「サーバ」関連記事一覧

451 件中 1~20件目を表示中

運用環境 シェル(その11)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [191] 運用環境 シェル(その11)

前回はパラメータ展開、コマンド置換、算術展開について取り上げた。これらの展開処理が行われた結果には複数の空白が含まれていることがあるが、結果がダブルクォーテーションで囲まれている場合と囲まれていない場合とで、周辺の挙動が異なってくる。今回はこの辺りについて説明しよう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その10)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [190] 運用環境 シェル(その10)

前回は、変数とパラメータについて紹介した。シェルの変数はただ値を代入するだけではなく、その変数を利用するときに変数の値を書き換えたり、値が設定されていなかったりした場合にデフォルト値を設定するといったことができる。「パラメータ展開」と呼ばれることが多い機能だ。今回はこの辺りの機能を紹介する。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その9)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [189] 運用環境 シェル(その9)

シェルは変数の機能を提供している。シェルスクリプトを組むようになると、変数はかなり必須に近い機能になってくる。シェルには、あらかじめシェルによって用意される変数がいくつかあり、それらは「パラメータ」と呼ばれる。今回は、このパラメータについて取り上げたい。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [188] 運用環境 シェル(その8)

前回はコマンドのシーケンスが「リスト」と呼ばれていることを説明した。リストはさらに演算子やコンストラクタによってより複雑な構造を取ることがある。今回はこの辺りについて解説しよう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その7)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [187] 運用環境 シェル(その7)

前回は「複雑なコマンド」の中からパイプラインについて説明した。パイプラインでは複数のコマンド(プロセス)が同時に実行され、マルチコアを有効的に利用することができるため、まずはマスターしておきたい機能だ。続く今回は、同じく「複雑なコマンド」の中からリストと関数定義について取り上げる。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [186] 運用環境 シェル(その6)

これまではコマンドとして単一のコマンドが実行されることを想定して説明を行ってきたが、実際にはパイプラインでつながれたコマンドであったり、制御演算子を使って組み合わされたコマンドであったりと、複数のコマンドが1つのまとまりになっていることがある。今回はこうした複雑なコマンドについて説明する。

サーバ/ストレージ

【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

【特別企画】【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

近年、ビジネスにおける競争はますます激しくなっている。市場や顧客に合わせて自社の体制を素早く変化させていかなければ、もはや生き残りは難しい。企業のITシステムにも柔軟でスピーディーな変化が求められるが、その際に障害となるのが、旧来のまま運用されているサーバー・ストレージ・スイッチからなる3階層モデルの仮想化ITインフラだ。3階層モデルは、下記の課題を抱えているためビジネスニーズに合わせたスムーズな取り組みが難しい。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [185] 運用環境 シェル(その5)

シェルは「コマンドを実行する」というのが最も基本的な使い方であり、シェル関数や組み込みコマンドなども実行することができる。今回はこのシェルについて説明していこう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その4)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [184] 運用環境 シェル(その4)

シェルが行入力を解釈して処理を行う途中で、リダイレクトを見つけて処理することは前回までに簡単に説明した。このリダイレクトはシェルの代表的な機能と言えるもので、ファイルへの書き込みやファイルからのデータ読み込みなどを実現することができる。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [183] 運用環境 シェル(その3)

シェルは1行ずつコマンドを理解して処理を実行する。最初は少々退屈かもしれないが、どういった規則で入力文字列を解釈してコマンドの実行へ持っていくのか、その構造を理解してしまおう。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

shは「シェル」と呼ばれる種類のソフトウェアの1つである。シェルは、ユーザーがログインしたときに最初に実行されるソフトウェアだ。ユーザーから入力される行データ、もしくは読み込んだファイルのデータを基に、命令を実行する。前者の使い方は「インタラクティブシェル」、後者の使い方は「シェルスクリプト」と呼ばれることもある。

サーバ/ストレージ

運用環境 シェル(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [181] 運用環境 シェル(その1)

これまで開発環境について説明するなかで、C言語とPythonについて取り上げてきた。今回からは、これらとは別の切り口で「シェル」について取り上げる。Linuxにおいて中核を成すソフトウェアの1つだ。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その19)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [180] 開発言語 Python(その19)

これまで2回に渡ってPythonを使って実用的なツールを作成する方法を紹介してきた。1つはCSVデータをパースして処理する方法、もう1つはJSONデータのパースやダンプの方法だ。どちらも簡単なサンプルだったが、これらを組み合わせることでさらに別のツールが作れることにお気づきだろうか。Pythonはかなり短いコードで機能的に動作するツールを作成することができる。

サーバ/ストレージ

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その18)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [179] 開発言語 Python(その18)

前回に引き続き、これまでにチュートリアルで学んできたことを使ってPythonで実用的なツールを作成する方法を紹介していく。今回は、IPアドレスから、IPアドレスを使っているサーバの位置情報を取得する方法を取り上げる。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その17)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [178] 開発言語 Python(その17)

これまで「The Python Tutorial」の内容を紹介する形でPythonの機能や使い方を紹介してきた。チュートリアルにはまだ先があるのだが、残りの章で取り上げている内容は高度なプログラミングの話になってくるので、この連載の守備範囲を越えてくる。前回までの内容を把握してけば十分だろう。そこで今回は、Pythonを使って実際に自動的な作業ツールを作る例を取り上げる。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その16)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [177] 開発言語 Python(その16)

「The Python Tutorial」ではコアライブラリについてもう少しサンプルを取り上げて紹介している。こちらもPythonのコアライブラリ(コアモジュール、コアパッケージ)がどういった機能を提供しているのかの一端を知る上で重要なので、もうちょっと触れておきたいと思う。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その15)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [176] 開発言語 Python(その15)

The Python Tutorialではクラスの説明をした後に標準ライブラリを取り上げ、デフォルトで提供されている「よく使われるモジュール」を紹介している。ある程度プログラミングの経験がある方なら、チュートリアルとしてはここから読んでもよいくらいだ。今回は、モジュールでどういったことができるのかざっと追っていこう。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その14)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [175] 開発言語 Python(その14)

Pythonはオブジェクト指向プログラミングに必要となる機能を一通り提供していると言われており、いわゆるオブジェクト指向プログラミング言語ということになる。しかし、これまで取り上げてきたようにオブジェクト指向を意識しなくても利用できる仕組みにもなっている。そこで、今回はコードを大雑把に読める程度にクラスの機能を紹介しておこうと思う。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その13)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [174] 開発言語 Python(その13)

比較的新しいプログラミング言語が例外処理を備えているように、Pythonにも例外処理の機能が備わっている。かならず使わなければならないという機能ではないのだが、他人の書いたコードが読める程度にはこの機能のことは知っておこう。

サーバ/ストレージ

451 件中 1~20件目を表示中

451 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る