マイナビニュースマイナビ

ソリューションの解説/事例記事

ソリューションの解説/事例記事

ピックアップ記事

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

ソリューション 新着情報

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

データドリブン経営を成功させるには? ヤマト運輸が進める経営構造改革

データドリブン経営を成功させるには? ヤマト運輸が進める経営構造改革

8月27日に開催された「ビジネスフォーラム事務局 × TECH+フォーラム DX Day 2021 Aug.DXの要は経営者の視座」に、ヤマト運輸 執行役員 デジタル機能本部 デジタルデータ戦略担当 中林紀彦氏が登壇。データドリブン経営を成功させるために必要な視座について語った。

ニューノーマル時代のハイブリッドな働き方を支える新たなオフィス像とは

ニューノーマル時代のハイブリッドな働き方を支える新たなオフィス像とは

今年7月に東京・浜松町に位置する本社オフィスの一部をニューノーマル時代の働き方を実現する「つなぐオフィス」としてリニューアルオープンしたコニカミノルタジャパン。今回、つなぐオフィスの狙いと意義について、担当者に話を聞いた。

「誰でもなれるんです、ただ自分が気づいていないだけ」- あらゆる職種で求められる"AI人材"とは?

「誰でもなれるんです、ただ自分が気づいていないだけ」- あらゆる職種で求められる"AI人材"とは?

転職市場で自らの価値を高めるにはどうすれば良いのだろうか。語学力や専門スキルを身に付ける、業務に関連する資格を取得するなど、さまざまな方法が考えられるが、なかでも今、キャリアアップを期待できる方法の一つが"AI人材"になることだ。「AI」と聞くと、身構えてしまう人もいるかもしれない。だが、本誌連載「教えてカナコさん! これならわかるAI入門」の著者であり、AIプランナーとして活躍する大西可奈子氏によれば、実は誰もがAI人材になれる可能性を十分に秘めているのだという。

「私が社長です。」- アパホテル社長 元谷氏のピンチをチャンスに変える心構え

「私が社長です。」- アパホテル社長 元谷氏のピンチをチャンスに変える心構え

創業50年来、一度の赤字もなく発展を遂げてきた総合都市開発のアパグループ。同グループのビジネスホテルチェーンであるアパホテルは、コロナ禍でホテル/観光業界が大打撃を受けるなかでも、さらなる拡大戦略を推し進める。8月27日に開催された「DX Day 2021 Aug. DXの要は経営者の視座」でアパホテル 取締役社長 元谷芙美子氏が語った、ピンチをチャンスに変え、強運を掴み取る心構えとは。

記事ランキング

【特別企画】[エレクトロニクス]市場投入時間の短縮に欠かせない「デジタルデータの活用」は、どうすれば実現できるか?

【特別企画】[エレクトロニクス]市場投入時間の短縮に欠かせない「デジタルデータの活用」は、どうすれば実現できるか?

エレクトロニクス産業は、いまや世界で年間2兆ドルをはるかに超える巨大な市場を形成している。ただ、市場の成長とは裏腹に、これを生業とする企業はいま、深刻な課題に直面している。製品ライフサイクルが短期化するに伴い、市場投入時間の短縮なしに企業は競争優位性を獲得するのが困難となっているのだ。悩ましいのは、製品の開発工程が複雑化するなかにあっても市場投入時間を短縮しなくてはならないということ。競争優位性を保つために、エレクトロニクスに携わる企業は何に臨むべきか。キーワードとなるのは「デジタルデータの活用」だ。

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

「誰でもなれるんです、ただ自分が気づいていないだけ」- あらゆる職種で求められる

「誰でもなれるんです、ただ自分が気づいていないだけ」- あらゆる職種で求められる"AI人材"とは?

転職市場で自らの価値を高めるにはどうすれば良いのだろうか。語学力や専門スキルを身に付ける、業務に関連する資格を取得するなど、さまざまな方法が考えられるが、なかでも今、キャリアアップを期待できる方法の一つが"AI人材"になることだ。「AI」と聞くと、身構えてしまう人もいるかもしれない。だが、本誌連載「教えてカナコさん! これならわかるAI入門」の著者であり、AIプランナーとして活躍する大西可奈子氏によれば、実は誰もがAI人材になれる可能性を十分に秘めているのだという。

4
元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界

元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界

インタネットの発展によって未来はどうかわるのか。AI、IoT、ビッグデータの先にはどんな世界が待ち構えているのか――。元Google米国本社副社長 兼 グーグル日本法人代表取締役社長の村上 憲郎 氏が、『IoT、ビッグデータ、人工知能が切り拓く、ICTの新地平』と題し、最新技術と今後の展望を紹介した。

インタネットの発展によって未来はどうかわるのか。AI、IoT、ビッグデータの先にはどんな世界が待ち構えているのか――。元Google米国本社副社長 兼 グーグル日本法人代表取締役社長の村上 憲郎 氏が、『IoT、ビッグデータ、人工知能が切り拓く、ICTの新地平』と題し、最新技術と今後の展望を紹介した。

5
「良し悪し」ではなく「好き嫌い」で考えよ! 楠木建氏が語る企業戦略・経営・キャリアの本質

「良し悪し」ではなく「好き嫌い」で考えよ! 楠木建氏が語る企業戦略・経営・キャリアの本質

ビジネスに限らず、人間のあらゆる思考と判断、行動の基底には何らかの価値基準がある。ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』(発行:東洋経済新報社)の著者である 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授 楠木建氏は、その普遍性に注目して、「良し悪し」と「好き嫌い」という2つの価値基準を対比する。ビジネスや経営においては、「良し悪し」が優先し「好き嫌い」が劣後する傾向にあるが、楠木氏は仕事でこそ「好き嫌い」が重要になると主張する。

ビジネスに限らず、人間のあらゆる思考と判断、行動の基底には何らかの価値基準がある。ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』(発行:東洋経済新報社)の著者である 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授 楠木建氏は、その普遍性に注目して、「良し悪し」と「好き嫌い」という2つの価値基準を対比する。ビジネスや経営においては、「良し悪し」が優先し「好き嫌い」が劣後する傾向にあるが、楠木氏は仕事でこそ「好き嫌い」が重要になると主張する。

記事ランキング

【特別企画】[エレクトロニクス]市場投入時間の短縮に欠かせない「デジタルデータの活用」は、どうすれば実現できるか?

エレクトロニクス産業は、いまや世界で年間2兆ドルをはるかに超える巨大な市場を形成している。ただ、市場の成長とは裏腹に、これを生業とする企業はいま、深刻な課題に直面している。製品ライフサイクルが短期化するに伴い、市場投入時間の短縮なしに企業は競争優位性を獲得するのが困難となっているのだ。悩ましいのは、製品の開発工程が複雑化するなかにあっても市場投入時間を短縮しなくてはならないということ。競争優位性を保つために、エレクトロニクスに携わる企業は何に臨むべきか。キーワードとなるのは「デジタルデータの活用」だ。

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

「誰でもなれるんです、ただ自分が気づいていないだけ」- あらゆる職種で求められる

転職市場で自らの価値を高めるにはどうすれば良いのだろうか。語学力や専門スキルを身に付ける、業務に関連する資格を取得するなど、さまざまな方法が考えられるが、なかでも今、キャリアアップを期待できる方法の一つが"AI人材"になることだ。「AI」と聞くと、身構えてしまう人もいるかもしれない。だが、本誌連載「教えてカナコさん! これならわかるAI入門」の著者であり、AIプランナーとして活躍する大西可奈子氏によれば、実は誰もがAI人材になれる可能性を十分に秘めているのだという。

元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界

インタネットの発展によって未来はどうかわるのか。AI、IoT、ビッグデータの先にはどんな世界が待ち構えているのか――。元Google米国本社副社長 兼 グーグル日本法人代表取締役社長の村上 憲郎 氏が、『IoT、ビッグデータ、人工知能が切り拓く、ICTの新地平』と題し、最新技術と今後の展望を紹介した。

「良し悪し」ではなく「好き嫌い」で考えよ! 楠木建氏が語る企業戦略・経営・キャリアの本質

ビジネスに限らず、人間のあらゆる思考と判断、行動の基底には何らかの価値基準がある。ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』(発行:東洋経済新報社)の著者である 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授 楠木建氏は、その普遍性に注目して、「良し悪し」と「好き嫌い」という2つの価値基準を対比する。ビジネスや経営においては、「良し悪し」が優先し「好き嫌い」が劣後する傾向にあるが、楠木氏は仕事でこそ「好き嫌い」が重要になると主張する。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る