女子高生がカホンをバックに踊ってみた


―― 一緒に踊ってみてどうでしたか? ダンスとの相性は。

なんか、すっごく新鮮!!


踊りやすかったです。


楽器で合わせたりするのがほとんどないから新鮮でした。

――キラキラみさこさんにも。本日、いつもと違うカホンを使ってみてどうでしたか。また、今回女子高生ダンサーとのコラボでしたが感触は?

私も実際に演奏してみて楽しかったです。電子なのでいろんな音を演出できて、音楽の幅が広がるというか……。女子高生ダンサーとのコラボも良かったです。こんなことってあまりないですよね(笑)。すごくカッコよく決めてもらって、ダンスとカホンって相性いいんだなって改めて感じました。

これまでアコースティックスタイルのライブなどでしかカホンを使っていなかったので、いろんな場面で使ってみたいです。実際に私のまわりのカホン奏者も、購入して使い分けていますよ!


幼い頃から音楽とダンスに触れてきた女子高生と、リズムやグルーブ感を仕事としているカホン奏者、互いの世代間を超えて音楽での対話はものすごく充実したものになったようだ。実際、今回のようなシンプルなビートでも即興でコラボレーションができてしまうくらい、カホンはフレンドリーな楽器といえる。今回のダンスだけではなく、いろんな楽器とコラボしてみるのも楽しいだろう。また、お父さんの新しい趣味として始めてみたら、普段は冷たい娘さんもかっこいい姿に見直してくれたりするかもしれない。このように、今後も様々なシーンを演出していくであろう電子カホン『EC-10』。どこかで見かける機会も多くなりそうだ。是非、楽しみにしたい。

取材協力 エイベックス・アーティストアカデミー

次世代のアーティストを育成する総合エンタテインメントスクール。今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、May J. 、板野友美など、多くのトップアーティストを送り出す。未経験者でも安心して学べるエイベックスならではのオリジナルプログラムと、a-nation island resort stageや世界最大級のダンスイベントであるDANCE NATIONへの出演など、ここでしか実現しない本物のエンタメ体験を通して、夢見る受講生を全力でサポートしてくれる。無料体験レッスンも随時開催中。

詳しくはコチラ

コンテストに参加中!

本記事内に登場したエイベックス・アーティストアカデミーのアイリとミズキが現在ダンスコンテストにエントリー中。Youtubeの再生回数とTwitterのリツイート数で競うダンスコンテスト。女子高生ダンサー達のダンスを是非チェックしてみてはいかがだろうか。

<<JSDA CM15秒verダンスコンテスト>>
【Youtube】はコチラ
【Twitter】はコチラ

カホン演奏 キラキラみさこ

学生時代、吹奏楽を通して打楽器の楽しさに目覚め、数々の打楽器に触れた後、カホンに出会い、その奥深さに魅了され本格的に叩き始める。その後、様々なアーティストのレコーディングやライヴ活動等を通じて磨きをかけた独特の豊かなビートは、優しくも力強く聴く人の心を温める。現在、アコースティックユニット【あべたかしGOLD&キラキラみさこ】のカホンと歌担当として全国各地へ精力的にライヴ活動を行うと同時に、カホンセミナー開催。一人でも多くの人にカホンという楽器を知ってもらい、触れてもらうことで、音楽の楽しさをもっと身近に感じてもらたいと奔走中!

Webページはコチラ

(マイナビニュース広告企画:提供 ローランド株式会社)