Yahoo! JAPANとトレジャーデータは7月19日、連携して新たなデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」を2023年春頃に提供開始すると発表した、そこで、その狙いについて、マーケティングソリューションズグループ 事業開発室長の森岡 康一氏に話を聞いた.

  • Yahoo!マーケティングソリューションズグループ 事業開発室長の森岡 康一氏

    Yahoo! JAPAN マーケティングソリューションズグループ 事業開発室長の森岡 康一氏

「Yahoo! Data Xross」を提供する背景、目的は?

森岡氏:3rd Party クッキーの規制やiOSの計測環境の変化など、これまでのマーケティング手法ではうまくいかない時代になって来ています。さらに、プライバシー保護に対する社会の期待の高まりもあり、それに則した対応が必要だということが背景にあります。

一方、企業側も顧客データが散在している中で、データの統合や分析がうまくいってない点も課題としてあります。世の中のデータを活用していこうという機運が高まっている中で、データをマーケティングに活用していく部分の課題を解決していきたいと思っています。そこに価値提供していくものとして、データクリーンルームが一番だと考えました。 3rd Party クッキーが使えなくなる点や個人情報保護対応への危機感は企業によって異なると思いますが、危機感が強いところは、大きな課題として捉え、相談も受けています。

「Yahoo! Data Xross」では、どのようなデータを提供していくのでしょうか?

森岡氏:接触データ、属性データ、興味・関心データが中心になります。データの連携方法は現在、検討中です。接触データやYahoo!が提供するいろいろなサービスから得られる興味・関心データにニーズがあると思います。

「Yahoo! Data Xross」の想定している利用用途は?

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら