事ではその中から、「GIGAスクールと教育DXによる学びと人材育成の姿」と題するセッションを紹介する、

講演者はNEC 官公ソリューション事業部門 文教・科学ソリューション統括部で上席プロフェッショナルを務める田畑太嗣氏。

  • NEC 官公ソリューション事業部門 文教・科学ソリューション統括部 上席プロフェッショナル 田畑太嗣氏

    NEC 官公ソリューション事業部門 文教・科学ソリューション統括部 上席プロフェッショナル 田畑太嗣氏

同氏はGIGAスクールをはじめとする教育デジタル化関連事業に携わりつつ、複数の業界団体で業界の標準化やGIGAスクールの促進に関わっているという。

人口減少社会に進む日本の若者が抱える課題は?

4つに分けられたテーマの最初は、「日本の将来と人材育成の課題」だ。

田畑氏はまず、2022年5月に経済産業省が発表した報告書「未来人材ビジョン」を引き合いに、今後の人口減少社会を見据え、雇用・人材育成とGIGAスクール構想を含む教育システムを、個別ではなく一体的に議論すべきと指摘する。

同報告書が挙げる学校教育で育成すべき能力の中で、田畑氏は日本の若者における自己効力感の低さに着目する。

  • 日本の若者は自己効力感が低い

    日本の若者は自己効力感が低い

その解決策として、田畑氏は以下の3点を挙げた。

1.デジタルの力を生かし、地域に関係なく学習・自己実現できる社会を作る
2.子供たちが社会の面白さや仕事の醍醐味に興味を持つ機会を増やす
3.企業や団体側が自らの活動を若者世代に知ってもらう積極的な意識を持つ

GIGAスクール成功のカギは「論より証拠」

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら