【2021年最新版】キャリアのiPhoneをお得に購入する方法とは?購入方法からプランを徹底解説

iPhone キャリア iPhone
キャリアのiPhoneをお得に購入する方法とは?

「キャリアで販売されているiPhoneのメリットって正直わからない」「キャリアのPhoneを購入するとき、お得になる方法は?」などと、ほとんどの人がキャリアで販売されているiPhoneに対して、多くの疑問をもっているのではないでしょうか。

キャリアでiPhoneを使うメリットには、以下の3点があげられます。

  • 最新のiPhoneを販売している
  • キャリア独自のお得なプランがある
  • 自分の使い方に合わせてプランを選べる

そこで今回は、キャリアのiPhoneを使うメリットや、キャリアごとのお得なプランを紹介いたします。そのほかにも、キャリアのiPhoneから格安SIMへ移行する方法など解説いたします。

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

新型iPhone 13 シリーズ発売中

新型iPhone 13 シリーズ

各キャリアでキャンペーン実施中!

新型iPhone 13 シリーズの予約・購入は
オンラインショップをチェック!

型落ちのiPhoneのセット購入なら
Y!mobile・UQ mobileがお得!
Y!mobileがiPhone 12
緊急値下げ中!
 -

キャリアのiPhoneを使うメリットと注意点

iPhone画面
キャリアのiPhoneを使うメリット・デメリット

キャリアのiPhoneを使うメリットと注意点は、主に以下のとおりです。

メリット

  • 最新のiPhoneを販売している
  • キャリア独自のお得なプログラムがある
  • 自分の使い方に合わせてプランを選べる

注意点

  • 格安SIMよりも価格が高い
  • 機種変更のとき旧機種を渡す必要があるかも
  • SIMロック解除できるまで期間がある

キャリアでiPhoneを契約することに迷いがある人は、まずキャリアでiPhoneを使うメリットと注意点の両方を確認しておきましょう。

キャリアのiPhoneを使うメリット・デメリット

キャリアでiPhoneを使うと、以下3つのメリットがあります。

  • 最新のiPhoneを販売している
  • キャリア独自のお得なプランがある
  • 自分の使い方に合わせてプランを選べる

ひとつづつ解説していきましょう。

メリット①:最新のiPhoneを販売している

キャリアの場合、Appleの発売日と同日に最新iPhoneが発売されます。もちろん、全容量、全カラー取り揃えていますので、最新iPhoneが発売されたら真っ先に手に入れたい方には選ぶべき購入先です。

格安SIMでも最新iPhoneを販売しているところはいくつかあります。

しかし、モデルや本体の保存容量の選択肢が限られてくるので、幅広い選択肢からお好きな最新iPhoneを購入したいなら、断然キャリアiPhoneがおすすめです!

実際に、どのくらいラインアップが異なるのか、キャリアと格安SIMを比較してみましょう。

販売元 iPhoneラインナップ
キャリア au ・iPhone 12 Pro /Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 11 Pro /Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS /XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)
ドコモ ・iPhone 12 Pro /Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 11 Pro /Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS /XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)
ソフトバンク ・iPhone 12 Pro /Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 11 Pro /Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS /XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 8
・iPhone 7
楽天モバイル ・iPhone 12 Pro /Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone SE(第2世代)
格安SIM UQモバイル ・iPhone 12(64GB・128GB)
・iPhone 12 mini(64GB・128GB)
・iPhone 11(64GB)
・iPhone SE(第2世代)(64GB・128GB)
・iPhone 7
・iPhone XR(認定中古品)(64GB・128GB)
・iPhone 8(認定中古品)(64GB)
ワイモバイル ・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone SE(第2世代)(64GB・128GB)
・iPhone 11(64GB)
mineo ・iPhone 11
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone XR(128GB)
・iPhone XS(256GB)
・iPhone 8(中古品)(64GB)

この比較表からもわかるとおり、格安SIMはラインアップ数が少なく、容量も限られています。一方、キャリアのiPhoneは全容量揃っており、取扱数も多いですね。

メリット②:キャリア独自のお得なプログラムがある

大手キャリアは3社とも、以下のような独自のお得な購入プログラムを実施しています。

  • au:かえトクプログラム
  • ドコモ:スマホおかえしプログラム
  • ソフトバンク:トクするサポート+

各プログラムの概要は、次のとおりです。

キャリア名 プログラム名 概要
au かえトクプログラム 端末を24回払いで購入し、購入から13ヶ月~25ヶ月以内に端末を返却すると、最終回分の支払いが無料になる
ドコモ スマホおかえしプログラム 端末を36回払いで購入し、購入から25ヶ月以降に端末を返却すると、最大12回分の端末代が無料になる
ソフトバンク トクするサポート+ 端末を48回払いで購入し、購入から25ヶ月目以降に端末を返却すると、最大24回分の端末代が無料になる

いずれも途中で端末を返却することで、端末残債を0円にできるプログラムです。このプログラムを利用すれば、高額なiPhoneも安く購入できますよ。

各社の購入プログラムの詳細は、「キャリアのiPhoneのお得なプランを比較してみた!」をご確認ください。

メリット③:自分の使い方に合わせてプランを選べる

大手キャリアは豊富なプランを提供しており、自分の使い方にあわせて細かい設定が可能です。たとえば、auであれば、以下のようなプランを提供しています。

  • データを使わない方に、使った分だけ従量制の「ピタットプラン」
  • データを気兼ねなく使いたい方に、上限なしの「データMAXプラン」
  • 家族複数台でお得になる「家族割」
  • でんきやインターネットとまとめてお得になる「auでんき」や「auスマートバリュー」

キャリアのiPhoneを使う注意点

キャリアのiPhoneを使う際は、下記3つの点に注意をしてください。

  • 格安SIMよりも価格が高い
  • 機種変更のとき旧機種を渡す必要があるかも
  • SIMロック解除できるまで期間がある

注意点①:格安SIMよりも価格が高い

大手キャリアは、格安SIMよりも価格が高い傾向があります。一例として、各社で販売している最新iPhoneを使用した場合の料金を比較してみました。

会社名 条件 月額料金
au iPhone 12(64GB)購入
※36回払い&かえトクプログラム適用
ピタットプラン5G
有料オプションなし
2年契約
5,875円~
ドコモ iPhone 12(64GB)購入
※36回払い&スマホおかえしプログラム適用
5Gギガライト
有料オプションなし
2年契約
6,094円~
ソフトバンク iPhone 12(64GB)購入
※48回払い&トクするサポート+適用
ミニフィットプラン+
有料オプションなし
5,588円~
LINEモバイル iPhone 12(64GB)購入
※24回払い
くりこしプランS
有料オプションなし
5,242円~

格安SIMのUQモバイルと大手キャリアでは、最大800円ほどの料金差でした。

格安SIMは端末代が安いだけでなく、月額料金も安くできるため、全体的に出費を抑えたいのであれば、格安SIMの利用がおすすめです。

注意点②:機種変更のとき旧機種を渡す必要があるかも

大手キャリアのお得な機種購入プログラムは、次回機種変更時の旧機種の下取りを条件としています。機種購入プログラムの利用はもちろん任意ですが、「最新機種を安く買うには下取りが条件である」という点は押さえておきましょう。

たとえば、auのかえトクプログラムを利用すれば、購入機種の2年後の下取り価格を24分割の最終支払い分として設定できるので、23回目までの分割支払額が安くなりますよ。

注意点③:SIMロック解除できるまで期間がある

大手キャリアで購入するiPhoneにはSIMロックがかかっており、電話や店頭で解除する場合は手数料3,000円を支払わなければいけません。また、購入からSIMロックの解除までは、各社以下のような条件があります。

au 以下のいずれかの条件を満たすこと
・購入から101日目以降
・分割が残っていない
・前回のSIMロック解除から100日経過
・対象端末とそれに紐づく回線料金がクレジットカード払い
ドコモ 以下のいずれかの条件を満たすこと
・購入後100日経過
・分割が残っていない
・前回のSIMロック解除から100日経過
・対象端末とそれに紐づく回線料金がクレジットカード払い
ソフトバンク 購入日より101日目以降、または以下のすべての条件を満たすこと
・2017年12月1日以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
・前回のSIMロック解除受付日から101日目以降

キャリアのiPhoneがおすすめの人

キャリアのiPhoneがおすすめの人
キャリアのiPhoneがおすすめの人
(引用元:ドコモオンラインショップ

ここまで解説してきたメリット・デメリットを考慮すると、キャリアのiPhoneがおすすめなのは、以下のような方です。

  • 最新のiPhoneをお得に購入したい
  • 安定した通信速度で使いたい
  • 自分に合った料金プランにしたい

最新のiPhoneをお得に購入したい

キャリアの場合、いつでも最新のiPhoneが販売されていますし、お得なプログラムを利用すれば高額なiPhoneも大幅に安くなります。よって、最新のiPhoneをお得に購入したいなら、キャリア一択です!

一方、格安SIMで販売されているiPhoneは型落ちだったり、最新モデルでもデータ容量が限定されたタイプになります。また、各安SIMはキャリアほど豪華な端末代割引を行っていないため、場合によってはキャリアiPhoneより端末代が高くなってしまうのです。

このことから、最新iPhoneをお得に購入したいなら、キャリアを選びましょう。

安定した通信速度使でいたい

格安SIMは大手キャリアがもつ回線の一部を借りていますが、大手キャリアは自社回線のすべてを自由に利用できます。そのため、混みあう昼・夜の時間帯では、格安SIMよりも高速かつ安定した通信が期待できます

iPhoneを安定した通信速度で使いたいならば、やはり大手キャリアがおすすめです。

自分に合った料金プランにしたい

大手キャリアは豊富なプランを提供しており、自分の使い方にあわせて細かい設定が可能です。一方で、格安SIMの中には、「大容量プランがない」「かけ放題がない」というところも少なくありません。

自分に合った料金プランをカスタマイズしたいのであれば、大手キャリアの利用をおすすめします。

キャリアのiPhoneのお得なプランを比較してみた!

キャリアのiPhoneのお得なプランを比較してみた
キャリアのiPhoneのお得なプランを比較してみた(引用元:au

実際にiPhoneをお得に購入できるプランとしてはどのようなものがあるのか、各社のプラン内容を詳しくみていきましょう。

ドコモ

ドコモのiPhoneをお得に購入したいなら、以下2つを利用しましょう。

  • 機種変更する際にお得になる「スマホおかえしプログラム」
  • スマホ下取りで安くなる「下取りプログラム」

機種変更する際にお得になる「スマホおかえしプログラム」

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム(引用元:ドコモ

ドコモの「スマホおかえしプログラム」を利用すれば、次回機種変更時に利用していた機種を下取りに出すことで、36回中最大12回分の支払いが免除されます

スマホおかえしプログラムの適用条件は、以下のとおりです。

  • 対象のスマホを36回分割で購入すること
  • スマホを返却すること

スマホおかえしプログラムは無料で加入でき、実際に利用するかどうかはあとから判断できます。2年後も同じ機種を使い続け、機種代金の免除を希望しない場合、スマホの返却も必要ありません。

ただし、スマホおかえしプログラムで免除されるのは、下取りの翌々月請求分以降の分割支払金のみです。タイミングによっては最大額の免除が受けられない可能性もあるので、実際に利用するかどうかは慎重に判断しましょう。

スマホ下取りで安くなる「下取りプログラム」

下取りプログラム
下取りプログラム(引用元:ドコモ

ドコモでは「下取りプログラム」を実施しており、対象機種を下取りに出すと購入する携帯電話から最大74,500円(税込)を割引してくれます。画面不良品だけでなく機能不良品も下取りしてくれるので、対象機種をおもちの方は一度ドコモに相談してみましょう。

適用条件とiPhoneの下取り金額は以下のとおりです。

<ドコモ 下取りプログラムの適用条件>

  • ドコモが販売したiPhoneの場合:下取り申し込み回線の購入履歴に登録されており、不備、不正、機種代金の未払いがないこと
  • 他社が販売したiPhoneの場合:正規店で購入されたiPhoneであり、新規契約時にドコモのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、ケータイのいずれかを購入すること
  • ネットワーク制限がかかっていないこと
  • 基盤破裂・機種判別不可の状態でないこと
  • 本体の一部部品のみでないこと
  • データが消去済みであること
  • 契約者が対象端末の所有権を有していること
  • 各種ロックが解除できること(iPhoneのアクティベーションロックも含む)

<ドコモ下取りプログラム iPhoneの還元金額>

【ドコモが販売したiPhoneの場合】

※横にスクロールできます。

機種名 下取り還元金額
通常品 画面割れ品 機能不良品
iPhone 11 Pro Max 512GB 67,200円 20,200円 20,200円
256GB 58,400円 17,500円 17,500円
64GB 46,400円 13,900円 13,900円
iPhone 11 Pro 512GB 55,400円 16,600円 16,600円
256GB 47,500円 14,300円 14,300円
64GB 37,000円 11,100円 11,100円
iPhone 11 256GB 35,600円 10,700円 10,700円
128GB 29,400円 8,800円 8,800円
64GB 25,400円 7,600円 7,600円
iPhone Xs Max 512GB 51,400円 15,400円 14,600円
256GB 44,200円 13,300円 13,300円
64GB 31,000円 9,300円 9,300円
iPhone Xs 512GB 40,600円 12,200円 10,800円
256GB 34,500円 10,400円 10,100円
64GB 22,700円 6,800円 6,800円
iPhone XR 256GB 29,400円 8,800円 8,800円
128GB 22,200円 6,700円 6,700円
64GB 14,300円 4,300円 4,300円
iPhone X 256GB 27,500円 8,300円 7,900円
64GB 14,700円 4,400円 4,400円
iPhone 8 plus 256GB 26,200円 7,900円 7,900円
64GB 22,300円 6,700円 6,700円
iPhone 8 256GB 18,900円 5,700円 5,100円
64GB 7,700円 2,300円 2,300円
iPhone 7 plus 256GB 16,300円 4,900円 4,900円
128GB 13,200円 4,000円 4,000円
32GB 11,300円 3,400円 3,400円
iPhone 7 256GB 8,200円 2,500円 2,200円
128GB 6,700円 2,000円 2,000円
32GB 5,900円 1,800円 1,800円
iPhone 6s plus 128GB 11,600円 3,500円 1,700円
64GB 10,200円 3,100円 1,700円
32GB 8,900円 2,700円 1,000円
16GB 7,700円 2,300円 1,000円
iPhone 6s 128GB 4,500円 1,400円 1,400円
64GB 3,800円 1,100円 1,100円
32GB 3,000円 900円 900円
16GB 2,000円 600円 600円
iPhone 6 plus 128GB 5,100円 1,500円 1,000円
64GB 4,300円 1,300円 1,000円
16GB 2,900円 900円 500円
iPhone 6 128GB 2,100円 600円 500円
64GB 1,500円 500円 500円
16GB 600円 200円 200円
iPhone SE 128GB 5,200円 1,600円 500円
64GB 3,900円 1,200円 500円
32GB 2,300円 700円 200円
16GB 1,500円 500円 100円

【au・ソフトバンクが販売したiPhoneの場合】

※横にスクロールできます。

機種名 下取り還元金額
通常品 画面割れ品 機能不良品
iPhone 11 Pro Max 512GB 74,500円 22,400円 21,300円
256GB 70,600円 21,200円 20,200円
64GB 63,200円 19,000円 19,000円
iPhone 11 Pro 512GB 61,200円 18,400円 17,500円
256GB 57,000円 17,100円 17,100円
64GB 49,700円 14,900円 14,900円
iPhone 11 256GB 50,700円 15,200円 15,200円
128GB 46,500円 14,000円 10,200円
64GB 40,700円 12,200円 10,200円
iPhone Xs Max 512GB 43,400円 13,000円 13,000円
256GB 40,500円 12,200円 12,200円
64GB 35,500円 10,700円 10,700円
iPhone Xs 512GB 35,400円 10,600円 10,100円
256GB 32,000円 9,600円 9,600円
64GB 27,200円 8,200円 7,700円
iPhone XR 256GB 31,900円 9,600円 9,600円
128GB 29,600円 8,900円 8,900円
64GB 26,000円 7,800円 7,800円
iPhone X 256GB 26,200円 7,900円 7,900円
64GB 22,900円 6,900円 6,500円
iPhone 8 plus 256GB 24,000円 7,200円 6,200円
64GB 19,900円 6,000円 6,000円
iPhone 8 256GB 17,000円 5,100円 5,100円
64GB 13,000円 3,900円 3,800円
iPhone 7 plus 256GB 14,900円 4,500円 4,500円
128GB 11,000円 3,300円 3,300円
32GB 12,700円 3,800円 3,800円
iPhone 7 256GB 9,900円 3,000円 2,000円
128GB 8,400円 2,500円 1,700円
32GB 7,200円 2,200円 1,400円
iPhone 6s plus 128GB 12,100円 3,600円 2,200円
64GB 10,700円 3,200円 2,000円
32GB 9,400円 2,800円 1,100円
16GB 8,400円 2,500円 1,000円
iPhone 6s 128GB 6,500円 2,000円 600円
64GB 5,800円 1,700円 1,000円
32GB 5,000円 1,500円 600円
16GB 4,000円 1,200円 200円
iPhone 6 plus 128GB 7,100円 2,100 200円
64GB 6,300円 1,900円 200円
16GB 4,900円 1,500円
iPhone 6 128GB 3,800円 1,100円
64GB 3,300円 1,000円
16GB 2,400円 700円
iPhone SE 128GB 6,900円 2,100円 300円
64GB 5,700円 1,700円 300円
32GB 4,000円 1,200円
16GB 3,200円 1,000円 100円

Androidスマートフォンやケータイも下取りの対象です。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

au

auのiPhoneのお得なプランは、以下の2つです。

  • スマホ下取りで安くなる「下取りプログラム」
  • 最終回分のお支払いが不要「かえトクプログラム」

スマホ下取りで安くなる「下取りプログラム」

下取りプログラム
下取りプログラム(引用元:au

auでは「下取りプログラム」を実施しており、対象機種を下取りに出すと最大53,900円相当のpontaポイントが還元されます。乗り換え・機種変更のどちらでも下取りプログラムを利用できますが、乗り換えが対象機種であれば下取りできるのに対して、機種変更は現在使っている携帯でなければ下取りできません。

適用条件・iPhoneの下取り金額は以下のとおりです。

au 下取りプログラムの適用条件

  • auスマートフォン・iPhone・auケータイ・auタブレットのいずれかの購入
  • 故障・水濡れがなく、正常に動作すること
  • 電源が入ること
  • 充電を行うと充電ランプが点灯すること
  • 暗証番号ロック解除・オールリセット済みであること
  • メーカーの保証外(製造番号が確認できない、改造など)の状態でないこと
  • 契約者が対象端末の所有権を有していること
  • ネットワーク制限がかかっていないこと

【au下取りプログラム iPhoneの還元金額】

機種名 下取り還元金額
通常品 画面割れ品
iPhone 11 Pro Max 512GB 51,700円 15,400円
256GB 44,550円 13,200円
64GB 39,050円 11,550円
iPhone 11 Pro 512GB 47,300円 13,750円
256GB 40,150円 11,550円
64GB 35,750円 10,450円
iPhone 11 256GB 31,350円 9,350円
128GB 27,500円 8,250円
64GB 35,750円 10,450円
iPhone XS Max 512GB 41,800円 12,100円
256GB 36,300円 10,450円
64GB 30,250円 8,800円
iPhone Xs 512GB 39,050円 11,550円
256GB 33,000円 9,900円
64GB 26,950円 7,700円
iPhone XR 256GB 23,100円 6,600円
128GB 20,350円 6,050円
64GB 17,050円 4,950円
iPhone X 256GB 25,300円 7,150円
64GB 19,250円 5,500円
iPhone 8 plus 256GB 19,250円 5,500円
64GB 15,950円 4,400円
iPhone 8 256GB 15,400円 4,400円
64GB 9,350円 2,750円
iPhone 7 plus 256GB 14,850円 4,400円
128GB 13,200円 3,850円
32GB 11,550円 3,300円
iPhone 7 256GB 8,800円 2,200円
128GB 7,150円 1,650円
32GB 6,050円 1,650円
iPhone 6s plus 128GB 9,900円 2,750円
64GB 7,700円 2,200円
32GB 6,600円 1,650円
16GB 5,500円 1,650円
iPhone 6s 128GB 7,700円 2,200円
64GB 6,050円 1,650円
32GB 5,500円 1,650円
16GB 4,400円 1,100円
iPhone 6 plus 128GB 6,600円 1,650円
64GB 5,500円 1,650円
16GB 4,400円 1,100円
iPhone 6全容量 2,750円 550円
iPhone SE全容量 2,750円 550円
iPhone 5s全容量 2,750円 550円
iPhone 5c全容量 2,200円 550円
iPhone 5全容量 2,200円 550円
iPhone 4S全容量 2,200円 550円
iPhone 4 2,200円 550円

今回は例としてiPhoneのみの下取り還元価格をご紹介しましたが、Androidスマートフォン・ケータイも下取りの対象です。

最終回分のお支払いが不要「かえトクプログラム」

かえトクプログラム
かえトクプログラム(引用元:au

auの「かえトクプログラム」を利用すれば、購入機種の2年後の下取り価格を24分割の最終支払い分として設定でき、23回目までの分割支払額が安くなります。25ヶ月目の買い替えの際に予定通り下取りを行えば、最終である24回目の支払いは必要ありません。

かえトクプログラム
かえトクプログラム(引用元:au

たとえば、総額96,600円の機種を購入する場合、24分割すると毎月の支払いは4,025円です。ところが、かえトクプログラムを利用する場合は、最終となる24回目の支払金額を38,640円に設定できるため、23回目までの毎月の支払いは2,520円しかかかりません。

つまり、総額96,600円の機種であっても、実質57,960円で入手できるのです。なお、25ヶ月目に買い替えを行わない場合は、最終となる24回目の支払いが、自動的に再度24分割されます。

かえトクプログラムには申し込みが必要ですが、利用料金はかかりません。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

ソフトバンク

ソフトバンクのiPhoneのお得なプランは、以下の2つです。

  • 最大24回分の機種代金の支払い不要「トクするサポート+」
  • PayPay利用で「下取りプラン」がお得に

最大24回分の機種代金の支払い不要「トクするサポート+」

トクするサポート+
トクするサポート+(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの「トクするサポート+」を利用すれば、次回機種変更時に利用していた機種を下取りに出すことで、以下の3つの特典からいずれかを受け取れます。

<トクするサポート+の特典>

①2年以上4年未満で買い替えたい場合

2年以上4年未満で買い替えたい場合
2年以上4年未満で買い替えたい場合(引用元:SoftBank

最大で24回分の支払い免除が受けられます。残りの支払いが免除となるため、買い替えるタイミングによって特典金額が異なります。

②2年未満で買い替えたい場合

2年未満で買い替えたい場合
2年未満で買い替えたい場合(引用元:SoftBank

13ヶ月目以降であれば、25ヶ月目以降の24回分の支払いが免除されます。ただし、24ヶ月目までの分割金は、そのまま支払う必要があります。

③買い替えずに下取りのみを希望する場合

買い替えずに下取りのみを希望する場合
買い替えずに下取りのみを希望する場合(引用元:SoftBank

13ヶ月目以降であれば、機種ごとに決まった額のPayPayボーナスが付与されます。トクするサポート+は無料で利用できるので、3つのうちどの特典を選ぶかはあとから決められます。

<トクするサポート+の適用条件>

  • 対象のスマホを48回分割で購入すること
  • 適用後に譲渡を行わないこと(家族割引内名義変更を除く)

PayPay利用で「下取りプラン」がお得に

下取りプラン+
下取りプログラム(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクでは「下取りプログラム」を実施しており、対象機種を下取りに出すと、PayPayボーナスまたは購入機種代金の値引きが受けられます。PayPayボーナスのほうが若干高く還元されるので、PayPayが利用できる方は、ぜひ利用してください。

適用条件・iPhoneの下取り金額は以下のとおりです。

ソフトバンク 下取りプログラムの適用条件

  • 機種変更・乗り換えと同時に指定機種をソフトバンクで購入すること
  • 契約者が対象端末の所有権を有していること
  • 電源が入ること(スリーブボタンが正常に動作すること)
  • 各種ロックが解除されていること
  • 初期化されていること
  • 製造番号が確認できること
  • 改造などメーカーの保証外となる端末でないこと

【ソフトバンク下取りプログラム iPhoneの還元金額(PayPayボーナス選択時)】

機種名 下取り還元金額
通常品 破損品
iPhone 11 Pro Max 51,600円 15,480円
iPhone 11 Pro 44,400円 13,320円
iPhone 11 33,600円 10,080円
iPhone SE(第2世代) 15,600円 4,680円
iPhone Xs Max 30,000円 9,000円
iPhone Xs 22,800円 6,840円
iPhone XR 19,200円 5,760円
iPhone X 19,200円 5,760円
iPhone 8 plus 15,600円 4,680円
iPhone 8 8,400円 2,520円
iPhone 7 plus 13,200円 3,960円
iPhone 7 6,000円 1,800円
iPhone 6s plus 6,000円 1,800円
iPhone 6s 3,600円 1,080円
iPhone 6 plus 3,600円 1,080円
iPhone 6 2,400円 720円
iPhone SE 2,400円 720円

au・ドコモと同じく、Androidスマートフォンやケータイも下取りの対象です。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneをお得に購入したい人は、下記キャンペーンを利用してください。

  • iPhone超トクのりかえ

セット購入で乗り換えがお得になる「iPhone超トクのりかえ」

超トクのりかえ
超トクのりかえ(参照元:楽天モバイル

「iPhone超トクのりかえ」は、楽天モバイルでiPhoneをセット契約しても、SIMのみ契約しても最大20,000円相当の楽天ポイントが付与されるキャンペーンです。

【端末セット購入の場合:20,000ポイント】

  • iPhone発売記念キャンペーン:15,000ポイント
  • 【Rakuten UN-LIMIT Ⅵお申し込み特典】だれでも5,000ポイント:5.000ポイント

【新規でSIMのみ契約する場合:5,000ポイント】

  • 【Rakuten UN-LIMIT Ⅵお申し込み特典】だれでも5,000ポイント:5,000ポイント

【乗り換えでSIMのみ契約する場合:20,000ポイント】

  • 通常のRakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典に加えて、さらに15,000ポイントプレゼントキャンペーン:15,000ポイント
  • 【Rakuten UN-LIMIT Ⅵお申し込み特典】だれでも5,000ポイント:5,000ポイント

上記3キャンペーンの適用条件は、以下のとおりです。

<iPhone発売記念キャンペーンの適用条件>

  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵを申し込む
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ申し込みと同時に、楽天モバイルでiPhoneを購入する
  • 翌月末日の23:59までに、Rakuten Linkで10秒以上の発信通話を行う

<だれでも5,000ポイントの適用条件>

  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵを申し込む
  • 翌月末日の23:59までに、Rakuten Linkで10秒以上の発信通話を行う

<通常のRakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典に加えて、さらに15,000ポイントプレゼントキャンペーン>

  • Rakuten UN-LIMIT ⅥをMNPで契約
  • 翌月末日の23:59までに、Rakuten Linkで10秒以上の発信通話を行う

楽天モバイルでは、下記iPhoneを販売しています。

  • iPhone 12 Pro MAX
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)

上記キャンペーンを利用すると、最も高額なiPhone 12 Pro MAXでも税込141,700円~購入できます。

楽天モバイルは、楽天回線のエリア内なら3,278円で無制限に利用できます。

全キャリアのうち、3,000円台でiPhoneをデータ無制限利用できるのは楽天モバイルしかありませんので、楽天回線圏内にお住いの方は、まず楽天モバイルを検討してみてください。

キャリアのiPhoneはオンラインショップでの購入がお得!

キャリアのiPhoneはオンラインショップでの購入がお得合
キャリアのiPhoneはオンラインショップでの購入がお得
(引用元:ドコモオンラインショップ

キャリアでiPhoneを購入するのであれば、オンラインショップの利用がおすすめです。オンラインショップならば待ち時間もなく、いつでも好きなタイミングで契約が申し込めます。さらに、実店舗のように事務手数料や頭金が発生することもありません

オンラインショップは店舗より「サポートが弱い」というイメージがあるかもしれませんが、オンラインショップで購入した商品であっても実店舗のサポートを受けられます。むしろ実店舗とオンライン双方のサポートを受けられるため、サポートは手厚いといえるでしょう!

充実したサポートは、大手キャリアの大きなメリットのひとつです。キャリアでiPhoneを購入する際は、お得なオンラインショップを利用し、実店舗も積極的に利用してみましょう。なお、オンラインショップ経由の購入品は基本的に郵送されますが、大手キャリアは送料が発生しません。

ここからは、各キャリアのオンラインショップ特典について、詳しく解説していきます。

【ドコモ】他社からの乗り換えで22,000円割引

ドコモでは「端末購入割引」を提供しており、他社からの乗り換えと同時に対象機種を購入すれば、22,000円(税込)が割引されます。

他社からの乗り換えで2,2000円割引
他社からの乗り換えで22,000円割引
(引用元:ドコモオンラインショップ

こちらのキャンペーンはAndroidも対象ですが、ここではiPhoneのみをご紹介していきます。

【割引対象iPhone】

  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 mini

ドコモはオンラインショップから購入すると、頭金だけでなく3,300円の契約事務手数料も無料になります!

ドコモiPhoneをお得に購入したい人は、ぜひオンラインショップを利用しましょう!

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

【au】お得割で最大22,000円の割引

Online Shopお得割
Online Shopお得割(引用元:au

auのオンラインショップでは「au Online Shopお得割」を実施しており、オンラインショップで対象機種を購入すると、最大22,000円(税込)の割引が受けられます。

対象機種にはAndroidも含まれますが、今回はiPhoneのみご紹介します。

【割引対象iPhone】

対象機種 割引額
iPhone12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
乗り換え:22,000円
新規:11,000円

高額なiPhoneが最大22,000円も安くなる点はかなりお得ですので、auでiPhoneをお得に購入したいなら、ぜひ「au Online Shopお得割」を活用してください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

【ソフトバンク】他社からの乗り換えで最大21,600円割引

オンライン限定・Web割
オンライン限定・Web割(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクでは「オンライン限定・web割」を提供しており、他社からの乗り換えといっしょに対象機種を購入すれば、最大21,600円(税込)が割引されます。

対象機種にはAndroidも含まれますが、今回はiPhoneのみをご紹介します。

対象機種 割引額
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
21,600円

また、オンライン限定・web割は、以下の条件を満たした場合にのみ適用されます。

  • 他社からの乗り換え
  • 受け取り方法に自宅を選択
  • データプランメリハリ、またはデータプランメリハリ無制限の契約

ソフトバンクへの乗り換えを機にiPhoneをお得に購入したい人は、ぜひオンライン限定・Web割を活用してみてください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

【楽天モバイル】他社からの乗り換えで最大20,000円還元

楽天モバイル
iPhone超トクのりかえ(引用元:楽天モバイル

「セット購入で乗り換えがお得になる「iPhone超トクのりかえ」」でもご紹介しましたが、楽天モバイルは、iPhoneを契約すると、最大20,000円分の楽天ポイントが付与されます

ただし、ポイント付与数は契約内容によって以下のように異なりますので、確認しておきましょう。

  • 新規+SIMのみ:5,000ポイント
  • 乗り換え+SIMのみ:20,000ポイント
  • 新規、乗り換え問わず、iPhoneをセット契約:20,000ポイント

契約条件を満たしたあとは、翌月末までに無料通話アプリ「Rakuten Link」で10秒以上の発信通話を行うだけで、翌々月の末日にポイントが付与されますよ。

現在、楽天モバイルは3ヶ月間月額料金無料キャンペーンも行っていますので、楽天のエリア内にお住いの方は、ぜひ楽天モバイルを検討してみてください。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

利用料金を抑えたい人はSIMフリー版iPhoneがおすすめ

利用料金を抑えたい人はSIMフリー版iPhoneがおすすめ
利用料金を抑えたい人はSIMフリー版iPhoneがおすすめ

iPhoneの利用料金を抑えたい人には、SIMフリー版iPhoneの購入がおすすめです。SIMフリー版iPhoneであれば、購入後すぐ格安SIMのSIMカードを挿入して利用できます。

基本的に格安SIMにキャリアのような大容量プランはありませんが、少量プランがキャリアより安い料金で提供されています。したがって、スマホのデータ消費量が少ない人は、SIMフリーiPhoneで格安SIMを契約すると、毎月の利用料金がグッと安くなりますよ!

ちなみに、SIMフリー版iPhoneは、格安SIMとApple Storeで販売されています。それぞれ以下のようなメリットと注意点がありますので、どちらが自分に合っているか確認してみてください。

【格安SIM】

メリット デメリット
・格安SIMからの端末値引きが利用できる可能性がある ・型落ちiPhoneのみの販売
・基本的にはSIMとのセット販売

【Apple Store】

メリット デメリット
・大手キャリアとも格安SIMとも契約できる ・自分で契約先の通信会社を選び、手続きしなければならない

ここからは、格安SIMやApple Storeの概要と、iPhoneを契約する手順について詳しく解説していきます。

アップルストア

アップルストアは端末のみを販売するメーカー直営店であり、自社の通信回線をもっていません。そのためアップルストアで端末を購入した人は、別途SIMカードの契約を行ってください。

アップルストアでiPhoneを購入する手順は次のとおりです。

1.アップルストアにアクセスし、お好きなiPhoneのページを開く
2.画面右上にある「購入」をタップする
3.モデル、カラー、容量などを選択し、契約内容が正しければ「バッグに追加」
4.支払方法を決定し、手続きを完了させる

端末の購入手続きが完了したら、SIMカードの契約に移ります。

iPhoneの利用料金を抑えたいのであれば、キャリアSIMより格安SIMを選ぶべきです。ご自身に合う格安SIMを見つけ、SIMカードのみを契約しましょう。

SIMカードが届いたあとは、アップルストアで購入したiPhoneにSIMカードを挿入すると、iPhoneが使えるようになりますよ。

格安SIM

格安SIMとは、大手キャリアから回線や設備をレンタルしている通信事業者です。実店舗もほぼないため人件費も最小限に抑えられますし、設備費用もキャリアより少ないことから、月額料金をキャリアより大幅に安くできます。

そんな格安SIMでは、iPhoneも格安SIMの独自キャンペーンを使って安く購入することが可能です。お得なキャンペーンを実施している格安SIMを見つけたら、下記手順で手続きを行いましょう。

1.格安SIMの公式ページにアクセスする
2.購入したいiPhoneを選択する
3.料金プランを選択する
4.個人情報や支払方法を入力し、契約を完了させる

iPhoneの取り扱いがある格安SIMの中で、おすすめの4社と、それぞれのオンラインショップで取り扱っているiPhoneを以下にまとめました。格安SIMでiPhoneの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

  • ワイモバイル
    iPhone 12 、 iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11
  • UQモバイル
    iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone SE(第2世代)、iPhone 7、iPhone XR(au認定中古品)、iPhone 8(au認定中古品)
  • OCN モバイル ONE
    iPhone 12 、 iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro 、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR
  • mineo
    iPhone 11、iPhone SE(第2世代)、iPhone XR、iPhone XS、iPhone 8(中古未使用品)

ワイモバイルとUQモバイルでは、最新のiPhone 12シリーズを購入できます。BIGLOBEモバイルはiPhone SE(第2世代)のみの取り扱いではありますが、端末還元キャンペーンがお得で実質負担額を半額近くまで抑えることができますよ。

iPhoneを格安SIMで運用する場合について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

まとめ

iPhoneは定価が他の機種よりも高くなっていますが、以下のキャリア独自のキャンペーンを利用することで、少しでも安く購入できます。

【各キャリアのキャンペーン】

キャリア名 キャンペーン名
ドコモ ・スマホおかえしプログラム
・下取りプログラム
・他社から乗り換えで最大22,000円割引
au ・下取りプログラム
・かえトクプログラム
・au Online Shop お得割
ソフトバンク ・トクするサポート+
・下取りプログラム
・【オンライン限定】Web割
楽天モバイル ・iPhone超トクのりかえ

このほかにもApple Storeで自身で購入し、別途格安SIMで利用する。もしくは、格安SIMを契約する際にセット購入をするといった方法もあります。

最新のiPhoneをお得に購入したい方や自分に合ったプランを選びたい方、安定した通信速度で利用したい方は、大手キャリアを積極的に検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました