「サーバ」関連記事一覧

463 件中 1~20件目を表示中

データベースのクロール

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [17] データベースのクロール

今回はデータベースに格納されたデータをクロールして検索する方法を紹介します。データベースからSQLでデータを取得することはできますが、言語処理が必要な条件で検索するような場合は、Fessを利用することで効率的にデータベース内のデータを検索することが可能です。

開発ソフトウェア

進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Code+WSL

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [200] 進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Code+WSL

WSLの登場でWindowsにおけるLinuxソフトウエア開発のスタイルが変わりつつある。WSLの最大の特徴はWindowsとLinuxとのシームレスな統合にある。この機能を利用すると、Windowsであり、かつWindowsのアプリケーションを使いながら、Linuxサーバ向けのソフトウエアを開発することができる。

サーバ/ストレージ

進むWindowsのLinux化 - WSL2

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [199] 進むWindowsのLinux化 - WSL2

Microsoftは、WSL1とは全く異なる仕組みを使うWSL2の開発に取り掛かった。Microsoftは「Hyper-V」というハイパーバイザ技術を保有しており、この技術を使うことでx86-64システムで仮想マシンを実行することができる。WSL2では、これを利用し、Linuxカーネルを仮想環境で実行することでWSL1の問題を解決しようとしている。

サーバ/ストレージ

進むWindowsのLinux化 - WSL1

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [198] 進むWindowsのLinux化 - WSL1

MicrosoftがWindowsにLinuxを取り込む直接のきっかけになったのがWSLだ。WSLはWindows Subsystem for Linuxの略称で、WindowsでLinuxバイナリを実行する機能である。WSLは現在、まったく仕組みの異なる新しいバージョンの開発が進められており、この最初のバージョンのWSLは開発中のバージョンと区別するために「WSL1」と呼ばれることも増えている。

サーバ/ストレージ

進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [197] 進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal

WindowsでLinuxを利用するための環境は、この3年間で急速に進化した。最近では、WSLを使ってLinuxアプリケーションを開発するというのがトレンドになりつつある。この辺りの流れは動きが早く、少し目を離すと状況がわからなくなってしまう。そこで、今回からは数回に渡り、WindowsでLinuxを利用するための環境について現状をまとめておきたい。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その15)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [195] 運用環境 シェル(その15)

ログファイルをそのまま使うのは意外と面倒だ。最終的には、問題を発見したらメールで担当者に通知したり、HTMLファイルに加工出力してWebブラウザから確認できるようにしたりしておくのがよいだろう。今回は、前回作成したシェルスクリプトを加工して、出力をHTML形式にしてみよう。

サーバ/ストレージ

業務サーバから個人情報やクレジットカード番号を検出! 求められるのはLinux上で稼動する日本語対応の個人情報ファイル検出ツール

【特別企画】業務サーバから個人情報やクレジットカード番号を検出! 求められるのはLinux上で稼動する日本語対応の個人情報ファイル検出ツール

情報漏えいによってもたらされる損害は、企業の存続に関わるほどのリスク。多くの企業がLinuxサーバーで業務システムを運用しているが、サーバー/ストレージ内にある個人情報ファイルを検出・管理しようにも日本語に対応した製品が少ないのが現状だ。

セキュリティ

クラウドサービスの運用基盤に採用される「IPファブリック」導入・運用の最適解

【特別企画】クラウドサービスの運用基盤に採用される「IPファブリック」導入・運用の最適解

いま、クラウドサービスの提供基盤「サーバファームネットワーク」の変革が進んでいる。従来のアーキテクチャはEast-Westトラフィックの処理が難しく、運用管理が煩雑化するといった問題を抱えていたが、そこで注目したいのが「IPファブリック」だ。

サーバ

運用環境 シェル(その14)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [194] 運用環境 シェル(その14)

前回はsshdのログファイルを解析して不正ログインを試みてきたユーザー名とIPアドレスを閲覧表示するシェルスクリプトを作成した。今回はこのスクリプトにさらに手を加えて、日付ごとに不正アクセス元IPアドレスとその記録回数をグラフにして出力するスクリプトに変更する。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その13)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [193] 運用環境 シェル(その13)

前回までにシェルとシェルスクリプトについては一通り説明を行った。今度は機能を使って実用的なシェルスクリプトを作ってみよう。

サーバ/ストレージ

教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

【特別企画】教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

文部科学省と総務省の実証事業「スマートスクール・プラットフォーム」は、「校務系システム」「授業・学習系システム」間の、安全かつ効果的・効率的な情報連携方法などについて実証し、標準化することが目的。今後、スマートスクールによるデータ活用が進めば、バックアップなどのデータ保護の重要性もより高まるだろう。

事業継続

運用環境 シェル(その12)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [192] 運用環境 シェル(その12)

シェルの基本的な機能に関する説明は今回で最後だ。最後に取り上げるのは「組み込みコマンド」である。通常のコマンドのように振る舞うコマンドだが、実態はシェル内部で実装された機能で、具体的にはC言語の関数として実装されていることが多い。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その11)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [191] 運用環境 シェル(その11)

前回はパラメータ展開、コマンド置換、算術展開について取り上げた。これらの展開処理が行われた結果には複数の空白が含まれていることがあるが、結果がダブルクォーテーションで囲まれている場合と囲まれていない場合とで、周辺の挙動が異なってくる。今回はこの辺りについて説明しよう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その10)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [190] 運用環境 シェル(その10)

前回は、変数とパラメータについて紹介した。シェルの変数はただ値を代入するだけではなく、その変数を利用するときに変数の値を書き換えたり、値が設定されていなかったりした場合にデフォルト値を設定するといったことができる。「パラメータ展開」と呼ばれることが多い機能だ。今回はこの辺りの機能を紹介する。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その9)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [189] 運用環境 シェル(その9)

シェルは変数の機能を提供している。シェルスクリプトを組むようになると、変数はかなり必須に近い機能になってくる。シェルには、あらかじめシェルによって用意される変数がいくつかあり、それらは「パラメータ」と呼ばれる。今回は、このパラメータについて取り上げたい。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [188] 運用環境 シェル(その8)

前回はコマンドのシーケンスが「リスト」と呼ばれていることを説明した。リストはさらに演算子やコンストラクタによってより複雑な構造を取ることがある。今回はこの辺りについて解説しよう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その7)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [187] 運用環境 シェル(その7)

前回は「複雑なコマンド」の中からパイプラインについて説明した。パイプラインでは複数のコマンド(プロセス)が同時に実行され、マルチコアを有効的に利用することができるため、まずはマスターしておきたい機能だ。続く今回は、同じく「複雑なコマンド」の中からリストと関数定義について取り上げる。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [186] 運用環境 シェル(その6)

これまではコマンドとして単一のコマンドが実行されることを想定して説明を行ってきたが、実際にはパイプラインでつながれたコマンドであったり、制御演算子を使って組み合わされたコマンドであったりと、複数のコマンドが1つのまとまりになっていることがある。今回はこうした複雑なコマンドについて説明する。

サーバ/ストレージ

【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

【特別企画】【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

近年、ビジネスにおける競争はますます激しくなっている。市場や顧客に合わせて自社の体制を素早く変化させていかなければ、もはや生き残りは難しい。企業のITシステムにも柔軟でスピーディーな変化が求められるが、その際に障害となるのが、旧来のまま運用されているサーバー・ストレージ・スイッチからなる3階層モデルの仮想化ITインフラだ。3階層モデルは、下記の課題を抱えているためビジネスニーズに合わせたスムーズな取り組みが難しい。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [185] 運用環境 シェル(その5)

シェルは「コマンドを実行する」というのが最も基本的な使い方であり、シェル関数や組み込みコマンドなども実行することができる。今回はこのシェルについて説明していこう。

サーバ/ストレージ

463 件中 1~20件目を表示中

463 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る