「サーバ」関連記事一覧

556 件中 1~20件目を表示中

Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [248] Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

メールやWebページにテキストベースのテーブルデータが掲載されているのを見たことはないだろうか。よくテキストデータだけでここまで綺麗に表として整えたものだと関心してしまう。手動で編集しているとすれば、さぞ大変だろう。しかし、Vimとvim-easy-alignプラグインを使うと整える作業が一発で完了する。今回はこのvim-easy-alignプラグインを紹介しよう。

サーバ/ストレージ

コマンドパレットを利用する(v1.3版)

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [36] コマンドパレットを利用する(v1.3版)

前回取り上げたコマンドパレットは、Windows Terminal 1.2の時点ではまだプレビュー扱いであり、機能的にはいろいろと不十分だ。次期バージョンではより完成されたコマンドパレットが搭載される予定であり、現在はプレビュー版で試すことができる。そこで今回はこのプレビュー版を使って、次期バージョンで利用可能になる予定のコマンドパレットの機能を紹介したい。

開発ソフトウェア

Azure ADでの認証方法

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [30] Azure ADでの認証方法

今回は、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」を使ったユーザー認証について紹介します。Azure ADで管理されているユーザーをFessにログインさせてみましょう。

業務アプリケーション

Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [247] Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

これまでCSVを扱うプラグインとして「chrisbra/csv.vim」を取り上げてきた。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。後は、利便性を引き上げるために自分向けの設定や、新しいカスタム機能の作成などを行うことになるだろう。今回と次回は、chrisbra/csv.vimの設定ファイルの書き方を説明していくので、参考にしていただきたい。

サーバ/ストレージ

コマンドパレットを利用する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [35] コマンドパレットを利用する

前回は、8月にリリースされたWindows Terminal 1.2のおもな新機能と、その使い方を紹介した。バージョン1.2には、前回取り上げたものに加えて、「コマンドパレット」と呼ばれる機能が追加されている。同機能では、Windows Terminalを操作するために使えるコマンドを一覧表示するほか、任意のコマンドを選択して実行することも可能だ。本稿では、このコマンドパレットの基本的な使い方や、設定のカスタマイズ方法について解説する。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [246] Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

chrisbra/csv.vimにはCSVデータをほかのフォーマットに変換するための機能が用意されている。通常、こうした変換はスクリプトやプログラムを組んで行うことが多いのだが、簡単なデータ変換であればchrisbra/csv.vimで済ませることができる。プログラミングが得意ではない方にとっては朗報と言える機能だ。

サーバ/ストレージ

バージョン1.2の新機能

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [34] バージョン1.2の新機能

Windows Terminalは、2020年5月の正式版リリースの際に、月に1回程度のマイナーアップデートを継続的に行う方針を発表している。8月には、2回目のバージョンアップとしてバージョン1.2がリリースされた。同バージョンでは、細かなバグ修正のほかに、新しいウィンドウモードや、新コマンドなどが追加されている。今回は、バージョン1.2で追加された主な新機能を紹介する。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(フィルタ編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [245] Vimを使う - CSVを使いこなす(フィルタ編)

今回はchrisbra/csv.vimの機能を使ったCSVデータのフィルタ操作を取り上げる。chrisbra/csv.vimにはフィルタと呼ばれる機能が用意されており、セルの値で表示を絞り込むことができるようになっている。CSVデータの分析などを行う場合に便利な機能なので、ぜひ扱い方をマスターしておきたい。

サーバ/ストレージ

SSH接続を利用する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [33] SSH接続を利用する

WSLやAzureサービスだけでなく、通常のSSH接続での作業にWindows Terminalを使うケースも少なくないだろう。日常的に利用するサーバへSSH接続するのに、わざわざPowerShellやWSL環境のLinuxからsshコマンドを入力するのはちょっと煩わしい。そんなときは、対象にサーバへのSSH接続用のプロファイルを作ってしまえばよい。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(編集編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [244] Vimを使う - CSVを使いこなす(編集編)

今回はchrisbra/csv.vimの機能を使ったCSVファイルの編集方法を取り上げる。CSVファイルを自分で作成する場合、Vimで編集するよりもプログラミング言語を使うかスプレッドシートアプリケーションを使ったほうが便利なケースが多いかもしれないが、chrisbra/csv.vimも基本的な編集機能は用意されているので、知っておいて損はないだろう。

サーバ/ストレージ

PowerShellでPowerlineを使う

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [32] PowerShellでPowerlineを使う

今回はPowerShell上でPowerlineを使って見た目をリッチにする方法を紹介する。ターミナルの見た目を整える方法についてはこれまでも何度か取り上げてきたが、Powerlineは特にプログラムのソースコードなどのリソース管理ツールである「Git」を使っている場合に威力を発揮するツールだ。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(比較編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [243] Vimを使う - CSVを使いこなす(比較編)

今回はchrisbra/csv.vimによるCSVファイルの表示と、Vimが提供する差分モードを使う方法を紹介する。Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどと比較してVimが抜きん出て便利になるのはこの差分モードを使うときではないかと思う。使ったことがないのであれば、ぜひ一度試してもらいたい機能だ。

サーバ/ストレージ

Vimを使う - CSVを使いこなす(分析編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [242] Vimを使う - CSVを使いこなす(分析編)

CSVのプラグインであるchrisbra/csv.vimにはCSVデータを分析するための基本的な機能がいくつか用意されている。その総数はスプレッドシートアプリケーションほど豊富ではないが、提供されている機能だけでもかなりのことができる。今回はこの操作方法を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

バージョン1.1の新機能紹介

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [31] バージョン1.1の新機能紹介

Windows Terminalは、2020年5月の正式版リリースの際、月に1回程度のマイナーアップデートを継続的に行うと発表した。本稿執筆時点では、7月にリリースされたバージョン1.1が最新版となっている。同バージョンでは、バグ修正のほかに、いくつかの新機能が追加されている。今回は、バージョン1.1から使えるようになった主な新機能を紹介する。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(移動編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [241] Vimを使う - CSVを使いこなす(移動編)

前回はCSVフォーマット用のプラグイン「chrisbra/csv.vim」を使ってCSVファイルを閲覧する方法を取り上げた。今回はこのプラグインを使ってCSVファイルのなかを移動する方法を紹介しよう。CSVファイルをよく編集するのであれば、基本スキルを習得した上でカスタマイズしておいてほしい。

サーバ/ストレージ

新しいコマンドラインツールを追加する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [30] 新しいコマンドラインツールを追加する

Windows Terminalには、デフォルトで利用できるコマンドラインツールとして「Windows PowerShell」と「コマンドプロンプト」、そして「Azure Cloud Shell」が用意されている。WSL(Windows Subsystem for Linux)を有効にしている場合は、UbuntuなどのWSL上のLinuxディストリビューションも自動で追加されている。今回は、ここに新しいコマンドラインツールを追加してみよう。

開発ソフトウェア

Dockerでの使い方

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [29] Dockerでの使い方

ソフトウエアを本運用する際、Docker上で運用するケースも増えてきたと思います。FessもDockerで簡単に利用できるようにDockerイメージが配布されており、dockerコマンドを実行するだけでDocker上に簡単にFessを構築することができます。今回は、Docker上でのFessの利用方法について説明します。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす(閲覧編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [240] Vimを使う - CSVを使いこなす(閲覧編)

前々回、いろいろなプログラミング言語やファイルフォーマットに対応できるメタプラグイン「vim-polyglot」を紹介し、前回はvim-polyglotによってインストールされるCSVフォーマット用のプラグイン「chrisbra/csv.vim」について取り上げた。chrisbra/csv.vimは数回に分けて取り上げたいほど便利だということも説明した。今回はこのプラグインを使ったCSVの閲覧方法を紹介する。

サーバ/ストレージ

検索を使いこなす

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [29] 検索を使いこなす

Windows Terminalには検索機能が付属している。同機能では、過去に表示したテキストのバッファから、指定されたキーワードを検索して強調表示することができる。画面に表示されている内容から特定のファイル名を探したり、過去に使用したコマンドを探したりする場合に便利な機能だ。今回は、この検索機能の使い方について取り上げる。

開発ソフトウェア

Vimを使う - CSVを使いこなす「chrisbra/csv.vim」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [239] Vimを使う - CSVを使いこなす「chrisbra/csv.vim」

前回、vim-polyglotのインストール効果の例としてCSVの表示が見やすくなることを紹介した。CSVの表示が変わったのは、実際にはvim-polyglot経由でインストールされた「chrisbra/csv.vim」というプラグインの効果によるものだ。実はこのプラグインはほかにも多くの便利な機能を備えている。そこで、今回からは数回に分けて、chrisbra/csv.vimの活用方法を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

556 件中 1~20件目を表示中

556 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る