VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代

[2018/10/18 07:00]エースラッシュ ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京において年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスで多数行われた講演のなかから、NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏が登壇した「映像コミュニケーションの新時代がやってきた ~AI/VR活用によるコミュニケーション改革~」の模様をレポートしよう。

映像コミュニケーションへの活用が期待される「3つの新技術」

田中氏はまず、映像コミュニケーションへの活用が期待されている新技術として、疑似体験が可能な「VR」、人間のさまざまな作業をサポートする「AI」、高い臨場感が得られる「ホログラム」の3つを挙げた。現在の映像コミュニケーションは、社内や協業先、顧客とのコミュニケーションに用いられている程度のものだ。しかし、ここに新たに3つの技術が加わることにより、従来の常識を超えたイノベーションが実現できるという。

「業界によってプロセスやゴールが違いますが、新技術の重要性はいずれも高いと言えます」(田中氏)

NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏

さらに、このイノベーション実現に必要なファクターとしては「現場主導の社員教育/訓練」「組織内外の壁を越えた協働「社員の試行錯誤」の3つがあるとした上で、新技術の具体的な活用方法について解説を繰り広げた。

VRで”匠”の高度な専門スキルを継承

新たな映像コミュニケーションの利用シーンとして最初に挙げられたのが、各種業務に精通した”匠”のスキル継承を実現する方法だ。現在、企業においては人材不足が大きな課題となっている。また、たとえ人材が確保できたとしても、匠のスキルは長年の勘や経験に頼る部分が多く、継承者の育成にはどうしても膨大な手間と時間がかかってしまう。

こうした課題を解決してくれるのが、360度カメラを使って”匠の目線”で撮影した映像を、VRで体験するという手法だ。従来から、匠による実務を撮影して映像マニュアル化する手法は存在したが、第三者目線の映像では伝えられる情報に限界があった。しかしVRを用いれば、まるで後継者自身が匠となったかのように、映像を通じて疑似体験ができるのである。VRなら手元までしっかりと確認できるほか、人間の記憶力を向上させる「メモリーパレス」の効果によって、記憶の定着率が10%アップする期待もあるという。実際に米国の大手スーパーマーケットチェーンでも、VRを用いた研修が行われているそうだ。

後継者がVRで「匠の目線」を疑似体験できる

また、VRをプロトタイプ製作に活用する例も紹介された。従来型のプロトタイプ製作では、設計/デザインから会議を経て、プロトタイプ製作に移行し、テスト/レビューを行うという工程をたどるのが一般的だ。もちろん、テスト/レビューでの評価が悪ければ、また最初からやり直さなければいけない可能性もあり、莫大な時間とコストが必要になる。

しかし、CAD/設計のデータからCGを製作し、それをVR空間でバーチャルプロトタイプとして再現すれば、データの状態でそのままテスト/レビューへと移行することが可能となる。国や地域を問わず複数人でデータを共有し、トライ&エラーを繰り返すことで、レビューの迅速化にもつながるというわけだ。

VR空間でバーチャルプロトタイプを共有

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4102
2
VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代
NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京において年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスで多数行われた講演のなかから、NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏が登壇した「映像コミュニケーションの新時代がやってきた ~AI/VR活用によるコミュニケーション改革~」の模様をレポートしよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/10/17/1017NTTCom_thumb.jpg
NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京において年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスで多数行われた講演のなかから、NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏が登壇した「映像コミュニケーションの新時代がやってきた ~AI/VR活用によるコミュニケーション改革~」の模様をレポートしよう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る