マイナビニュースマイナビ

ピュア・ストレージ、Kubernetes向け統合データプラットフォームの最新版

[2021/07/30 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

データが企業において最も戦略的なツール

ピュア・ストレージ・ジャパンは7月29日、オンラインで記者説明会を開催し、Kubernetes向け統合データプラットフォームであるPortworx製品の次期バージョンである「Portworx Enterprise 2.8」と、クラウドベース管理ツールであるPure1の最新バージョンである「Pure1 Digital Experience」を発表した。

まず、はじめにピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏は「2021年第1四半期の国内における外付型ストレージ市場は昨年同期比11.5%減となったが、当社は85.5%の成長を遂げた。当社では今後10年間におけるデータプラットフォームのあり方をリードし『シンプル』『シームレス』『サステイナブル』を前提とした『モダン・データ・エクスペリエンス』を提唱しており、昨今ではデータが企業において最も戦略的なツールとなっている。しかし、ボトルネックになっている部分も多いことから、ブレイクスルー(突破)に変化させていくことをミッションとしている」と述べた。

ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏

ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏

今後も爆発的なデータの増加が見込まれることから、こうしたデータをいかにビジネスに活用していくかがカギとなっている。また、従来は製品を使い、サービスを考え、ソリューション化していたが、現在は製品を使い、どのようなビジネスの”成果”をもたらすのかということにシフトしている。

このような状況に対して、同社ではクラウド対応としてPortworx Enterprise 2.8を提供するほか、Pure1 Digital Experienceでインフラストラクチャのオーナーシップと管理を提供することで、データインフラストラクチャのモダナイズを支援していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ピュア・ストレージがストレージ製品のOS最新版を発表

ピュア・ストレージがストレージ製品のOS最新版を発表

ピュア・ストレージ・ジャパンは3月16日、ビジネスと製品アップデートに関する記者説明会を開催した。説明会にはピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏らが参加した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
ページの先頭に戻る