アプレッソ、自社サイトの構築・運用にNORENを採用 - 閲覧性を大幅に向上 [事例]

[2016/07/20 19:35] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

Webサイト関連ソフトウェアの販売や導入支援サービスなどを主な事業とするのれんは7月20日、同社が提供するWebコンテンツ・マネジメント・システム「NOREN Content Server(以下、NOREN)」がアプレッソのWebサイト構築・運用基盤に採用されたと発表した。

アプレッソでは、自社サイト上で展開する製品紹介において、製品ごとのページレイアウトに一貫性がないことや、コンテンツ更新に時間がかかることなどを課題視し、Webサイトの刷新を決定。サイトの構築・運用基盤として、NORENと、そのオプションでコンテンツ登録をサポートするクイックスタートキット「陣」を採用するに至った。

NORENを導入してリニューアルされたWebサイトでは、ナビゲーションとインタフェースが統一され、サイト来訪者が製品情報を閲覧しやすいようになったほか、レスポンシブデザインを実現。また、社内リソースによるタイムリーな情報更新も可能になったという。

アプレッソでは今後、検索エンジンでのサイト順位の向上(SEO対策)や、アクセス増加に向けた改善を行っていくとしている。

関連リンク

1653
2
アプレッソ、自社サイトの構築・運用にNORENを採用 - 閲覧性を大幅に向上 [事例]
Webサイト関連ソフトウェアの販売や導入支援サービスなどを主な事業とするのれんは7月20日、同社が提供するWebコンテンツ・マネジメント・システム「NOREN Content Server(以下、NOREN)」がアプレッソのWebサイト構築・運用基盤に採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
Webサイト関連ソフトウェアの販売や導入支援サービスなどを主な事業とするのれんは7月20日、同社が提供するWebコンテンツ・マネジメント・システム「NOREN Content Server(以下、NOREN)」がアプレッソのWebサイト構築・運用基盤に採用されたと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る