iPhoneの機種変更で安全にデータ移行する全手順! お得に機種変更する方法も解説

iPhone 機種変更 iPhone
iPhoneの機種変更で安全にデータ移行する全手順!

iPhoneの機種変更で気になるところは、機種の価格、毎月の料金の心配もありますが、しっかりとデータの引き継ぎができるかどうかが不安に思う人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、分かりやすく、安全な方法でデータ移行できる「クイックスタート」を使う方法です。

iPhoneでは現在、iOS 12.4以降の端末同士であれば、クイックスタートでスムーズにデータ移行ができます。個別に移行しなくてはならないものも少々ありますが、ほとんどすべてのデータ移行ができるので、すぐにこれまでと同様に使えるようになりますよ!

今回は、iPhoneの機種変更でスムーズにデータ移行する方法のほか、お得に機種変更する方法も詳しく解説します。この記事を読んでいただければ、失敗なく新しい機種を使い始められますよ!

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

新型iPhone 13 シリーズ発売中

新型iPhone 13 シリーズ

各キャリアでキャンペーン実施中!

新型iPhone 13 シリーズの予約・購入は
オンラインショップをチェック!

型落ちのiPhoneのセット購入なら
Y!mobile・UQ mobileがお得!
Y!mobileがiPhone 12
緊急値下げ中!
 -

【便利!】機種変更では「クイックスタート」を使ったデータ移行がおすすめ!

機種変更では「クイックスタート」を使ったデータ移行がおすすめ
機種変更では「クイックスタート」を使ったデータ移行がおすすめ

iOS12.4以降の端末であれば、古いiPhoneを新しいiPhoneにかざすだけでデータや写真、アプリの移行ができる「クイックスタート」が利用できるようになりました。

従来はiPhoneのデータ移行作業といえば、一度iTunesやiCloud、ハードディスクなどを使ってバックアップをとり、そこから新しいiPhoneを復元する方法が一般的でした。そのため、iPhoneをかざすだけでデータの移行ができるクイックスタートは便利な機能といえます。

「クイックスタートは便利そうだけど、やり方がわからない!」という方のために、まずはクイックスタートを行う前の準備や手順を確認していきましょう。

クイックスタートを行う前にやること

クイックスタートを行う前にやっておくことは、以下の4つです。

  1. 新旧両方のiPhoneのOSのバージョンの確認
  2. 新しく購入したiPhoneのストレージ容量の確認
  3. Wi-Fi環境の確認
  4. 必要に応じてバックアップ

【クイックスタートを行う前にやること①】新旧両方のiPhoneのOSのバージョンの確認

クイックスタートはiOS11以降に搭載されており、データや写真、アプリなどを直接バックアップするので、今まで使っていたiPhoneと新しく購入したiPhoneの両方が、iOS12.4以降である必要があります。

OSのバージョンは、iPhoneで「設定」→「一般」→「情報」と選択していくと確認できます。

OSのバージョンの確認
OSのバージョンの確認

【クイックスタートを行う前にやること②】新しく購入したiPhoneのストレージ容量の確認

新しく購入したiPhoneの容量が今まで使っていたiPhoneより少ないと、クイックスタートが利用できない場合があります。もし、今まで使用していたiPhoneの容量が新しく購入したiPhoneの容量を超えてしまう場合は、写真などをiCloudなどにバックアップしたのち、削除してストレージ使用量を減らしておきましょう。

ストレージ容量は、iPhoneで「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」と選択していくと確認できます。

新しく購入したiPhoneのストレージ容量の確認
新しく購入したiPhoneのストレージ容量の確認

【クイックスタートを行う前にやること③】 Wi-Fi環境の確認

クイックスタートは2台を同じWi-Fiに接続し、ワイヤレスでデータ移行を行います。しかし、自宅にWi-Fiがない場合や、Wi-Fi環境が不安定な場合には有線でのデータ移行も可能です。

その際は、別売りのLightning-USBケーブルと、Lightning-USB 3カメラアダプタが必要です。

【クイックスタートを行う前にやること④】必要に応じてバックアップ

クイックスタートはiPhoneをかざすだけでデータの移行ができますが、LINEのトーク履歴のように自動で移行ができないものもあります。自動でデータ移行されないものについては、自分でバックアップをとっておく必要がありますので、注意しましょう。

クイックスタートの手順

クイックスタートには以下の6つの手順があります。

  1. 2台のiPhoneをWi-Fiにつなぎ、新しく購入したiPhoneが初期状態か確認する
  2. 今まで使っていたiPhoneに「新しいiPhoneを設定」という画面が表示される
  3. 新しく購入したiPhoneにアニメーションが表示される
  4. 今まで使っていたiPhoneにカメラファインダーが表示されるので、新しく購入したiPhoneのアニメーションを収める
  5. 新しく購入したiPhoneで今まで使っていたiPhoneのパスコードを入力し、指示に従い設定を行う
  6. データ移行開始

ここからは、それぞれの手順について解説していきます。

【クイックスタートの手順①】2台のiPhoneをWi-Fiにつなぎ、新しく購入したiPhoneが初期状態か確認する

まず、今まで使っていたiPhoneと新しく購入したiPhone両方の電源を入れ、Wi-Fiに接続しましょう。その後、新しく購入したiPhoneが初期状態であることを確認してください。

新しく購入したiPhoneがセットアップ前の初期状態でないとクイックスタートが利用できません。初期状態とは、言語やパスコードなどが何も設定されていない工場出荷時の状態です。

新しく購入したiPhoneが初期状態か確認する
新しく購入したiPhoneが初期状態か確認する

もし購入時に店頭で初期セットアップを行っていた場合などは、一度初期状態に戻す必要があります。iPhoneの初期化方法は、「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「今すぐ消去」を選択します。すべてのデータが消去されてしまいますが、まだ使用する前なので問題はないでしょう。

初期状態に戻す
初期状態に戻す

【クイックスタートの手順②】今まで使っていたiPhoneに「新しいiPhoneを設定」という画面が表示される

新しく購入したiPhoneが初期状態になると、初期セットアップの言語選択画面が表示されます。新しいiPhoneが言語選択画面になると同時に、今まで使っていたiPhoneに「新しいiPhoneを設定」というクイックスタートの画面が表示されます。

クイックスタートの画面
クイックスタートの画面

クイックスタートの画面が表示されたら、画面下部に表示される「続ける(Continue)」をクリックしましょう。

【クイックスタートの手順③】新しく購入したiPhoneに円状のアニメーションが表示される

今まで使っていたiPhoneで「続ける(Continue)」をタップすると、新しく購入したiPhoneにアニメーションが表示されます。

【クイックスタートの手順④】今まで使っていたiPhoneにカメラファインダーが表示されるので、新しく購入したiPhoneのアニメーションを収める

新しく購入したiPhoneにアニメーションが表示されると同時に、今まで使っていたiPhoneにはカメラファインダーが表示されます。今まで使っていたiPhoneのカメラファインダーに、新しく購入したiPhoneのアニメーション画面を収めましょう。

カメラファインダーにアニメーションを収めると、今まで使っていたiPhoneに「新しいiPhoneの設定を完了」という文字が表示されます。

【クイックスタートの手順⑤】新しく購入したiPhoneで今まで使っていたiPhoneのパスコードやその他初期設定を入力する

次に、新しく購入したiPhoneで今まで使っていたiPhoneのパスコードを入力してください。ただし、新しくパスコードを設定するわけではないので間違えないようにしましょう。

その後、iPhoneの指示に従いFace IDなどの設定を行ってください。この段階で設定をしなくても、あとから設定や変更も可能です。

【クイックスタートの手順⑥】データ移行開始!

設定完了後、データの移行がはじまります。今まで使っていたiPhoneからのデータ移行が完了すると、新しいiPhoneが再起動されます。

再起動後、新しいiPhoneではアプリなどの再インストールがはじまりますよ。

iPhoneの機種変更前のバックアップ方法

iPhoneの機種変更前のバックアップ方法
iPhoneの機種変更前のバックアップ方法

クイックスタートは手順も少なく、とても簡単にデータを移行で切る方法です。しかし、iPhoneがiOS12.4以前のものや、クイックスタートが使用できない場合もあります。

次は、クイックスタートが使用できない場合の、機種変更前のバックアップ方法についてご紹介します。

iTunesを使う方法

ここからは、WindowsのパソコンでiTunesを使う手順について、ご紹介していきます。

  1. iTunesのインストールがまだの人は、Microsoft StoreでiTunesを入手しましょう
  2. iTunesをインストールしたら、USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続しましょう
  3. その後、ガイドに従って設定を進めていくと、画面左上の「ミュージック」の隣にスマホのアイコンが表示されるので、それをクリックし設定画面を開いてください
  4. 設定画面左側「設定」→「概要」→画面中央「バックアップ」→「手動でバックアップ/復元」→「今すぐバックアップ」をクリックします

これらの4つの手順を行えば、すぐにバックアップがはじまります。

iCloudを使う方法

iCloudを使ってバックアップを行う場合、Wi-Fi環境があればパソコンがなくても端末だけでバックアップをとることができます。

iCloudでバックアップをとる手順は、以下の2つです。

  1. iPhoneをWi-Fiにつなぐ
  2. 「設定」→「自分のユーザー名」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」をオンにする
iCloudを使う方法
iCloudを使う方法

これらの手順を踏み、iCloudの空き容量があれば自動的にバックアップがとれます。しかし、iCloudで5GB以上データを保存しようとすると有料になってしまうので注意しましょう。

USBメモリーやハードディスクでバックアップをとる方法

容量が大きい場合や、自分で安全にバックアップデータを保管したい場合は、外付けのUSBメモリーやハードディスクへiPhoneのバックアップをとることも可能です。USBメモリーは、iPhoneのバックアップ専用のものなども販売されているので、用途にあったものを選んでください。

【注意】LINEの履歴など自分でデータ移行が必要な場合もある

iPhoneをかざすだけでデータ移行ができるクイックスタートですが、別途、自分でデータ移行をする必要なものもあります。

  • LINE
  • スマホアプリゲーム
  • Suica
  • キャリアメールの送受信履歴
  • Googleアカウント

これらのように、ログインが必要なものや、個人情報がかかわるものは、アプリごとに引き継ぎが必要です。必ず確認し、引き継ぎとバックアップをとっておきましょう。

バックアップデータを新しいiPhoneに移行する方法

バックアップデータを新しいiPhoneに移行する方法
バックアップデータを新しいiPhoneに移行する方法

クイックスタートが使えず、iTunesやiCloud、USBメモリーなどにバックアップをと行ったときは、データを新しいiPhoneに移行する必要があります。

次は、バックアップデータを新しいiPhoneへ移行する方法について解説していきます。

iTunesを使う方法

iTunesを使ってバックアップデータを新しいiPhoneに移行する手順は、以下の3つです。

  1. パソコンを起動し、USBケーブルでiPhoneをつなぐ
  2. iTunesを起動し、アップデートがある場合はまずアップデートをする
  3. 「ファイル」→「デバイス」→「バックアップからの復元」→「復元」と選択

iPhoneの復元が完了すると、iTunes上に完了メッセージが表示されます。

iCloudを使う方法

iCloudバックアップから復元
iCloudバックアップから復元(引用元:NTTdocomo

iCloudを使ってバックアップデータを新しいiPhoneに移行する手順は、以下の4つです。

  1. 新しいiPhoneの初期セットアップを進め、Wi-Fiに接続する
  2. さらに進めていくと「iPhoneを設定」という画面になるので「iCloudバックアップから復元」を選択
  3. iCloudにログイン
  4. 利用規約に同意し、バックアップデータを選択

再起動されたら、復元は完了です。

USBメモリーやハードディスクからバックアップを移行する方法

USBメモリーやハードディスクにとったバックアップデータをiPhoneに移行する場合、使用するUSBメモリーなどによってデータ移行の方法が変わってきます。データ移行専用のアプリが必要なものもありますので、USBメモリーを購入する際に確認しておきましょう。

iPhoneの機種変更するタイミングは?

iPhoneの機種変更するタイミング
iPhoneの機種変更するタイミング

端末の支払いが終わったタイミング

現在、iPhoneの端末代金は24回払いなどに分割し、毎月の通信料と合算して支払いをしている人が多いです。今使っているiPhoneの端末代金の支払いが終わる前に機種変更を行ってしまうと、残りの端末代金を一括で支払わなければいけません。

そのため、今使っているiPhoneの端末代金の支払いが終了したタイミングがおすすめです

端末のパフォーマンスが落ちてきたタイミング

「最近iPhoneの動作が遅い…」

「3年以上使っていて、バッテリーの減りなどが早くなってきた」

「充電完了までの時間がかかりすぎる!」

このように、今使っているiPhoneのパフォーマンスが落ちてきたらiPhoneの機種変更のタイミングといえます。

今はiPhoneやスマホ・パソコンは生活に欠かすことのできない存在になっています。不調のまま使っていると、いつ完全に動かなくなってしまうかわかりません。今使っているiPhoneのパフォーマンスが落ちてきたなと思ったら、早めに機種変更を検討しましょう

iPhoneをお得に機種変更する方法

iPhoneをお得に機種変更する方法
iPhoneをお得に機種変更する方法

iPhoneの機種変更と決めたら、できるだけお得にiPhoneを購入したいものですよね。

最後は、iPhoneをお得に購入する方法をご紹介します。

Apple、大手キャリアの交換プログラムで購入する

iPhoneを機種変更する際には、Appleや大手キャリアが提供する交換プログラムを利用すると、お得に購入できる場合があります。少しでも機種変更時にかかる費用を節約したいという場合は、ぜひ利用してみてください。

Apple Storeの「Apple Trade In」

Apple StoreでiPhoneを機種変更する場合は、Appleが提供している「Apple Trade In」というプログラムの利用をおすすめします。「Apple Trade In」とは、使っていたiPhoneを下取りに出せるプログラムです。

主なiPhone機種の2020年9月時点の最大下取り価格は、以下のとおりです。現時点では、iPhone SE(第一世代)からiPhone XS Maxまでの機種の下取りをおこなっています。

  • iPhone XS Max:54,000円
  • iPhone X:35,000円
  • iPhone 8 Plus:29,000円
  • iPhone 7:12,000円
  • iPhone 6s Plus:10,000円

Apple Storeの公式サイト(https://www.apple.com/jp/trade-in/)により詳細な価格が書いてあるので、お持ちのiPhone端末の下取り価格を調べてみてください。ただし、iPhone端末の状態によっては下取り価格が下がる可能性がありますので、ご注意ください。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」

ドコモの「スマホおかえしプログラム」
ドコモの「スマホおかえしプログラム」(引用元:NTTdocomo

ドコモで機種変更する際には、「スマホおかえしプログラム」を使えばお得に機種変更ができます。このプログラムを使ってドコモで対象のスマホを36回払いで購入した後スマホを返却すれば、最新機種を安く購入できます。

もちろん、iPhoneも対象機種です。どんなプログラムなのか、内容を詳しく見ていきましょう。

ドコモのスマホおかえしプログラムを適用するための条件は、以下の2つだけです。

  • 対象のスマホを36回分割払いで購入
  • スマホを返却する

二つ目の条件は必ずしも必要ではなく、そのままスマホを使い続けることも可能です。

ただし、その場合割引されませんので、ご注意ください。例えば、iPhone SE 64GBの価格は、おかえしプログラムを使わないと57,024円となります。スマホおかえしプログラムを利用し2年後に返却することで38,016円となり、はじめて約2万円お得になります。

購入した機種を使える期間は短いですが、安く購入できるというプログラムです。最新機種が出たらすぐに乗り換えたいという方に、おすすめのサービスといえます。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

auの「かえトクプログラム」

auの「かえトクプログラム」
auの「かえトクプログラム」(引用元:au

auには「かえトクプログラム」という、お得に機種変更できるプログラムがあります。このプログラムを使って、端末購入から2年後に機種変更すると、端末代金がかなり大きくなります。

具体的にどれくらい安くなるのか、内容を詳しくご説明しましょう。

例えば、96,600円の機種に機種変更するとします。通常だと、23回払い(2,520円)+24回目の最終支払い(38,640円)の支払いになります。

そこで、「かえトクプログラム」を使うと、25か月目で機種変更すれば、24回目の38,640円の支払いが不要になります。つまり、2年間だけ使うことで、38,640円も安くなるということです。

「かえトクプログラム」の適用条件は、au取扱店で対象機種を購入するということだけです。もちろん、iPhone SEも対象機種に入っています。auでiPhoneを購入する場合は、ぜひご利用ください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

ソフトバンクの「とくするサポート+」

ソフトバンクでiPhoneを機種変更する際には、「トクするサポート+」を使えばお得です。

どれくらい安くなるか、具体的な内容をご説明しましょう。

例えば、96,000円のスマホを「トクするサポート」を使って購入するとしましょう。「トクするサポート」を使って25か月目に機種変更すると、57,360円になります。つまり、約4万円も安くなります。

ただし、「トクするサポート+」を利用するためには、毎月390円のプログラム利用料が24か月かかります。ですから、390円×24か月分の9,360円プラス、48,000円の端末代金のみで購入できます。

「トクするサポート」を適用するための条件は、以下の二つです。

  • 対象機種を48回割賦で購入する
  • 「トクするサポート」に購入時点で申し込む

もちろん、iPhone機種も対象なので、ソフトバンクでiPhoneに機種変更する際にはぜひご利用ください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

今のiPhoneを下取りに出す

今使っているiPhoneが問題なく動く場合は、端末下取りプログラムを利用できます。新しいiPhone購入時に今使っているiPhoneを下取りに出すことで、機種によっては値引きをしてもらうことができます。

端末下取りプログラムの適用条件や値引き金額はAppleや大手キャリアごとに違うので、お使いのキャリアを確認してみてくださいね。

中古のiPhoneを購入する

iPhoneは中古販売でも多く出品されています。さらに中古品の取扱店舗では動作確認もされていることがほとんどなので、安心して購入できるでしょう。

「新しい機種で、新品がいい!」というこだわりがなければ、中古のiPhoneを購入するのもおすすめですよ。

中古スマホを初めて購入する人は、メーカー保証期間を過ぎてしまって保障が効かないなど、注意点があるので先ず店頭での相談をした上で購入するのが安全でしょう。

まとめ

クイックスタートを使ったデータ移行は、iPhoneをかざすだけでとても簡単に行うことができます。ただし、クイックスタートを使うには、今使っているiPhoneと新しく購入したiPhoneの両方がiOS12.4以降でなければなりません。iOS12.4以前のiPhoneの場合は、iTunesやiCloud、USBメモリーを使ってバックアップをとる必要があります。

また、LINEやSuica、スマホアプリゲームなどのセーブデータの引き継ぎやバックアップは自分で行う必要があります。iOS12.4以降のiPhoneを機種変更する際のデータ移行は、ぜひクイックスタートを利用してみてくださいね。

また、下取りプログラムを使うことで利用中のiPhoneからお得に新しいiPhoneへ機種変更することも可能なので、ぜひ検討中の人は確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました