卒業生もアツイ夏! 修了は終わりではなく「始まり」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(後編)

卒業生もアツイ夏! 修了は終わりではなく「始まり」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(後編)

[2017/09/19 08:00]高橋睦美 ブックマーク ブックマーク

「できなくてへこんだ」- 経験がその後の糧に

キャンプ参加者に話を聞くと、「楽しかったけれどできなくて悔しかった、へこんだ」という感想が返ってくることが多いが、それは今や講師となった2人も同じだったようだ。

「自分は組み込みが好きで、マイコンも結構触っているつもりでした。けれど2013年に参加したとき、『コンピュータのアーキテクチャや低レイヤの仕組みなんて皆知っているよね』という前提で講義が進んで、『自分は何も知らないじゃないか』ということを認識しました。それからいろんな人に教えてもらったり、インターンに参加したりして、すごく勉強しました」(西永氏)

「まだまだ勉強中の身です」と声をそろえる2人だが、少しずつ、だが確実に成果を出している。

西永氏は2016年の「Google Summer of Code(GSoC)」に参加。著名なカーネル開発者の1人、グレッグ・クロー=ハートマン氏をメンターとしながら高性能マイコン「STM32F746NG」上でU-BootやBuildroot、Linuxを動作させるコードの開発に取り組み、このうちU-Boot向けパッチをコミュニティに投稿した。今後も、Linux向けに足りない機能をサポートするようなパッチを書き、コミュニティや次の世代に還元していきたいという。

また木村氏は2017年のGSoCに参加。2017年9月にバルセロナで開催される「r2con」に登壇し、オープンソースのリバースエンジニアリングフレームワーク「radare」用に実装した新機能について発表した。

木村氏は「名前が残っているハッカー的な人たちを尊敬していますし、目指しています。自分も、『これを作ったのはあの人だ』という何かを残したいと考えています。サブシステムとかソースコード1つという以上の、何かしらの形を残したいです」と意欲を見せた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

5日間の収穫は知識と技術、そして「きっかけ」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(前編)

5日間の収穫は知識と技術、そして「きっかけ」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(前編)

セキュリティ・キャンプ実施協議会と情報処理推進機構(IPA)は8月14日~18日、「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催した。本稿では、レポート前編として、大会の趣旨を紹介するとともに、3日目に行われた実践を伴う講義「サイバー犯罪捜査の現場」の模様をお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る