ジェイエスフィット、メール無害化システム「CyberMail-ST」を導入 [事例]

[2017/09/12 12:10] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

サイバーソリューションズは9月12日、ジェイエスフィットがメール無害化システム「CyberMail-ST(サイバーメール-エスティー)」を導入したと発表した。

CyberMail-STは、オンプレミス型のメール無害化システム。インターネットセグメント側で受信されたメールを「メール本文の完全テキスト化(URLなどのリンク情報の削除を含む)」「添付ファイルの削除」に加え、独自開発機能である「添付ファイルテキスト挿入」や、「添付ファイルの画像変換」、ファイル無害化ソリューションとの連携といった無害化処理を行い、自動でイントラネットセグメント内の既存メールサーバへ転送する。

ジェイエスフィットでは、年々巧妙化する標的型攻撃や急拡大するマルウェアの被害を前に、セキュリティ対策強化の必要性を感じたことから、CyberMail-STを導入。現在、約400名で利用している。

社内運用のイメージ図

ジェイエスフィットは、2016年にサイバーソリューションズと販売代理店契約を締結。今回の導入により、社内の情報保全と業務効率の向上を実現すると共に、自社システムとして構築することで運用ノウハウを蓄積し、今後システムインテグレーターとして、同メールソリューションの販売を強化するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3070
2
ジェイエスフィット、メール無害化システム「CyberMail-ST」を導入 [事例]
サイバーソリューションズは9月12日、ジェイエスフィットがメール無害化システム「CyberMail-ST(サイバーメール-エスティー)」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
サイバーソリューションズは9月12日、ジェイエスフィットがメール無害化システム「CyberMail-ST(サイバーメール-エスティー)」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る