「人事部門」と聞くと、経営に関わることを想像しにくいかもしれない。人事の業務範囲が直接的に経営と結び付くイメージがないからだ。しかし、これからの時代の経営を考えたとき、実は人事こそが重要な役割を担っているとも言える。経営改革の土台となる企業文化や人材に、最も深く関わるのが人事という仕事だからだ。

6月28日に開催された「TECH+フォーラムセミナー 人事テック Day 2022 Jun.人材の価値を最大限に引き出すために」に、アステラス製薬 人事部門長の杉田勝好氏が登壇。同社における経営改革の概要と、そこに貢献する人事部門の在り方について講演を行った。

ますます求められるグローバルな人事戦略

アステラス製薬は、山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して2005年に誕生した。売上1兆3000億円、従業員数14,000人を誇る巨大製薬企業である。同社は立ち位置こそ日系企業ではあるが、事業や従業員の構成はもはや完全なグローバル企業だ。売上のうち8割は海外が占めており、今後事業が成長を続けても、日本での売上比率が上がることはないと予想されている。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する