デジタル文具「Bambooスマートパッド」を展開するワコムは30日、ボーナスの使い道に関する実態をまとめたインフォグラフィック「年収1000万円以上のビジネスマンはボーナスを何に使っている?」を公開した。これは、年収1,000万円以上の働く男女165人を対象として11月10日~17日の期間に実施した「ボーナス」についての調査をまとめたものとなっている。

  • 「ボーナスを何に使っていますか?」

  • 「過去、ボーナスの使い方に後悔したことがありますか?」

まず、「ボーナスを何に使っているか」を調査したところ、「貯金」と回答した人が57%と一番多く、次いで「旅行」(32.7%)、「ツール購入やセミナーなど自己投資」(24.3%)という結果になった。「過去、ボーナスの使い方に後悔したことがありますか?」という質問では、「ある」と答えた人が47.9%となり、半数近くの人が無駄なことにボーナスを使ってしまった経験があると回答している。中でも最も後悔した使い方として、「ブランド品や車など高価な買い物」を挙げる人が多くみられた。

逆に、「よかったと思うボーナスの使い方は」との質問に対しては「自己投資」「投資」「貯金」という回答が多く、中には「貯めるばかりでなく一部はご褒美に使うのもいいのでは」といった意見も寄せられている。そこで自己投資に関して、「自己投資(ビジネスツール含む)が成功につながったと思うか」という質問をしたところ、60.6%の人が「思う」と回答。同社は、「ビジネスで成功する為には、ある程度の自己投資が重要だと考えている人が多いことが分かった」とコメントしている。

  • 「効率的な情報整理やアウトプットはビジネスにおいて大切だと思いますか?」

  • 「記録した情報がうまく整理、アウトプットできるツールがあれば活用したいと思いますか?」

ビジネスで成功するうえでの能力について「効率的な情報整理やアウトプットはビジネスにおいて大切だと思いますか?」という質問には、82.4%が「思う」と回答。また、具体的になぜそう思うかという質問には「理解力が高まる」(48.5%)、「企画やアイデアがうまれやすくなる」(43.4%)、「課題に気がつける」(40.4%)という回答が得られた。この結果を受けて同社は、「商談時やブレストにおいても、うまく情報を整理しアウトプットをできることが、ビジネスにおける成功のカギを握っているといえそう」だと考察している。

最後に、「記録した情報がうまく整理、アウトプットできるツールがあれば活用したいと思いますか?」と聞いたところ、76.4%が「活用したいと思う」と回答した。そこで同社は、ノートに書いた手書きのメモや図をボタン1つ押すだけで簡単にデータ化することができる「Bambooスマートパッド」を推奨している。「Bambooスマートパッド」で作成したデータは、タグ付けやキーワード検索もでき、情報整理しアウトプットするうえで役立つはず。また、その場で書いたメモをテキスト変換してチームメンバーと共有したり、商談など他社との打ち合わせ内容をメールで即座に上司に報告したりと効率的な情報共有が可能だ。

  • 「Bamboo Folio」

  • 「Bamboo Slate」

「Bambooスマートパッド」には、2つ折りの「Bamboo Folio」と、パッドタイプの「Bamboo Slate」があり、どちらも紙のノートとスマートフォン、クラウドサービス、PCなどのデジタルライフ両方の利便性を融合したデジタル文具だ。ワコム独自のEMR(Electro Magnetic Resonance : 電磁誘導方式)テクノロジとデジタルインク「WILL」の両技術を搭載し、ボタン1つで紙に書いたメモやスケッチをデジタル化し、「Wacom Inkspaceアプリ」に保存することができる。「Wacom Inkspaceアプリ」は、Bluetooth対応のiOSやAndroidのスマートフォンおよびタブレットで利用可能で、ライブモードや編集機能で効率的にアイデアをカタチ作ることができる。

[PR]提供: ワコム