「サーバ」関連記事一覧

438 件中 1~20件目を表示中

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その18)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [179] 開発言語 Python(その18)

前回に引き続き、これまでにチュートリアルで学んできたことを使ってPythonで実用的なツールを作成する方法を紹介していく。今回は、IPアドレスから、IPアドレスを使っているサーバの位置情報を取得する方法を取り上げる。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その17)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [178] 開発言語 Python(その17)

これまで「The Python Tutorial」の内容を紹介する形でPythonの機能や使い方を紹介してきた。チュートリアルにはまだ先があるのだが、残りの章で取り上げている内容は高度なプログラミングの話になってくるので、この連載の守備範囲を越えてくる。前回までの内容を把握してけば十分だろう。そこで今回は、Pythonを使って実際に自動的な作業ツールを作る例を取り上げる。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その16)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [177] 開発言語 Python(その16)

「The Python Tutorial」ではコアライブラリについてもう少しサンプルを取り上げて紹介している。こちらもPythonのコアライブラリ(コアモジュール、コアパッケージ)がどういった機能を提供しているのかの一端を知る上で重要なので、もうちょっと触れておきたいと思う。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その15)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [176] 開発言語 Python(その15)

The Python Tutorialではクラスの説明をした後に標準ライブラリを取り上げ、デフォルトで提供されている「よく使われるモジュール」を紹介している。ある程度プログラミングの経験がある方なら、チュートリアルとしてはここから読んでもよいくらいだ。今回は、モジュールでどういったことができるのかざっと追っていこう。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その14)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [175] 開発言語 Python(その14)

Pythonはオブジェクト指向プログラミングに必要となる機能を一通り提供していると言われており、いわゆるオブジェクト指向プログラミング言語ということになる。しかし、これまで取り上げてきたようにオブジェクト指向を意識しなくても利用できる仕組みにもなっている。そこで、今回はコードを大雑把に読める程度にクラスの機能を紹介しておこうと思う。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その13)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [174] 開発言語 Python(その13)

比較的新しいプログラミング言語が例外処理を備えているように、Pythonにも例外処理の機能が備わっている。かならず使わなければならないという機能ではないのだが、他人の書いたコードが読める程度にはこの機能のことは知っておこう。

サーバ/ストレージ

なぜ今DNSサーバが狙われるのか? 現状を知り解決策を導く

【特別企画】なぜ今DNSサーバが狙われるのか? 現状を知り解決策を導く

今、DNSセキュリティが注目され始めている。日本でも金融機関や製造大手企業などで導入が進んでいる一方、IPS(不正侵入検知)やサンドボックス、アンチスパムなど、これまでに投資してきたセキュリティ対策で十分と考える企業、そう考えたい企業も多いようだ。では、なぜDNSサーバは狙われるのか。

セキュリティ

仮想ホスト機能の使い方

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [12] 仮想ホスト機能の使い方

今回はFessの仮想ホスト機能の使い方について説明します。仮想ホスト機能を利用することで、1つのFessで複数サイトの検索システムを実現できます。

開発ソフトウェア

開発言語 Python(その12)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [173] 開発言語 Python(その12)

Pythonにおいて、ファイルの扱いはUNIXの基本的なファイルの扱いがそのままPython風になったような作りになっている。標準入力の読み込み、標準出力への書き込みでもかなりの処理を行えるが、「データとして複数のファイルを指定したい」「出力先を複数にしたい」となると、入出力対象としてファイルを扱いたくなってくる。今回はこの辺りについて、基本的な仕組みを紹介する。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その11)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [172] 開発言語 Python(その11)

「The Python Tutorial」では、モジュールおよびパッケージの説明の後、プログラミング言語としてPythonを使う場合に必要となる最低限の関数の使い方などが紹介されていく。最初に取り上げられるのは文字列のフォーマットに関してだ。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その9)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [170] 開発言語 Python(その9)

Pythonやそのパッケージをインストールすると、「.pyc」という拡張子のファイルがインストールされる。これは、コンパイル済みのPythonのバイトコードだ。今回は、このコンパイル済みPythonバイトコードファイルや「sys」「builtins」といったモジュールについて取り上げる。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [169] 開発言語 Python(その8)

本連載はプログラミング言語を紹介するものではないのだが、Pythonは学習コストを差し引いても習得することで自動化できる作業量のメリットが多いので、もうちょっと説明を継続したい。Pythonの真髄はモジュールやパッケージといったサードパーティ製コードを利用できる点にある。そこにたどり着くまで、もう少しだけPythonの話をしよう。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その7)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [168] 開発言語 Python(その7)

前回はPythonの関数の基本を取り上げた。今回は関数のより進んだ使い方を取り上げる。すべてを理解する必要はないが、他人の書いたコードやライブラリを理解するために、こういった書き方や使い方ができるということは知っておきたい。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [167] 開発言語 Python(その6)

Pythonでは当然、関数も作成できる。関数が作成できるようになると一気にプログラミング言語感が増してくるというものだ。Pythonでは「def 関数名(引数):」といった記述で関数を定義することができる。関数はよく使われる機能なので、書けるようにも読めるようにもなっておきたい。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [166] 開発言語 Python(その5)

前回までで、チュートリアルを見ながら簡単なPythonのコードを書けるようになったはずだ。インデント、文字列、リストといったPythonでも基本中の基本となる部分は理解できるようになっていると思う。今回はチュートリアルの流れに習って制御構文の基本となる「if」と「for」について取り上げる。

サーバ/ストレージ

FessでActive Directory連携

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [9] FessでActive Directory連携

前回はFessにユーザとロールを登録して検索結果の出し分け方法を紹介しました。今回はActive Directoryにユーザを登録して、Active Directoryと連携した場合のロールベース検索について説明します。

業務アプリケーション

開発環境 Python(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [162] 開発環境 Python(その1)

前回まで紹介してきたC言語は、ざっくり作ってもそれなりに高速に動作するソフトウエアを開発できるのだが、適当に作るとメモリ管理系のバグでものすごく苦労する言語でもある。そこで今回は反対に、今最も手軽に取り組めるプログラミング言語として「Python」を取り上げよう。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [161] 開発環境 C言語(その6)

これまで数回に渡り、Linuxカーネルに特有の機能「inotify API」の具体的な使い方を紹介してきた。カーネルに特有の機能を使うとこういったこともできる、ということはなんとなく感じてもらえたのではないだろうか。それを踏まえ今回は、inotify APIを使った具体的なコマンドを紹介する。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [160] 開発環境 C言語(その5)

前回は、ファイルシステムイベントのモニタリングを実施するためのLinuxカーネルの機能として「inotify API」を取り上げ、サンプルコードから便宜的にエラーハンドリングや汎用性を確保するための処理を抜いていって、APIそのものの使い方を調べる方法を紹介した。今回はpoll(2)システムコールを削除すると共に、関数として分離していた部分をmain()内部に展開し、さらにシンプルなコードにして使い方を調べていく。

サーバ/ストレージ

438 件中 1~20件目を表示中

438 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る