マイナビニュースマイナビ

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

[2021/02/24 09:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

この1年の間に新型コロナ感染症対策としてリモートワークが急激に普及し、人々の働き方には大きな変化があった。企業と従業員との関係性も変わりつつあり、人事評価や労働時間管理、安全衛生対策など、人事労務管理領域においても変化への対応が求められている。これからの働き方を考える上で、どのような労務管理が必要なのだろうか。

2月3日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「労務管理が支える『働き方改革』適応法~New Normal時代の労務対応~」にて、特定社会保険労務士である社会保険労務士法人スマイング 代表社員 成澤紀美氏が解説した。

成澤氏

社会保険労務士法人スマイング 代表社員/特定社会保険労務士 成澤紀美氏

企業がまず行うべき新型コロナウイルス感染症対策

成澤氏が新型コロナウイルス感染症対策としてまず行うべきとしたのは、会社として対応する際の基本方針の策定と発信だ。従業員に加えて対外的にも安心を伝えるため、以下の項目を中心に決めていくべきだという。

  • 予防措置
  • 発熱時の対応
  • 訪問/来客などの応対対応
  • 移動外出時の制限
  • 休業時の取り扱い
  • 発熱時の出勤停止期間
  • テレワーク対応
  • 問い合わせ窓口
  • 感染が確認された場合の問い合わせ先

また、新型コロナウイルスへの感染が事業所内で確認された場合には、感染症法に基づき、就業禁止の措置を取る必要がある。これについて成澤氏は、従業員が休みやすい環境の整備とハラスメントにつなげないための工夫が重要であるとする。

「体調が思わしくない場合には無理をしないで各種休暇制度を取得するよう奨励したり、治るまではきちんと医師や保健所の相談を仰いで対応するよう呼びかけたりすることが必要です。また、事業所内の派遣労働者や請負労働者についても同様の対応をしなければいけません」(成澤氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る