Amazon Web Services(AWS)は9月15日、静岡県浜松市と多様性があり、包摂的、持続可能なデジタル・スマートシティの実現に向けて、スタートアップや地域のクラウドエンジニア・コミュニティの発展に連携して取り組んでいくことを発表した。

連携の名称は「デジタル・スマートシティのエコシステム形成に関する連携協定」。目的は、「人口減少・少子高齢化時代において、 市民の幸福感(Well-being)があふれ、 イノベーションが継続的に創発される活力ある地域を目指し官民共創で取り組むデジタル・スマートシティのエコシステム形成に両者で連携して取り組むこと」だ。

締結式において、浜松市長の鈴木康友氏は、「デジタルを活用した都市を作っていくには、官民連携で進めていく必要がある。Amazon Web Servicesのクラウドサービスは定評があり、今後デジタル・スマートシティ構築に向けて、頼りになるパートナーといえる。デジタルを活用して、ウェルビーイングの高い、持続性のある都市を構築していきたい」と、連携に対する意気込みを語った。

AWSジャパン 執行役員 パブリックセクター 統括本部長の宇佐見潮氏も、「浜松市と当社ははインクルーシブで持続性可能なシティを構築していくために連携する。日本政府は自治体とクラウドを通じて、デジタルによって地域経済を活性化させることを目指している。われわれは続可能な真のデジタル・スマートシティに貢献していく」と、デジタル・スマートシティ実現に向けた想いを語った。

  • 左から、浜松市長 鈴木康友氏、AWSジャパン 執行役員 パブリックセクター 統括本部長 宇佐見潮氏

デジタル・スマートシティのエコシステム形成に向け活動

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する