暦の上では、すでに春。新学期・新生活に向けて、さまざまな変化がもたらされる季節だ。この機会に、何かと家計を圧迫しがちなスマートフォンの契約も見直してみてはいかがだろうか。今こそ知っておきたい格安スマホのアレコレについて解説していきたい。今回は「家族でMVNOに乗り換える方法(MVNOからMVNO)」について。

MVNOからMVNOへの移行はできる?

スマートフォンの通信料は、キャリアでも徐々に安いプランが登場しているが、契約条件などに制約があったりして、なかなか思い切った低価格化は難しい。こうした状況で注目されるのが、従来よりも大幅に安価な通信料を実現する「MVNO」の存在だ。最近は「格安スマホ」などと呼ばれているのを聞いた人も多いだろう。

キャリアと比べて半額以下の料金で回線を維持できる場合もある。では、キャリアで提供されている家族プランに加入している場合はどうなるだろうか? 実はMVNOでも家族向けのプランを用意するところが増えており、同様に割安な契約が可能だ。

前回は家族でMVNOにキャリアから乗り換える方法について紹介した。

今回は家族まるごとMVNOからMVNOに乗り換える方法を紹介したい。例として、総回線数が263万回線を突破(2018年12月末時点)したインターネットイニシアティブが提供するMVNO「IIJmio(アイアイジェイミオ)」に乗り換える場合で解説していこう。

すっかり市民権を得た感のある「格安スマホ」こと「MVNO」だが、ユーザーの中にはより安い・良いサービスを求めて、MVNOを次々に渡り歩く人も多い。MVNOからMVNOへ移行するメリットは、より安いプランが用意されていたり、お得なキャンペーンで端末が安く購入できたり、数カ月の割安期間が利用できるなどの特典がもらえる、といった具合だ。

  • IIJmioの場合、ドコモ網を使う「タイプD」と、au網を使う「タイプA」の両方を扱っている

MVNOからIIJmioに乗り換える前に確認しておくことは?

まずは、乗り換える前に確認しておくべきポイントについておさらいしていこう。

契約期間縛り、端末代残債の確認

契約期間外での解約は、違約金や音声通話機能解除調定金、端末を分割払いしている場合はその残債など、支払わなければならないお金が発生することもあるため、更新月かどうかなどの確認が必要だ。だが、IIJmioも含めてMVNO各社では期間限定のキャンペーンを実施している会社も多い。そうしたキャンペーンを活用すれば、違約金などを払ったとしても、月各料金によってはすぐに取り戻せる可能性があり、契約満了を待つよりもすぐに乗り換えた方が良いケースもある。

契約名義の確認

現在の契約名義が家族で統一されていない場合、家族で名義を統一することでより賢く格安SIMを使うことができる。名義の統一とは、各回線の名義を1人の家族の名前に統一するということだ。統一すると、後述するIIJmioの「ファミリーシェアプラン」に家族でまるごと申し込むことができるので、MNP転出の前に家族で名義を統一しておくことを強くおススメする。ちなみに、統一する契約名義者が料金支払い者になるので、誰が携帯料金を支払うのか決めておくとよい。

家族でのデータ容量の使用量を確認

IIJmioに乗り換える際には、自分の使い方にあったデータ容量を選ぶことが必要だ。そのため、現在どの程度のデータ容量を使用しているのかきちんと把握しておこう。家族がそれぞれ別のコースで契約している場合や、カウントフリー機能のあるMVNOを利用している場合には、そちらの使用量もチェックしておくといいだろう。

家族まとめて乗り換えるポイント

続いて、家族まとめてIIJmioに乗り換えた際のメリットやポイントについて紹介しよう。

ファミリーシェアプランのメリット

前述した、「ファミリーシェアプラン」はIIJmioが提供する家族向けのプランだ。家族で12GBというデータ容量を分け合って使うことができるので、家族内でたくさんデータ容量を使う人、使わない人でシェアしながら効率的にデータ通信を利用できる。また、余ったデータ容量は、翌月まで繰越もできるので、もったいないことが少ない仕様になっているのも嬉しい。

契約できるSIMの枚数は最大10枚まで。スマホだけでなく、タブレットやモバイルルーターなど用途に合わせて使い方も広がるだろう。なお、4枚目以降のSIMについては、月々400円×枚数分が発生する。

さらに嬉しいことに、専用アプリ「みおふぉんダイヤルアプリ」を利用すれば家族間の通話が最大60%オフに。頻繁に電話をするという家族にとっては見逃せないポイントだ。

今ならキャンペーンも実施中!

IIJmioは現在、「シェアNO.1(※)キャンペーン」を実施中。通常の場合でも十分お得なのだが、これを利用すれば3カ月間がさらにお得になる。具体的な金額は以下の通り。 (※) MVNE提供分を含む。 出展:株式会社MM総研 「国内MVNO市場規模の推移(2018年9月末)」

例えば家族4人でIIJmioの「ファミリーシェアプラン」に乗り換えをした場合……
■通常時の月額料金
月額:5,760円
→【月額利用料2,560円】+【音声通話機能付帯料700円×4台】+【追加SIM費用400円×1台】

■シェアNO.1キャンペーン適用時の月額料金 (5/8まで)
月額:2,360円(利用開始した翌月から3カ月間)
→通常価格から3,400円割引(音声通話付帯料700円×4、月額料金600円の割引)

▼そのほかキャンペーン特典
・データ容量1GB増量を12カ月間
・初期費用が1円

名義統一ができない場合

注意したいのは前述したとおり、名義が統一されていないと「ファミリーシェアプラン」の契約をすることができない。だが、今なら「シェアNO.1記念キャンペーン」があるため、家族がそれぞれの名義で契約してもこちらが適用されればデータの増量や割引によりお得になるチャンスは十分にある。

***

以上がMVNOからMVNO(IIJmio)へ家族まるごと乗り換える際のポイントだ。家計を見直したいこの季節。IIJmioを利用してオトクなスマホライフを送ってみてはいかがだろうか。

[PR]提供: IIJmio