[PR]

5~6GB使えるおすすめ格安SIM5社! 5GBでできること・注意点など徹底解説

格安SIM 5GB おすすめ格安SIM比較
5~6GB使えるおすすめ格安SIM5社!

本ページはプロモーションが含まれています。

格安SIMはデータ量が少ないほど料金が安くなり、月5~6GBだと月2,000円以内に抑えられることが可能です。

ただし、月5~6GBというデータ量はスマホで頻繁にネットや動画を楽しむ人には物足りないデータ容量なので、注意が必要です。

結論から申し上げると、5~6GBの格安SIMは次のいずれかに当てはまる人におすすめです。

・格安SIMは電話やLINEなどのやり取りをメインに使い、ネットの利用頻度は少ない
・スマホの大容量プランやインターネット回線を別で契約している

この記事では、5~6GB以上使えるおすすめ格安SIM5社や、5~6GBでできること、注意点など徹底解説します。

ご自身にとって5~6GBのプランで問題ないか、どの格安SIMが最も合っているかをぜひ確かめてみてくださいね。

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

◆本記事の公開は、2024/01/09です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。

まずは5~6GB使える格安SIMを比較!

5~6GB使える格安SIMは多くありますが、月額料金や実測値、制限時の速度などでで比較をすると、どのサービスがお得なのかが見えてきます。

■5~6GB使える格安SIM比較表

※横にスクロールできます。

データ容量 月額料金 実測値 制限時の
最大速度
ワイモバイル 6GB
※データ増量オプション契約時
2,915円
※データ増量オプション(550円/月)含む
96.7Mbps 300kbps
y.u mobile 5GB 1,070円 59.23Mbps 128kbps
mineo 5GB 1,518円 40.22Mbps 200kbps
NUROモバイル 5GB 990円 59.96Mbps 200kbps
BIGLOBEモバイル 6GB 1,870円 25.52Mbps 200kbps
QTモバイル 6GB 1,760円 20.66Mbps 200kbps
イオンモバイル 5GB / 6GB 1,298 / 1,408円 42.87Mbps 200kbps
DTI SIM 5GB 1,342円 15.84Mbps 200kbps

※価格はすべて税込

上の比較表を見ると、5~6GB使える格安SIMのうち、料金や実測値などを加味すると、以下4社が最もおすすめといえます。

  • ワイモバイル
  • y.u mobile
  • mineo
  • NUROモバイル

次の項目からは、上の5社の料金プランや特徴などを詳しくご紹介していきましょう。

5~6GB使えるおすすめ格安SIM4社

5~6GB使えるおすすめ格安SIM5社

前項の比較表でわかったとおり、5~6GB使えるオススメの格安SIMは、以下4社となります。

  • ワイモバイル
  • y.u mobile
  • mineo
  • NUROモバイル

また、格安SIMではありませんが、格安SIM並に安い料金で使えるキャリアとして最後に「楽天モバイル」もご紹介していきます。

どのサービスがご自身に合うか、ぜひ1社ずつご覧になってください。

ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンク回線が利用できる格安ブランドです。

多くの格安SIMがキャリアから回線レンタルをしてサービスを提供している中、ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を利用できるため、通信品質や実測値は格安プラントップレベルとなっています。

ワイモバイルのおすすめポイントは以下の通り。

  • データ増量オプション(550円/月)を契約すると、4GBプランで6GB利用可能
  • データ増量オプションは6カ月無料で使える
  • 余ったデータ容量は、翌月に繰り越せる
  • 安定した速度で利用できる

【5~6GBの料金表】

月間データ使用量 6GB※データ増量オプション契約時
音声通話SIM 2,915円
※データ増量オプション(550円/月)含む

※価格はすべて税込

ワイモバイルに5~6GBプランはありませんが、月4GBの「シンプル2S」に月550円の「データ増量オプション」をプラスすることで、シンプル2Sのデータ容量を6GBにできます。

ワイモバイルは増量分を含め、当月使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越せます

これらのことから、通信品質の高いソフトバンク回線をお得に利用したい方、月によってデータ消費量にばらつきがある人は、ワイモバイルがおすすめです。

y.u mobile

y.u mobile

y.u mobileのシングルプランデータ容量が5GB利用できるプランです。

月額料金は1,070円なので他の格安SIMと比較しても安いプランになります。

y.u mobileのおすすめポイントは以下の通りです。

  • データ容量5GBで1,070円
  • ギガが永久繰り越しできる※100GB上限
  • スマホ修理費⽤保険がついてくる

【5~6GBの料金表】

月間データ使用量 5GB
音声通話SIM 1,070円

※価格はすべて税込

低価格ですが、プラン内容は充実しています。

もし、動画配信サービスもセットで見たいと考えてる人にはy.u mobileはおすすめの格安SIMです

人気動画配信サービスのU-NEXTがセットになった「シングルU-NEXT」であれば、月額2,970円でU-NEXTも楽しめちゃいます!

U-NEXTの月額プラン料金は2,189円なので、スマホ代は実質781円で利用できるんです。データ容量は10GBなので、プラン内容も充実しています。

mineo

mineo

mineoの料金プランは音声通話に対応した「デュアルタイプ」と、データ専用の「シングルタイプ」のみで、各プランの容量は1GB・5GB・10GB・20GBと4種類しかありません。

そのため、初めて格安SIMを契約する人も自分にあったプランを見つけやすいというメリットがあります。

mineoのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 料金プランがシンプル
  • サポート窓口が充実している
  • mineoユーザー全員とパケットを分け合える
  • au・ドコモ・ソフトバンク、どの回線を選択しても料金は同じ
  • 「パケット放題Plus」を契約すると、最大1.5Mbpsで全コンテンツカウントフリーになる

【5~6GBの料金表】

月間データ使用量 5GB
音声通話SIM 1,518円

※価格はすべて税込

また、au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリア回線全てに対応しているだけでなく、どの回線を選択しても料金は同じですので、キャリアから乗り換える人も、面倒なSIMロック解除不要で使い始められますよ。

さらに、mineoユーザー同士が専用サイトを通じて無料でパケットを分け合える「フリータンク」もあるので、月末にデータが足りない時があっても安心です。

専用サイト「マイネ王」では、スマホに関する知識が豊富なユーザーが質問に回答してくれるサポート体制もあり、格安SIM初心者の方にもおすすめですよ。

385円/月の「パケット放題 Plus」を契約すると、最大1.5Mbpsで全コンテンツデータカウントフリーにできますので、カウントフリーオプションのある格安SIMを契約したい方も、ぜひ検討してみてください。

NUROモバイル

NUROモバイル

NUROモバイルは1GBから最大40GBまでプランを選べる他、データの追加チャージオプションもあります。

プランは音声通話が可能な「音声通話SIM」と「データ専用+SMS」、「データ通信のみ」の3種類に対応しています。。

  • 選べる料金プランが豊富
  • ソニーグループで安心
  • データ容量が繰り越せる
  • 5GBプランが他と比較しても安い

【5~6GBの料金表】

月間データ使用量 5GB
VMプラン 990円

※価格はすべて税込

NUROモバイルでは、国内通話料金が半額で利用できます。「NUROモバイルでんわ」を利用すれば、専用アプリのご利用やプレフィックス番号の付与は不要で国内通話の通話料金を11円/30秒で使うことができます。

今回フォーカスしている、5GBプラン以外にも選べるプランは豊富で、かけ放題専用のプランもあるので通話がメインの方にもおすすめです。

データ量無制限の「楽天モバイル」がおすすめ!

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天回線エリア内なら高速通信のまま完全データ使い放題です。

サービス提供開始当初は、エリアや速度品質が問題視されていましたが着実に回線増強を重ねて国内でのカバーエリアを広げてきました。

  • 選べるプランは「Rakuten最強プラン」のみ
  • 月額3,278円でデータ無制限利用可能
  • 「Rakuten Link」アプリで国内通話かけ放題

楽天モバイルは、キャリアでありながら以下のように格安料金でスマホを利用できるのでおすすめです。

月間データ使用量 音声通話SIM データ専用SIM
~3GB 1,078円
3GB~20GB 2,178円
20GB~無制限 3,278円

※価格はすべて税込

また、無料の「Rakuten Link」アプリを使えば、国内通話がかけ放題、国内SMSも使い放題になります。

国際電話も980円/月の「国際通話がかけ放題」を契約すればかけ放題になります。楽天モバイルは国内外問わず、頻繁に通話をする方にもおすすめですよ。

最新のiPhoneも端末セットで購入できる格安プランなので、購入後も安く無駄なく月額プランを利用したい方は要チェックです。

5GBの格安SIMでできること

5GBの格安SIMでできること
5GBの格安SIMでできることは?

月間5GBのデータ量で、具体的にどんなことがどれくらいできるのでしょうか?

ここでは、auの公式サイトの説明ページをもとに、5GBのデータ量があればどれくらいのことができるのかをご説明します。

1ヶ月のデータ量が5GBで足りるかどうかの判断の目安にしてください。

Webページを約3万ページ閲覧できる

5GBあれば、インターネットのページを約3万ページ閲覧できます。ただし、ニュースサイトなど画像少なめのサイトで、1ページあたり150KBとして計算しています。

画像や動画が多めに掲載されているサイトの場合は、閲覧できるページ数は減少しますが、ネットを閲覧するだけなら、基本的に5GBあれば十分と言えます。

LINE通話が約200時間できる

LINE通話なら、約200時間話すことが可能です。なお、ビデオ通話の場合は約15時間です。

格安SIMを契約する際に、通話機能がないデータ通信専用で契約した場合は、LINEなどのアプリ機能が必要です。しかし、約200時間も話すことができれば、よほど長電話をしない限り十分と言えるでしょう。

高画質のYouTube動画を約7.5時間視聴できる

高画質のYouTube動画(720p程度)なら、約7.5時間視聴できます。

長時間動画を楽しむ場合には不向きですが、1日に数回程度、短時間観るだけなら十分です。

もし自宅に光回線などのWiFi環境があれば、そちらと併用すれば長時間動画もたくさん観ることができるでしょう。外出先ではそこまで観ないというのであれば、5GBで十分です。

ちなみに、今回ご紹介した「BIGLOBEモバイル」で「エンタメフリー・オプション」を契約すれば、YouTubeを何時間視聴してもデータ消費量は0になります!

メール送受信が約1万通できる

メールの送受信は約1万通できるので、メールに関してはまったく問題ないでしょう。

5GBの格安SIMがおすすめなのはこんな人!

5GBの格安SIMがおすすめなのはこんな人!
5GBの格安SIMがおすすめなのはこんな人!

5GBの格安SIMは、次のような人におすすめです。

  • 格安SIMでは動画視聴をほぼしない人
  • 格安SImを2台目の端末として利用する人
  • 光回線やモバイルルーターとの併用を検討している人

ひとつずつ解説していきましょう。

格安SIMでは動画視聴をほぼしない人

大容量のデータ通信となる動画視聴などを、格安SIMではほとんどしない人におすすめです。上記でご説明したとおり、通話・LINEなどのテキスト送受信・Webサイト閲覧をする程度なら、1ヶ月に5GBあれば十分です。

ちょっとしたネットでの調べものや通話、LINE、動画を短時間観る、アプリでゲームをするなどの使い方であれば、5GB程度のデータ量でも十分足りるでしょう。

その場合は、高い月額料金を払って三大キャリアの高額プランを契約する必要はありません。

格安SIMを2台目の端末として利用する人

メインのスマホは別に持っており、2台目のスマホとして格安SIMを使う人にも向いています。

メインのスマホで、検索や動画視聴、ゲームアプリなどを利用し、格安SIMのスマホはあくまで連絡用に使うなどといった使い分けができます。

2台のスマホを使い分けることで、それぞれのメリットを有効活用してデメリットを補えるでしょう。

光回線やモバイルルーターとの併用を検討している人

自宅の光回線、またはモバイルルーターを併用するという場合には、格安SIMがおすすめです。データ量無制限の回線であれば、格安SIMは外出時の専用端末にできます。

自宅にいるときは、格安SIMを光回線に繋がるように設定すれば使い放題です。外出するときだけ格安SIMで使うデータ量を少なめにしましょう。

外出時にも無制限感覚で使いたいなら、モバイルルーターとの併用が特におすすめです。

格安SIMを申し込む手順

格安SIMを申し込む手順
格安SIMを申し込む手順

格安SIMを契約する際に、SIMロック解除をどのタイミングでやればよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、簡単に格安SIMの契約の流れをご説明します。

①事前準備をする
まずはお使いのスマホをそのまま使う場合には、格安SIMで使いたいスマホのSIMロックを解除し、念のためデータをバックアップしておきましょう。
そして、格安SIMを申し込む際に必要な次の書類をあらかじめ準備しておきます。
  • 本人確認書類(免許証・マイナンバーカード・パスポートなど)
  • クレジットカード(クレジットカード払いの場合)
  • 銀行の通帳(口座振替の場合)
必要な書類は格安SIMによって異なるため、それぞれの公式サイトで確認してください。
②格安SIMを申し込む
格安SIMの公式サイトから申し込みをしましょう。ほとんどの格安SIMはWeb申し込むだけで契約が完了します。
ネットで必要事項を入力するだけなので、店舗に行くことなく、いつでも申し込みができるので便利ですね。
③SIMカードが届いたら端末に挿入する
申し込みが完了すると、数営業日でSIMカードが届きます。スマホを同時に購入した場合には、スマホも同封されています。
届いたSIMカードをスマホに挿入し、起動しましょう。
④初期設定をする
スマホを起動したら、初期設定をします。
機種によって操作方法は少々異なりますが、スマホの「設定」メニューを開き、「接続」の項目からネットワークを登録すればOKです。
また、APN設定※が必要な場合もあります。詳しくは格安SIMの公式サイトや同梱された説明書などをご確認ください。

※APN設定…どの携帯会社からインターネットを利用するか指定するための設定

5GB以上の格安SIMを申し込むときの4つの注意点

5GB以上の格安SIMを申し込むときの4つの注意点
5GB以上の格安SIMを申し込むときの4つの注意点

5GB以上の格安SIMを申し込む際は、次の4点に注意をしてください。

  • SIMカードの種類に注意する
  • 選んだ格安SIMの動作確認端末を調べる
  • 口座振替では購入できない場合が多い
  • SIMロック解除が必要かもしれない

ここでは、格安SIMの注意事項についてご説明します。

①SIMカードの種類に注意する

SIMカードを購入する前に、SIMカードの種類を確認しましょう。サイズの違う3種類のSIMカードがあり、スマホの機種によって対応しているサイズが異なるためです。

SIMカードのサイズは、以下の3種類があります。

  • 標準SIM
  • micro(マイクロ)SIM
  • nano(ナノ)SIM

現在は、ほとんどの機種がnanoSIMに対応しています。

「マルチSIM」は、上記の全サイズに対応しているSIMカードです。SIMカードを台紙から外すときに、使いたいサイズの大きさに切り取れば、すべてのサイズに対応できます。ただし、台紙から切り離す際には、切り離す場所を間違えないようにしましょう。

②選んだ格安SIMの動作確認端末を調べる

格安SIMには、販売しているスマホ以外にも、今まで使っていたスマホやSIMフリーで購入したスマホを自分で調達して使えるというメリットがあります。

しかし、自分で調達したスマホを使う際には、必ず動作確認端末に入っているかを調べる必要があります。せっかく格安SIMを契約しても、動作確認端末一覧に入っていなければ使えない可能性があるからです。

動作確認端末は、格安SIMの公式サイトに掲載されているので、必ず確認しましょう。

③口座振替では購入できない場合が多い

多くの格安SIMでは、クレジットカード払いのみの対応となっており、口座振替で購入できない場合が多いのでご注意ください。

口座振替が使える場合でも、毎月手数料がかかることがあります。

そのため、よほどの理由がない限りクレジットカード払いを選択する方がよいでしょう。

④SIMロック解除が必要かもしれない

今まで使っていたスマホをそのまま格安SIMで使う場合は、SIMロック解除が必要な場合があります。ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアをご使用の方は、特にご注意ください。

例)

  • ドコモスマホからドコモ回線を使用する格安SIMへ乗り換え:SIMロック解除不要
  • ドコモスマホからau回線を使用する格安SIMへ乗り換え:SIMロック解除必要

ここでは、SIMロック解除の手続き方法を簡単にご説明します。

【店舗で解除する】

ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなど、それぞれのキャリアの店舗に行けば、SIMロックを解除してくれます。ただし、店舗でスタッフに解除してもらう場合は、ほとんどのキャリアで手数料が3,000円かかりますのでご注意ください。

また、本人確認を求められる場合もあるので、免許証などの本人確認書類を持参しましょう。

【Webで解除する】

ドコモ、au、ソフトバンクスマホのSIMロック解除は、Webでも手続き可能です。My docomoやMy au、My SoftBankなど、それぞれのマイアカウントにログインすることで、SIMロックを解除できます。

この場合、解除手数料はかかりません。 Webでの手続き方法がわからない場合は、各キャリアのサポートデスクにお問い合わせください。

まとめ

格安SIMは、三大キャリアなどに比べると月額料金が格段に安いのがポイントです。月間データ量が5GBあれば、動画を長時間観るなどの使い方をしない限り十分使えます。

5GB~6GBを使用できる格安SIMのうち、今もっともおすすめなサービスは以下の4社です。

  • ワイモバイル
  • y.u mobile
  • mineo
  • NUROモバイル

また、格安SIMではありませんが、「楽天モバイル」も楽天回線エリア内にお住いなら大変おすすめです。

楽天モバイルは楽天回線エリア内だと最大3,278円で無制限利用でき、無料の専用アプリを使えば通話料も無料にできます。

各格安SIMのデータ量や月額料金を比較し、自分に合った格安SIMを選んでください。

[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
おすすめ格安SIM比較
スマホ・通信キャリア比較
タイトルとURLをコピーしました