練成会グループ、人工知能型タブレット教材「Qubena」を採用 [事例]

[2017/07/31 19:35] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

COMPASSは7月31日、北海道を中心に小・中学生、高校生を対象とした学習塾を展開する練成会グループが、同社の提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」の採用を決定したと発表した。

Qubenaは、生徒がタブレットに入力するあらゆる情報(解答や解答プロセス、スピード、集中度、理解度など)を収集・蓄積・解析することで、出題内容を個人に最適化していくというもの。生徒の理解度や得手・不得手を解析し、生徒それぞれに合った最適な問題を出すことで効率的な学習を支援するという。

Qubenaの利用イメージ

採用にあたっては、さまざまなアダプティブラーニング教材のなかでも、AI技術によって精度の高い学習内容・学習レベルの最適化が図れる点が評価されたとしている。まずは2017年7月より、練成会グループ内で5,000IDが導入される予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2959
2
練成会グループ、人工知能型タブレット教材「Qubena」を採用 [事例]
COMPASSは7月31日、北海道を中心に小・中学生、高校生を対象とした学習塾を展開する練成会グループが、同社の提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」の採用を決定したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
COMPASSは7月31日、北海道を中心に小・中学生、高校生を対象とした学習塾を展開する練成会グループが、同社の提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」の採用を決定したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る