ジャパンネット銀行、ユーザックシステムのRPAを導入 - 事務費を削減 [事例]

[2017/09/06 11:10] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

ユーザックシステムは9月6日、同社のRPAソリューション「Autoブラウザ名人」をジャパンネット銀行が導入したと発表した。

Autoブラウザ名人は、Windowsアプリやブラウザ画面の操作を自動化するというもの。データ変換プログラムやメールソフト、Excelなどの外部プログラムとの連携のほか、画面・PDFファイルの印刷などもスクリプトに組み込んで処理を自動化することができる。

ジャパンネット銀行では、Visaデビットによる決済件数の増加に伴い、関連する事務作業の量が十数倍に増加していた。そこで、手作業で行っていた煩雑なオペレーションの自動化に着手。Visaデビット業務と不正口座モニタリング業務を担当しているモニタリングセンターへのAutoブラウザ名人導入に至った。

システム概念図

現在、モニタリングセンターではAutoブラウザ名人を利用して7つの業務を自動化しており、2016年の事務量で試算すると、数百万円の事務コストが削減できたことになるという。

今後、ジャパンネット銀行は、メール操作を自動化するRPAとして「Autoメール名人」も活用し、新たな業務の自動化にも取り組むことを予定しており、他部門でもRPAソリューションを導入していく計画。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「AI労働力」時代が到来!? 高度な自動化でビジネスはどう変わるのか

「AI労働力」時代が到来!? 高度な自動化でビジネスはどう変わるのか

マイナビニュースは12月7日、「マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 IoT時代の機先を制す」と題したイベントを開催した。「IoTの先にあるAI労働力(RPA/Digital Labor)時代 - 欧米の先進事例に学ぶ今後のビジネスのあり方」と題して行われた基調講演には、KPMGコンサルティング パートナー SSOA CoE統…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る