大阪府枚方市は2019年度から、生徒の学習意欲を高め、学力や自学自習力を育むことを目的に、市内公立中学校に在籍の中学生を対象とした放課後学習教室(「ひらスタ」)を実施している。2021年度には、入札により委託されたリクルートが、オンライン学習サービス「スタディサプリ」を活用した運営を実施。昨年度の取組では、既習範囲から出題するテストを期初(6月)・中間(12月)・期末(2月)にそれぞれ実施し、その点数を比較したところ、例えば中学3年生では、英語では69%、数学では62%の生徒が正答率を伸ばしているという。

枚方市 教育委員会 学校教育部 学校教育室 教育指導課 田中大登氏

枚方市 教育委員会 学校教育部 学校教育室 教育指導課 田中大登氏

枚方市 教育委員会 学校教育部 学校教育室 教育指導課 田中大登氏は「ひらスタ」について、「生徒の学習意欲を高め、学力や自学自習力を育むことを目的に実施しています。生徒一人ひとりの学習状況を把握するために最初に期初テストを実施し、生徒からヒアリングも行って、個別の学習計画を作成して学習支援を行っています。平成30年度(2018年度)までは学習指導員を配置し、『放課後学習教室』を開催していましたが、平成31年度(2019年度)からは学習の専門性をさらに高めることや、指導力のバラツキをなくすため、業務を委託することになりました」と説明した。

また、学校は授業の中で、生徒の学習意欲を高め、学力を高める指導はできているが、授業外での自学自習力を高めるところは難しい。その自学自習力の向上を補う仕組みとして、この取組は有効であると感じている」と成果を語った。

「ひらスタ」は、市内の市立中学校全19校に通う生徒のうち、希望者が参加できる。2022年度は、全校で270名ほどが参加している(昨年度は230名)。なお、定員は各校15名で、生徒は無料で利用できる。

参加理由としては、塾に行くのに抵抗がある(知らない生徒と一緒に勉強することに抵抗がある、経済的理由など)、通学している学校なので安心できるなどがあるという。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する