メタバースにまつわる最新の取り組みを紹介する「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が7月27日と28日にグランドハイアット東京(東京都 港区)にて開催中だ。今年が初めての開催となる同エキスポでは、メタバースに関連するプロダクトやサービスを展示するほか、有識者を招いたカンファレンス、パネルディスカッションなどが企画されている。

  • 「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」エントランス

    「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」エントランス

サービスの展示を行うのは、コインチェック、凸版印刷、大日本印刷、パーソルマーケティング、ソフトバンク、NTTdocomo、サイバーエージェントなど。なお、同エキスポで展示しているサービスの一部は、2022年10月18日から4日間開催予定の「CEATEC 2022」の会場で一般公開されるとのことだ。

  • エキスポの展示の様子

    エキスポの展示の様子

エキスポの開幕に際して、Metaの日本法人であるFacebook Japanの代表取締役を務める味澤将宏氏がオープニングセッションに登壇し挨拶を述べた。

味澤氏は冒頭に「今回のイベントの趣旨は『共創』だ。インターネットがそうであるように、メタバースもどこか1社だけで作るものではない。この会場には日本のメタバースをけん引する企業や開発者、クリエイター、関係省庁の方々が集まっているので、みんなでメタバースを作るための場にしたい」と強く語っていた。

  • Facebook Japan 代表取締役 味澤将宏氏

    Facebook Japan 代表取締役 味澤将宏氏

オープニングセッションには、米MetaのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるAndrew 'Boz' Bosworth氏がビデオメッセージを送った。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する