面接時のチャームポイントをシステムが教示 - 関大とNTT西が取り組む就活支援研究とは

[2017/01/24 09:00]星原康一 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

就職面接において、笑顔はどの程度見せるべきなのか。目線はどこに置き、ジェスチャーはどれくらい交えるべきなのか――。

まことしやかにささやかれている定説の流用ではなく、ICTを活用した実測値で結論を導き出し、就活生へのアドバイスに活かすシステムを構築しようという取り組みが、関西大学とNTT西日本により進められている。

本稿ではその概要を紹介していこう。

プレゼンテーション力向上のためにデータ収集

共同研究は、関西大学による就職活動サポートの一環として進められている。面接における自己プレゼンテーション力を向上させることが目的だ。

具体的には、面接時の学生の挙動をセンサーデータとビデオ映像によりデータ化。そこに面接官が受けた印象や学生へのヒアリング結果を重ね合わせて、学生の面接時の状態を可視化している。

研究を主導するのは、関西大学 システム理工学部の小尻 智子 准教授。認知科学や心理学、教育学などをベースとした「人の活動」のモデリングを研究テーマに据えており、モデリング結果に基づいて、学習や創造活動が上達するソフトウェアの開発を進めている。最近では特に、プレゼンテーションのスキルアップを前提に、論理的思考やコミュニケーションスキルを支援する研究に取り組んでいる。

一方のNTT西日本は、バイタルデータを収集/解析して可視化する取り組みを行っており、同分野のシステム構築ノウハウを持つことから今回の研究に協力した。

面接挙動の定量化から得た、4つの分析結果

予備実験ではまず、4日間で17人(男性12名、女性5名)を面接。最初の3日間は面接官1人、最終日は面接官2人体制で実施した。

面接終了後、面接官/被面接者の双方が質問ごとに良し悪しを回答。回答結果と収集データを照らし合わせ、挙動(笑顔や目線、ジェスチャー)と印象の相関関係を分析した。

収集データには、脈拍数、手の動き(ジェスチャー)、笑顔の回数、面接官を見た回数、間投詞を使った回数がある。被面接者の腕に装着したリストバンド型デバイスで脈拍数と手の動きを計測し、面接の様子を撮影した映像から笑顔の回数や面接官を見た回数を目視でカウントしている。また、間投詞の数も、音声データを聞きながら確認したという。

面接で使用されるリストバンド。脈拍と手のジェスチャーの計測に使われる

データ分析で苦労したのは、同じ面接官でも、面接態度の良し悪しの評価が一定ではなく、「状況」によって変わること。「状況によって差が出ることはわかっていましたが、その状況をどう定義すればよいのかが見つけられませんでした」(関西大学 担当者)という。

面接官の評価と応答態度だけの相関を分析しても整合性がとれなかったことから、さまざまな状況にデータを分類して検討。最終的には、「被面接者が想定している/していない」で分けたうえで、応答態度を分析すると傾向が見えるようになった。

分析結果は以下のとおり。

面接分析結果

  • 間投詞(言葉のひげ) : 面接環境によらず、少ない方が面接官からの評価が良くなる傾向がある
  • ジェスチャー : 自己の想定内の質問の際に、ジェスチャーが多いと高評価となる傾向がある
  • 笑顔 : 自己の想定内の質問の際に、少ないと高評価となる傾向がある
  • 目線 : 自己の想定内の質問の際に、面接官の方向を向いていると高評価となる傾向がある

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る