iPhone 12をお得に購入するには? 最新のキャンペーンや機種変更までの流れなど徹底解説

iPhone 12 機種変更 iPhone
iPhone 12をお得に購入するには?

2020年秋に販売された「iPhone 12」。旧iPhoneシリーズからiPhone 12への機種変更を悩まれている方も多いのではないでしょうか。

iPhone 12への機種変更をおすすめする理由は、以下の2点です。

  • iPhoneシリーズ初の5G対応
  • 性能が向上!

iPhone端末同士であれば、クイックスタートでスムーズにデータ移行ができます。ほとんどすべてのデータを移行できますので、iPhoneユーザーなら機種変更後、すぐにiPhone 12が使えるようになりますよ。

今回は、iPhone 12への機種変更をおすすめする理由や、データ移行の方法、各キャリアのお得なキャンペーンなどを徹底解説します。

この記事を書いた人
モバレコ 編集部

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をモットウに日々コンテンツ情報を届けている、スマホ・格安SIMの総合情報サイト「Mobareco-モバレコ」の運営者。マイナビニュースでも、毎日使うスマホについて快適に使えるようにユーザー目線に沿った情報発信を目指していきます。

モバレコ 編集部をフォローする

新型iPhone 13 シリーズ発売中

新型iPhone 13 シリーズ

各キャリアでキャンペーン実施中!

新型iPhone 13 シリーズの予約・購入は
オンラインショップをチェック!

型落ちのiPhoneのセット購入なら
Y!mobile・UQ mobileがお得!
Y!mobileがiPhone 12
緊急値下げ中!
 -

【キャリア別】iPhone 12へ機種変更する際の価格とお得なキャンペーン

ドコモ・au・ソフトバンクで、iPhone 12への機種変更をする場合の金額、そしてお得に購入するためのキャンペーンについてご紹介します。

【iPhone 12 販売価格】

※横にスクロールできます。

ドコモ au ソフトバンク
64GB 101,376円
(67,584円)
103,430円
(49,930円)
110,880円
(55,440円)
128GB 109,296円
(72,864円)
108,260円
(52,000円)
116,640円
(58,320円)
256G 123,552円
(82,368円)
122,435円
(59,935円)
131,040円
(65,520円)

※価格は税込
※()内はキャンペーン適用時

価格設定はキャリアによって様々です。お得に機種変更をするのであれば、ほかのキャリアの価格もひととおり確認しておきましょう。

ドコモなら「スマホおかえしプログラム」の利用がおすすめ

ドコモでiPhone 12へ機種変更するのであれば、「スマホおかえしプログラム」を利用すると端末代を安くできます。

スマホおかえしプログラムとは、36回払いで購入したiPhone 12を、24ヶ月目にドコモに返却をすれば、残り12回の支払いが免除されるというものです。

スマホおかえしプログラムを適用させた場合、iPhone 12を33,792円~41,184円も安く購入できます。

【スマホおかえしプログラムの適用条件】

  • 端末を36ヶ月分割で購入すること
  • 支払い開始月から24ヶ月目以降に端末をドコモに返却すること
  • ドコモへの料金支払いに延滞がないこと
  • 返却時までに水濡れ・画面割れなどがなく、ドコモの査定基準を満たしていること

ちなみに、他社から乗り換えと同時にiPhone 12へ機種変更する場合は、「5G WELCOME割」を併用できます。

5G WELCOME割では、他社から乗り換えるだけでiPhone 12が自動的に22,000円割引されますよ。

【ドコモ:iPhone 12購入価格】

正規価格 キャンペーン適用時価格
64GB 101,376円 67,584円
128GB 109,296円 72,864円
256G 123,552円 82,368円

※価格は税込
※キャンペーン適用時価格:スマホおかえしプログラム適用

ドコモオンラインショップ

ドコモでiPhone 12を購入する場合は、店頭よりもオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップからであれば、頭金や事務手数料が無料になるため、より安い金額で機種変更や乗り換えができます。

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

auなら「かえトクプログラム」と「5G機種変更おトク割」を併用しよう

auでiPhone 12に機種変更する場合は、「かえトクプログラム」「5G機種変更おトク割」を併用させましょう。

かえトクプログラムでは、24回払いで購入した端末を25ヶ月目にauへ返却することで、48,000円~57,000円も安くできます。

【かえトクプログラムの適用条件】

  • 分割払い(24回)で購入すること
  • 端末購入の25ヶ月目にauへ端末を返却し、機種変更すること
  • auへの料金支払いに延滞がないこと
  • 返却時までに水濡れ・画面割れなどがなく、auの査定基準を満たしていること

かえトクプログラムでは、端末料金が均等に月割りされるのでなく、定価から購入端末の下取り額を引いた額が23回分割されます。

下取り額は24回目の支払い額として設定されるため、25ヶ月目に端末を返却および機種変更を行えば、24回目の支払額が全額免除されるのです。

そのため、23回目までの支払額は低くなり、負担が少ないままスマホを購入できます。

また、auでiPhone 12へ機種変更を行う際は「5G機種変更おトク割」も併用可能です!

5G機種変更おトク割は、下記条件を満たすだけで対象端末が自動割引されるキャンペーンとなっています。

【5G機種変更おトク割の適用条件】

  • 12ヶ月以上利用したauスマホから機種変更を行うこと
  • 現在提供中の5Gプランを継続、または機種変更と同時に契約すること
  • 「故障紛失サポート with AppleCare Services」または「故障紛失サポート」を継続、または機種変更と同時に契約すること

上の条件を満たした場合、iPhone 12は5,500円引きになりますので、ぜひ利用してみてください。

【au:iPhone 12購入価格】

正規価格 キャンペーン適用時価格
64GB 103,430円 55,430円
128GB 108,260円 57,500円
256G 122,435円 65,435円

※価格は税込
※キャンペーン適用時価格:かえトクプログラム、5G機種変更おトク割適用

au Online Shop

他社からの乗り換え、かつau Online Shopでの申し込みの場合に限り、iPhone 12の本体金額が22,000円割引される「au Online Shop お得割」が適用できます。

他社からの乗り換えであれば、iPhone 12を最安33,430円~購入できますよ!

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

ソフトバンクなら「トクするサポート+」がおすすめ

ソフトバンクでiPhone 12を機種変更する際は「トクするサポート+」を利用することで、本体価格を実質半額にできます。

半額にするためには、iPhone 12を42回払いで購入し、25ヶ月目にソフトバンクへの返却および機種変更が必要です。

【トクするサポート+の適用条件】

  • 分割払い(48回)で購入すること
  • 端末購入の25ヶ月目にソフトバンクに端末を返却し、機種変更すること
  • ソフトバンクへの料金支払いに延滞がないこと
  • 返却時までに水濡れ・画面割れなどがなく、ソフトバンクの査定基準を満たしていること

ちなみに、トクするサポート+は25ヶ月より前に機種変更を行うことも可能です。その場合、定価から無料分(最大24回分)を引いた金額のうち、未払い分を一括払いすることになりますが、支払総額はお得なままなので安心です。

【ソフトバンク:iPhone 12購入価格】

正規価格 キャンペーン適用時価格
64GB 110,880円 55,440円
128GB 116,640円 58,320円
256G 131,040円 65,520円

※価格は税込

ソフトバンクオンラインショップ

他社から乗り換えと同時に機種変更をしたい方は、ソフトバンクオンラインショップを利用することで、「Web割」が適用されます。

Web割が適用されると、iPhone 12が自動的に21,600円も安くなるため、大変お得です。

ソフトバンクユーザーは、オンラインショップから機種変更を申し込んでもWeb割は適用されません。

しかし、乗り換えユーザーならWeb割とトクするサポート+を併用することで、iPhone 12を44,640円~購入できるようになりますので、ぜひ活用してください!

新型iPhone 13
の予約・購入はこちら

iPhone 12への機種変更をおすすめする2つの理由

iPhone 12への機種変更をおすすめ
iPhone 12への機種変更をおすすめ
(引用元:ソフトバンク

iPhone 12への機種変更をおすすめする理由は2つ。

  • iPhoneシリーズ初の5G対応
  • 性能が向上!

それぞれ解説していきましょう。

①iPhoneシリーズ初の5G対応

「5G」とは、スマホなどでの通信に使われる、モバイル通信システムの第5世代のことです。

理論上ですが、今までの「4G」回線と比べると20倍、最大20Gbpsの速度が出ることになり、遅延の程度も10分の1まで低減します。

これにより、映画など映像のダウンロードにかかる時間が圧倒的に早くなり、アクションゲームなど一瞬の遅延が大きな障害になる用途にも耐えられるようになります。

また今後、5Gになることで今までには考えられなかったような新しいサービスが開発されるかもしれません。

②性能が向上!

iPhone 12は最新機種であるため、Phone 11と比べると、以下の項目で性能が向上しています。

  • 通信システム
  • カメラ
  • ディスプレイ
  • プロセッサー

中でも、通信システムが5Gに対応した点と、処理速度が1.5倍にもなったプロセッサーはiPhone 12の大きな進化点です!

具体的な性能の向上については事項で詳しく解説していますので、引き続きご覧ください。

iPhone 11からiPhone 12へ機種変更するとどう変わる?

機種変更するとどう変わる?
機種変更するとどう変わる?
(引用元:au

iPhone 11からiPhone 12になったことで、以下の点に変化がありました。

【iPhone 12にすると変わること】

  • 3種類から4種類のラインナップへ増えた
    →サイズなど自分に合った端末を選択できる
  • iPad Proを小型化したようなデザイン
    →直線的でシャープなデザイン
  • iPhoneシリーズ初の5G対応
    →かつてない高速通信が可能
  • ナイトモードの質が向上したカメラ
    →暗所でも綺麗な写真が撮れる
  • 発色が良く省エネなディスプレイ
    →動画や写真をより美しく楽しめる
  • 処理速度が約1.5倍向上したプロセッサー
    →アプリなどの処理がサクサク進む

ここでは、上記6つの変化について解説していきます。

iPhone 12シリーズのスペックは下記表にまとめていますので、こちらもあわせてご覧下さい。

【iPhone 12シリーズのスペック比較表】

※横にスクロールできます。

iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
容量 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
5G 対応 対応 対応 対応
バッテリー ビデオ再生で最大15時間 ビデオ再生で最大17時間 ビデオ再生で最大17時間 ビデオ再生で最大20時間
ワイヤレス充電 対応 対応 対応 対応
カメラ 12MP超広角
広角
12MP超広角
広角
Pro 12MP超広角
広角
望遠
Pro 12MP超広角
広角
望遠
LiDARスキャナ なし なし あり あり
認証 Face ID Face ID Face ID Face ID
本体サイズ 131.5×64.2×7.4mm 146.7×71.5×7.4mm 146.7×71.5×7.4mm 160.8×78.1×7.4mm
重量 133g 162g 187g 226g
カラーバリエーション ブルー
グリーン
(PRODUCT)レッド
ホワイト
ブラック
パープル
ブルー
グリーン
(PRODUCT)レッド
ホワイト
ブラック
パープル
パシフィック・ブルー
ゴールド
グラファイト
シルバー
パシフィック・ブルー
ゴールド
グラファイト
シルバー

3種類から4種類のラインナップへ増えた

iPhone 12シリーズのラインナップは以下の4種類です。iPhone 11のラインナップより小さい「mini」が追加されたことになります。

【ラインナップ】

iPhone 12シリーズ iPhone 11シリーズ
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

iPhone 12になったことで選択肢は増えましたが、各機種ごとの違いはわずかです。特徴と価格を考慮したうえで、自分に合った機種を選択しましょう。

iPad Proを小型化したようなデザイン

小型化したようなデザイン
(引用元:ドコモ

iPhone 12は、側面が直線的なiPad Proを小型化したようなデザインで、曲面的なiPhone 11と比べてシャープな印象です。

また、カラーバリエーションには今までにはない「ブルー」が登場。明るいカラーとしては「グリーン」「(PRODUCT)レッド」「パープル」がiPhone 11から継続して採用されています。

iPhoneシリーズ初の5G対応

iPhone 12シリーズはすべてのモデルで「5G」回線に対応となりました。5Gとは、現状もっとも新しい第5世代のモバイル通信システムです。

従来の4Gと比べ、最大毒度は20倍の20Gbpsまで倍増、遅延は10分の1まで低減しています。5Gが利用できると、動画の再生やアプリのダウンロードなど、これまでの操作がより高速になることはもちろん、超高速通信が可能になったからこそ、まったく新しいサービスが期待できるでしょう。

ナイトモードの質が向上したカメラ

ナイトモードの質が向上したカメラ
(引用元:ドコモiPhone 12ドコモiPhone 11

iPhone 12になることで、超広角レンズでもナイトモード撮影ができるようになりました。

また、iPhone 11のころからナイトモードを使えていた広角レンズは、iPhone 12になることで光の取り込み量が27%も向上し、暗い場所でも明るい場所でもより鮮やかな写真を撮影可能です。

また、iPhone 12 Pro とiPhone 12 Pro Maxの上位機種では、アウトカメラに「LiDARスキャナ」を搭載。

LiDARスキャナはカメラを向けた先の空間を測定するセンサーのことで、オートフォーカスの高速化、ポートレートモードのクオリティが向上し、より被写体を瞬時にとらえ、鮮明に写せます。

発色が良く省エネなディスプレイ

iPhone 12では、新型のディスプレイ「Super Retina XDRディスプレイ」を搭載しており、より鮮やかな発色かつ消費電力を抑えた描画が可能になりました。

新ディスプレイのコントラスト比は、iPhone11の「1,400:1」と比べ、なんと桁違いの「2,000,000:1」となっており、黒はより漆黒に、明るさはより一段と明るくなっています。

新ディスプレイのコントラスト
新ディスプレイのコントラスト
(引用元:ドコモ

また、iPhone 12のディスプレイサイズは6.1インチとなっており、iPhone 11と同じサイズです。iPhone 12シリーズのなかではiPhone 12 Proと同サイズで、中間のサイズ感です。

処理速度が約1.5倍向上したプロセッサー

iPhone 12シリーズのプロセッサーは、すべて共通で最新の「A14 Bionicチップ」を搭載。

iPhone 11シリーズの「A13 Bionicチップ」と比べると1.5倍の処理能力を有しています。「11兆の演算処理を1秒で」とAppleが表現するように、マルチタスクでの作業、アプリのスムーズさ、ARクオリティの向上や写真の画像処理などのパフォーマンスが向上したといえるでしょう。

そのほかの機能

iPhone 12になることで向上した性能はほかにもたくさんあり、主なものだけでも、以下のような性能があります。

【そのほか性能が向上した機能】

  • 強度
    →Ceramic Shield素材と本体デザインで4倍の耐落下性能
  • 防沫・耐水・防塵性能
    →最大浸水2mから6mに
  • フロントカメラ
    →ナイトモード撮影に対応
  • ビデオ撮影
    →Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
  • アクセサリ・ワイヤレス充電
    →MagSafeでぴったりくっつく

このように、iPhone 12は従来モデルより多くの面で進化していますので、より高性能なiPhoneを使用したい方は、ぜひiPhone 12へ機種変更を行いましょう!

iPhone 12へ機種変更するまでの流れ

機種変更するまでの流れ
機種変更するまでの流れ

最後に、iPhone 12へ機種変更するまでの流れをバックアップのとり方、復元のやり方を中心に解説していきます。

バックアップの方法にはいくつかのパターンがあるため、自身にあった方法を選択しましょう。

機種変更前のバックアップ方法

バックアップをとる方法は以下3つです。

【バックアップをとる方法】

  • クイックスタートを使う方法(iPhoneユーザーならおすすめ)
    →iOS 12.4以降のiPhoneの場合:iPhone同士をかざすだけ
  • クラウド経由でデータ移行をする方法
    →クイックスタートが使えないiPhone、またはAndroidスマホかつパソコンがない場合:iCloudやGoogle ドライブで移行する
  • パソコンでデータ移行をする方法
    →クイックスタートが使えないiPhone、またはAndroidスマホかつパソコンがある場合:パソコンに取り込んだスマホのデータを、パソコンとiPhone 12を接続し、移行する

iPhoneユーザーならクイックスタートがおすすめ

iOS 12.4以降のiPhoneからの機種変更であれば、圧倒的に「クイックスタート」を使ってのデータ移行がおすすめです。

そもそもバックアップをとる必要がなく、古いiPhoneからiPhone 12へそのままデータを移行できます。

最新バージョンまでアップデートをしていれば、基本的にiPhone 6以降の機種はクイックスタートが使えます。

【クイックスタートの手順】

  1. 古いiPhoneをWi-Fiに接続する
  2. 初期セットアップをしていないiPhone 12の電源を入れる(セットアップ済の場合は初期化が必要)
  3. 古いiPhoneに「新しいiPhoneの設定」が表示される
  4. iPhone 12の画面に表示されるアニメーションを古いiPhoneのカメラで読み込む
  5. iPhone 12の画面に古いiPhoneのパスコードを入力する
  6. iPhone 12の初期セットアップを完了させる
  7. データ転送開始、終了まで待機する(数分〜数十分程度)

以上の手順でデータ移行が完了です。

クラウド経由でデータ移行をする

クイックスタートが使えないiPhone、またはAndroidスマホからの機種変更、かつパソコンがない状況の場合はクラウドサービスを使ってデータ移行ができます。

クラウドサービスは複数ありますが、iPhoneではiCloud、AndroidスマホではGoogleアカウントを使ったGoogle ドライブでの移行がおすすめです。

クラウド経由の場合、古い端末でバックアップしたいデータを各種クラウドサービスにアップロードします。アップロード完了後はiPhone 12に同じアカウントを登録し、ダウンロードすることでデータ移行は完了します。

【iCloudでの手順】

  1. 古いiPhoneの「設定」を開き、「ユーザー名」をタップ
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 画面下部「iCloudバックアップ」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をオンにする
  5. 「OK」をタップし、しばらく待つ
  6. 表示される「今すぐバックアップを作成」をタップ
iCloud移行手順
iCloud移行手順
(引用元:Apple
iCloud移行手順
iCloud移行手順
(引用元:Apple

【Google ドライブでの手順】

  1. Google ドライブアプリをインストール
  2. Google ドライブを開く
  3. 画面右下「+」をタップ
  4. 「アップロード」をタップ
  5. バックアップをとりたいデータを選択する

また、各キャリアからもバックアップサービスが提供されているため、そちらを使っても同様に移行できます。

【キャリアのバックアップサービス】

クラウドサービスでデータ移行をする場合、大量のデータをアップロード・ダウンロードするため、Wi-Fi環境下での作業がおすすめです。

ただし、カフェや街中などの公共Wi-Fiでの作業はセキュリティに脆弱性があり、第三者にデータを盗まれてしまう可能性も否めないため、できれば避けるようにしましょう。

パソコンでデータ移行をする

パソコンをお持ちの方は、パソコンを経由したデータ移行が可能です。ただし、移行元がiPhoneの場合は「iTunes」で全データを取り込めますが、Androidの場合は、ひとつひとつデータをピックアップして保存する必要があり、手間がかかります。

また、Androidでは写真や動画、音楽ファイルなどしかバックアップがとれず、連絡先などはバックアップが取れない点は要注意です。

【移行元がiPhoneの場合】

  1. パソコンにiTunesをインストールし起動する
  2. 古いiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続
  3. iPhoneの表示から「信頼」をタップ
  4. iTunesのメニューに表示される「iPhone」を選択
  5. バックアップの項目から「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択
  6. 「今すぐバックアップを作成」を選択
移行手順パソコンの場合
移行手順パソコンの場合
(引用元:Apple

【移行元がAndroidの場合】

  1. パソコンとスマホをUSBケーブルで接続する
  2. 「エクスプローラー(Windows)」または「Finder(Mac)」でスマホのファイルを探す
  3. 目的のファイルをコピーし、パソコンの任意の場所に貼り付ける

【注意】自分でデータ移行が必要な場合もある

特定のアプリ内データなどには、独自にバックアップをとらなくてはならないものもあります。

例えばLINEのトーク履歴やゲームのセーブデータなどは、それぞれのアプリ内で操作が必要です。事前に独自バックアップが必要なアプリがないか確認しておきましょう。

バックアップデータを新しいiPhoneに移行する方法

iPhone 12にバックアップデータを復元する方法は以下の3つです。

【バックアップを復元方法】

  • クイックスタートを利用する方法
    →iPhone同士をかざすだけ
  • クラウド経由でデータ移行をする方法
    →バックアップをとったApple IDやGoogleアカウントをiPhone 12に登録する
  • パソコンを経由してデータ移行をする方法
    →パソコンとiPhone 12を接続しパソコンの操作で復元する

クイックスタートを利用する

クイックスタートでは、iPhone同士をかざすだけでデータが移行されるため、復元の操作は必要ありません。

クラウド経由でデータ移行をする

クラウドサービスを経由する場合は、バックアップをとったApple IDやGoogleアカウントを、iPhone 12に登録しておこないます。

Apple IDからの復元の場合は初期セットアップの状態からおこなうため、一度セットアップが終わっている場合は初期化が必要です。

【iCloudでの手順】

  1. iPhone 12の電源を入れる
  2. 初期セットアップの「Appとデータ」の項目で「iCloudバックアップから復元」を選択
  3. バックアップをとったときのApple IDでサインイン
  4. 復元するデータを選択(複数ある場合は日付から判別)
iCloud移行手順
iCloud移行手順
(引用元:Apple

【Google ドライブでの手順】

  1. Google ドライブアプリをiPhone 12にインストール
  2. Google ドライブを開く
  3. バックアップをとったGoogleアカウントでサインイン
  4. 表示されるデータから復元したいものの「︙」をタップ
  5. 「ダウンロード」をタップ

パソコンを経由してデータ移行をする

パソコンを経由したバックアップデータの復元は、バックアップとった方法が「iTunes」であるか、パソコンに直接保存したかで異なります。

【iTunesでバックアップをとった場合】

  1. iTunesを開く
  2. iPhone 12とパソコンをUSBケーブルで接続
  3. iPhone 12の表示から「信頼」をタップ
  4. iTunesのメニューに表示される「iPhone」を選択
  5. バックアップの項目から「バックアップを復元」を選択
  6. 復元するデータを選択(複数ある場合は日付から判別)
  7. 「復元」を選択
iTunesでバックアップをとった場合
iTunesでバックアップをとった場合
(引用元:Apple

【移行元がAndroidの場合】

  1. iTunesをインストール
  2. iPhone 12とスマホをUSBケーブルで接続する
  3. iPhone 12の表示から「信頼」をタップ
  4. iTunesのメニューに表示される「iPhone」を選択
  5. 「同期」を選択し、保存したデータを復元する

まとめ

新しく発売された「iPhone 12」のおすすめポイントは以下の2つです。

【iPhone 12のおすすめポイント】

  • iPhoneシリーズ初の5G対応
  • 最性能が向上!

iPhone 11からiPhone 12に機種変更することで、主に以下のような点でのメリットがありますよ。

【iPhone 12にすると変わること】

  • 3種類から4種類へラインナップが増えた
  • iPad Proを小型化したようなデザイン
  • iPhoneシリーズ初の5G対応
  • ナイトモードの質が向上したカメラ
  • 発色が良く省エネなディスプレイ
  • 処理速度が約1.5倍向上したプロセッサー

また、ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアでiPhone 12を購入すれば、端末購入サポートや乗り換えキャンペーンを使うことができ、数万円お得に購入できます。

古い端末から、iPhone 12にデータを移行する方法は「クイックスタート」「クラウドサービスを経由」「パソコンを経由」の3種類ありますが、iPhone同士であればクイックスタートが圧倒的におすすめです。

本記事を参考に、ご自身に合った方法で、iPhone 12への機種変更およびデータ移行をおこなってくださいね!

Apple
iPhone 12
シリーズ

端末のご購入はこちら

iijmio

タイトルとURLをコピーしました