マイナビニュースマイナビ

「サーバ」関連記事一覧

626 件中 1~20件目を表示中

MSYS2で行く - WSL2と共に行く

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [308] MSYS2で行く - WSL2と共に行く

本連載えは、WindowsでLinuxのコマンドを実行する方法として「MSYS2」と「WSL2」という2つの方法を取り上げてきた。どちらも実現するために使っている技術が異なっており、特性も異なる。「衝突する技術」というよりも、「補完し合う技術」と捉えておくと良いだろう。

サーバ/ストレージ

Microsoft Teamsのクロール

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [41] Microsoft Teamsのクロール

今回は、MicrosoftのクラウドID基盤「Azure Active Directory (Azure AD)」を使ったSSO環境で、Microsoft Teams内に作成されたチャネルでの会話をクロールして検索する方法を紹介します。

業務アプリケーション

MSYS2で行く - WSL2との違い「WSL2の親和性を引き上げる設定」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [307] MSYS2で行く - WSL2との違い「WSL2の親和性を引き上げる設定」

Windowsとの親和性という面ではWSL2よりもMSYS2に軍配が上がる。Linuxを日常使いしているほど感じやすいのだが、ちょっとした部分でWSL2はイラッとすることがある。ただし、インタラクティブシェルとしてPowerShell 7を使っているのであれば、設定である程度WSL2の親和性を引き上げることができる。

サーバ/ストレージ

MSYS2で行く- WSL2との違い「親和性」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [306] MSYS2で行く- WSL2との違い「親和性」

前回までに説明してきたように、MSYS2とWSL2はいずれも「LinuxのコマンドをWindowsで実行する」ことができるが、両者は採用している仕組みが全く異なり、その性能にも大きな違いがある。今回は、この2つの技術の違いとして、Windowsとの親和性について説明する。

サーバ/ストレージ

MSYS2で行く - WSL2との違い「メモリ消費が多い理由」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [304] MSYS2で行く - WSL2との違い「メモリ消費が多い理由」

UNIX系のOSはシステム全体でパフォーマンスを最大化するために、メモリに余剰が見られると、可能な限りディスクキャッシュを作ろうとする。これはデフォルトの挙動であり、LinuxをはじめUNIX系OSの多くがこうした挙動をとる。今回はこの辺りについて説明しよう。

サーバ/ストレージ

各種機能の設定方法(ドキュメントブースト、関連コンテンツ、関連クエリー)

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [40] 各種機能の設定方法(ドキュメントブースト、関連コンテンツ、関連クエリー)

今回は、検索結果の改善などに利用することができる「ドキュメントブースト機能」「関連コンテンツ機能」「関連クエリー機能」の設定方法について説明します。なお、以降の解説ではFess 13.13.1を利用しています。

業務アプリケーション

MSYS2で行く - PowerShellと仲良しになる

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [299] MSYS2で行く - PowerShellと仲良しになる

Windows 11ではWindows Terminalがデフォルトのターミナルアプリケーションとなり、PowerShell 7がデフォルトのシェルになる。当然、MSYS2はこの環境で使うというのがデフォルトになるはずだ。しかし、MSYS2コマンドのいくつかはPowerShellと衝突するため、使い勝手の悪いところがある。今回はこの部分を調整する方法を取り上げる。

サーバ/ストレージ

MSYS2で行く - 複数のプラットフォームが一体化

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [298] MSYS2で行く - 複数のプラットフォームが一体化

MSYS2は単純なLinuxコマンド環境ではなく、あくまでもソフトウエア開発のためのプラットフォームという側面が強い。そのため、Linuxのコマンドだけを使いたい場合には少々理解しにくい構造になっている部分がある。今回は、その辺りについて説明しよう。

サーバ/ストレージ

MSYS2で行く - アプリのインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [297] MSYS2で行く - アプリのインストール

前回、WindowsでLinuxコマンドを実行する方法として「MSYS2」を使う方法を取り上げた。今回はこのMSYS2の基本的な使い方を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

MSYS2で行く

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [296] MSYS2で行く

MSYS2は、Windows上でLinuxで使われているようなライブラリを使って、Windowsでネイティブに動作するソフトウエアを開発するためのプラットフォームと位置付けられている。これを実現するために、Windows上でネイティブに動作するLinuxのコマンド群を提供しているため、Linux環境の代わりとしても使うことができる。LinuxユーザーにもWindows開発者にもお薦めできるプラットフォームだ。

サーバ/ストレージ

各種機能の設定方法(パスマッピング、リクエストヘッダー、重複ホスト)

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [39] 各種機能の設定方法(パスマッピング、リクエストヘッダー、重複ホスト)

今回紹介するのは、「パスマッピング」「リクエストヘッダー」「重複ホスト」の3つの機能の設定方法です。これらの機能は、クロール時や検索結果の表示時、ちょっとした調整をしたい場合に活躍してくれます。

業務アプリケーション

Windowsのパッケージ管理システム「Winget」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [295] Windowsのパッケージ管理システム「Winget」

今年5月、Microsoftが「Windows Package Manager 1.0」という公式のパッケージ管理システムを公開した。まだインストール可能なソフトウエアの数は限定されているが、これから公式なインストール方法として広く使われていく可能性が高い。Linux管理者としても、Windowsのこの新しいパッケージ管理システムは使えるようになっておいたほうが良いだろう。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxのセットアップが本当に簡単になった

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [294] Windows 10でLinuxのセットアップが本当に簡単になった

Microsoftは2021年7月、Windows 10におけるLinux導入をコマンド一発で行えるようにすると発表した。2021年8月のWindows Updateで導入するという話になっていたので早速確認してみた。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う方法が簡単になる

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [293] Windows 10でLinuxを使う方法が簡単になる

先日、MicrosoftからWindows 10におけるLinuxの状況を改善するという発表が行われた。MicrosoftはWindows 10においてもWindows 11と同レベルの簡単さでLinuxを使えるようにするようだ。Linuxユーザーとしては嬉しいニュースである。今回はこの辺りについて説明しよう。

サーバ/ストレージ

各種機能の設定方法(ラベル、キーマッチ)

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [38] 各種機能の設定方法(ラベル、キーマッチ)

Fessには全文検索に関するさまざまな設定があります。そのなかから今回は、ラベル機能とキーマッチ機能の設定方法について説明します。

業務アプリケーション

Windows 11でLinux GUIアプリケーションを使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [290] Windows 11でLinux GUIアプリケーションを使う

先日、Microsoftから「Windows 11」が発表された。Windows 11開発版ではWSL2の機能がデフォルトで有効化され、Linux GUIアプリケーションも動作するようになっている。もしかするとWindows 11は、来年以降にLinuxを使う際の代表的なプラットフォームとして認識されるようになるかもしれない。

サーバ/ストレージ

zshを使う - 便利ショートカットキーまとめ

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [289] zshを使う - 便利ショートカットキーまとめ

Linuxディストリビューションで標準的に採用されているインタラクティブシェルは「bash」だ。bashを使いこなす1つのポイントはショートカットキーにある。以前、WindowsやMacでよく使われるショートカットキーに似た使い勝手になるようにbashのショートカットキーを設定した。今回、このショートカットキーをzshでも実現する設定を作成した。

サーバ/ストレージ

zshを使う - bashのショートカットキー設定をzshで実現する(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [288] zshを使う - bashのショートカットキー設定をzshで実現する(その2)

今回は、bashのショートカットキーをzshに対応させたもののうち、前回取り上げきれなかったものをまとめておく。bashとzshでは全ての機能が1対1で対応しているわけではないので、いくつかの機能はzshでは使うことができない。本連載ではbashをベースにまとめているので、まずはbashベースでショートカットキーをまとめておこう。

サーバ/ストレージ

zshを使う - bashのショートカットキー設定をzshで実現する(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [287] zshを使う - bashのショートカットキー設定をzshで実現する(その1)

今回からは、bashの解説でまとめたショートカットキーをzshで実現していく。同じショートカットキーが使えれば、bashでもzshでもほぼ同じ感覚で利用できるようになる。また、環境によってはbashがなく、zshしか使えないこともあるので、設定方法を知っておいて損はないはずだ。

サーバ/ストレージ

zshを使う - ショートカットキーの読み方

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [286] zshを使う - ショートカットキーの読み方

前回までにbashで使える便利なショートカットキーをまとめた。この流れで、zshについても同じショートカットキーを使えるようにしていきたい。Linuxを使っているときはbash、Macを使っているときはzshという違いが発生することがあるので、zshの挙動をbashに揃えておくと結構便利なのだ。

サーバ/ストレージ

626 件中 1~20件目を表示中

626 件中 1~20件目を表示中

ページの先頭に戻る