目指すは国内20万室導入! ホテル向けスマホ「handy」が好評なワケ

[2017/08/29 08:00]山口健太 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ホテルの部屋に入ると、そこにはSIMカードの入ったスマホが用意されている。そんな体験を実現するのが、香港発のホテル向けスマートフォン「handy」だ。海外のホテル向けに先行して展開してきたhandyは、2017年7月に日本市場に参入。東京都中央区のロイヤルパークホテルが日本で初めて導入し、話題となった。

ロイヤルパークホテルの客室に設置された「handy」

日本に進出したhandy、そして、それを国内でいち早く導入したロイヤルパークホテルの狙いはどこにあるのだろうか。handy Japan CMOの野本歩氏とロイヤルパークホテル 宿泊部 客室サービス課 課長の服部良一氏に話を聞いた。

handy Japan CMOの野本歩氏(写真右)と、ロイヤルパークホテル 宿泊部 客室サービス課 課長の服部良一氏(写真左)

ビジネスモデルを構成する「2本の柱」

まずはhandyの概要を見ていこう。handyはグローバルでは台湾の鴻海製スマートフォン、日本向けにはシャープ製スマートフォンをホテル向けにカスタマイズしたもので、観光ガイドやIP電話による国際電話アプリを搭載しているのが特徴となっている。宿泊者は、ホテルの部屋に設置された端末を無料で利用できる。

ホテル向けスマートフォン「handy」

handyのビジネスモデルは、このスマートフォンを中心に大きく2本の柱から成っている。1つはホテル向けに1室あたり月額980円で提供するレンタル収入だ。

もう1つの柱は、スマートフォン画面に表示される広告からの収入である。handyを導入したホテルとは無関係の広告が表示される可能性はあるが、公序良俗に反するものや他ホテルと競合するものは受け付けない仕組みになっている。広告収入は、既にレンタル収入を上回る状況にあるという。

2012年に香港で設立されたhandyは、世界で600のホテル、11万の客室に端末を展開してきた。日本法人はシャープが14%を出資したジョイントベンチャーで、野本氏もシャープからの出向だ。

シャープ側の狙いとしては、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで高まる訪日外国人需要を見据え、ホテル産業向けにIoTを展開していきたいとの意向があるという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

企業成長の「鍵」は人材! 進化するHRテクノロジーの潮流と人事の取り組み

企業成長の「鍵」は人材! 進化するHRテクノロジーの潮流と人事の取り組み

7月26~28日に開催された「総務・人事・経理ワールド2017 HR EXPO」の特別講演では、HRテクノロジーの最新動向と経営をサポートする人事の取り組みがテーマに掲げられた。登壇したのは、慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 特任教授の岩本隆氏と、日本オラクルの執行役員 人事本部長 遠藤有紀子氏。本稿では、講演の模様をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る