ソリューションの解説/事例記事

ソリューションの解説/事例記事

ピックアップ記事

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

ソリューション 新着情報

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

PDF文書の取り扱いに工夫を加えるだけで、業務効率は飛躍的に高められる

【特別企画】PDF文書の取り扱いに工夫を加えるだけで、業務効率は飛躍的に高められる

リサーチ会社のForrester Consultingはこのほど、非常に興味深い調査レポートを公表した。同社はアドビの委託の下おこなった調査の中で、手動プロセスの介在するPDF文書の管理・処理業務をデジタル化することによって、業務効率が劇的に改善できると言及。一般ユーザーならばPDF文書の処理に要する時間が一人あたり年間最大65時間削減され、IT担当者ならばPDF文書やライセンスの監査に要する時間が一人あたり平均して年間258時間もの時間が削減されることを報告した。

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

「『働く』をもっとおもしろくする」をミッションに掲げるFCEトレーニング・カンパニーは、そのミッションの本気度を裏付けるように、「働きがいのある会社ランキング」を8年連続で受賞している。しかし、同社 取締役副社長 藤原覚也氏は「設立時はボロボロの状態だった」と語る。なぜ、そんな状態だった会社がベストカンパニーとして連続表彰されるまでに至ったのか。「マイナビニュースフォーラム 働き方改革Day 2020 Nov. 変化に対応して成果を出し続ける組織とは」に登壇した藤原氏は、成果を出し続ける人財育成のポイントを解説した。

ECを "販売の場" から "課題解決の場" へ――レノボの法人専用ストア「LenovoPRO」はなぜ高い支持を得るのか?

【特別企画】ECを "販売の場" から "課題解決の場" へ――レノボの法人専用ストア「LenovoPRO」はなぜ高い支持を得るのか?

レノボ・ジャパンの展開する「LenovoPRO」は、SMBのユーザーから高い支持を集める法人専用ストアだ。同社によれば、LenovoPROを利用するユーザーの数は年々増加。中でも、リピートユーザーの数は2倍以上にまで増えているという。なぜ同サービスは、SMBから高い評価を得ているのか。

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」の基調講演では、Appleやマクドナルドといった名だたる企業のV字回復を成し遂げ、現在はゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEOを務める原田泳幸氏が登壇。デジタル化時代における経営の在り方について語った。

記事ランキング

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」の基調講演では、Appleやマクドナルドといった名だたる企業のV字回復を成し遂げ、現在はゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEOを務める原田泳幸氏が登壇。デジタル化時代における経営の在り方について語った。

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

「『働く』をもっとおもしろくする」をミッションに掲げるFCEトレーニング・カンパニーは、そのミッションの本気度を裏付けるように、「働きがいのある会社ランキング」を8年連続で受賞している。しかし、同社 取締役副社長 藤原覚也氏は「設立時はボロボロの状態だった」と語る。なぜ、そんな状態だった会社がベストカンパニーとして連続表彰されるまでに至ったのか。「マイナビニュースフォーラム 働き方改革Day 2020 Nov. 変化に対応して成果を出し続ける組織とは」に登壇した藤原氏は、成果を出し続ける人財育成のポイントを解説した。

コマツが実践する顧客目線のDX「ダントツバリュー」、成功の鍵は?

コマツが実践する顧客目線のDX「ダントツバリュー」、成功の鍵は?

来年に創立100周年を迎える小松製作所(以下、コマツ)。建設機械/鉱山機械メーカーとしてモノづくりに邁進してきた同社は、経済産業省と東京証券取引所が発表する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」企業のなかから、デジタル時代を先導する企業として「DXグランプリ2020」に選定された。コマツは、オールドエコノミーの一角である製造業界でいかにしてデジタルを活用し、価値創造を実現しているのか。12月3日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」にて、コマツ/Immersive Technologies Vice President 浅田寿士氏が、同社の取り組み事例について紹介した。

4

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

5
ワークマンが実践する「しない経営」- データ活用で目指す組織の進化

ワークマンが実践する「しない経営」- データ活用で目指す組織の進化

作業服のワークマンのビジネスが好調である。2020年3月期は対前年同期比で37.8%の増収を記録し、コロナ禍に見舞われた2021年3月期もプラス成長を維持する見通しだ。12月3日から4日にかけて行われた「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」では、急成長の立役者であるワークマン 役員席 専務取締役 土屋哲雄氏が登壇し、「データ経営を武器に成功を遂げた、ワークマンのアウトドアウェア進出」と題した講演を行なった。

作業服のワークマンのビジネスが好調である。2020年3月期は対前年同期比で37.8%の増収を記録し、コロナ禍に見舞われた2021年3月期もプラス成長を維持する見通しだ。12月3日から4日にかけて行われた「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」では、急成長の立役者であるワークマン 役員席 専務取締役 土屋哲雄氏が登壇し、「データ経営を武器に成功を遂げた、ワークマンのアウトドアウェア進出」と題した講演を行なった。

記事ランキング

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」の基調講演では、Appleやマクドナルドといった名だたる企業のV字回復を成し遂げ、現在はゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEOを務める原田泳幸氏が登壇。デジタル化時代における経営の在り方について語った。

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

「『働く』をもっとおもしろくする」をミッションに掲げるFCEトレーニング・カンパニーは、そのミッションの本気度を裏付けるように、「働きがいのある会社ランキング」を8年連続で受賞している。しかし、同社 取締役副社長 藤原覚也氏は「設立時はボロボロの状態だった」と語る。なぜ、そんな状態だった会社がベストカンパニーとして連続表彰されるまでに至ったのか。「マイナビニュースフォーラム 働き方改革Day 2020 Nov. 変化に対応して成果を出し続ける組織とは」に登壇した藤原氏は、成果を出し続ける人財育成のポイントを解説した。

コマツが実践する顧客目線のDX「ダントツバリュー」、成功の鍵は?

来年に創立100周年を迎える小松製作所(以下、コマツ)。建設機械/鉱山機械メーカーとしてモノづくりに邁進してきた同社は、経済産業省と東京証券取引所が発表する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」企業のなかから、デジタル時代を先導する企業として「DXグランプリ2020」に選定された。コマツは、オールドエコノミーの一角である製造業界でいかにしてデジタルを活用し、価値創造を実現しているのか。12月3日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」にて、コマツ/Immersive Technologies Vice President 浅田寿士氏が、同社の取り組み事例について紹介した。

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

ワークマンが実践する「しない経営」- データ活用で目指す組織の進化

作業服のワークマンのビジネスが好調である。2020年3月期は対前年同期比で37.8%の増収を記録し、コロナ禍に見舞われた2021年3月期もプラス成長を維持する見通しだ。12月3日から4日にかけて行われた「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」では、急成長の立役者であるワークマン 役員席 専務取締役 土屋哲雄氏が登壇し、「データ経営を武器に成功を遂げた、ワークマンのアウトドアウェア進出」と題した講演を行なった。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る