マイナビニュースマイナビ

IoTからIoBへと時代が変わりつつある今、求められるプライバシー戦略とは?

[2021/10/12 13:30]林雪絵 ブックマーク ブックマーク

社会を取り巻くデジタル環境の変化に伴い、企業に求められるセキュリティの考え方も日々変化している。既存の考えでは通用しない、デジタル時代のセキュリティへの新たな発想とはどのようなものなのか。

本稿では、10月6日~8日にガートナー ジャパンが開催した「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット2021」のなかから、米ガートナー プライバシーアナリストのバート・ウィレムセン(Bart Willemsen)氏による講演「プライバシーの展望:2022年」の模様をレポートする。

バート・ウィレムセン氏

米ガートナー プライバシーアナリストのバート・ウィレムセン氏

IoTからIoB(振る舞いのインターネット)へ

冒頭、ウィレムセン氏は「プライバシーは本質的に変化している」と述べ、社会の変化に合わせて、プライバシーの考え方が大きく変わっていく可能性を示唆した。今後、社会において我々の行動全てが何らかのかたちで登録され、監視され、個人情報があらゆるところに偏在するようになると指摘し、これまでの”モノのインターネット(IoT:Internet of Things)”から、”振る舞いのインターネット(IoB:Internet of Behavior)”への移行が起きるという。

IoBとは、人の身体の動き一つ一つから購買活動などに至るまで監視できる環境下において、人間の振る舞い全てを「行動」としてとらえ、分析することを指す。ガートナーでは、このIoBが2025年末までにはさまざまな場所で実施されるようになると予測している。ウィレムセン氏は「振る舞いの良し悪しは必ずしも重要視されない」と前置きしつつ、「IoBは人の行動を分析し、適切性と一致させることを目指す」ものだという。

例として挙げられたのは、保険分野だ。同氏は、ハンドルの切り方や速度、ブレーキの踏み方といった運転における振る舞いによって、保険会社やレンタカー会社が異なる価格設定をしている事例を紹介した上で、「IoBにおいて、振る舞いが起点となるシグナルはデジタルだけでなく、物理的な世界にも送られ、人の行動変容を促す」と説明した。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ガートナーが選出! 2019年に向けてCIOが知っておくべき10の技術トレンド

ガートナーが選出! 2019年に向けてCIOが知っておくべき10の技術トレンド

11月12日~14日に開催された年次カンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2018」。その2日目に登壇したガートナー ディスティングイッシュト バイス プレジデント アナリスト デイヴィッド・ウィリス氏は「2019年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」と題した講演を行なった。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る