セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

【特別企画】セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

グローバル化が進み、合併や分社化などが積極的に行われる現代のビジネスにおいて、多様化した業務環境をつなげるネットワークの構築は不可欠。その中で、いかに高度なサイバー攻撃に備え、セキュリティ運用の負荷を減らすかは大きな課題だろう。それにはさまざまなセキュリティシステムを一元管理する仕組みや、可視化・自動化による効率化が求められる。

セキュリティ 新着情報

セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

【特別企画】セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

グローバル化が進み、合併や分社化などが積極的に行われる現代のビジネスにおいて、多様化した業務環境をつなげるネットワークの構築は不可欠。その中で、いかに高度なサイバー攻撃に備え、セキュリティ運用の負荷を減らすかは大きな課題だろう。それにはさまざまなセキュリティシステムを一元管理する仕組みや、可視化・自動化による効率化が求められる。

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

サイバーセキュリティクラウド(以下、CSC)と丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は6月18日、清水建設がCSCの国産クラウド型WAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」を導入したと発表した。

迫られるサイバーセキュリティ対策の"アップデート"- 東芝の取り組み

迫られるサイバーセキュリティ対策の"アップデート"- 東芝の取り組み

東陽テクニカが5月31日、都内にて開催した「産業セキュリティセミナー」では、2年前にサイバーセキュリティセンターを設立し、対策に乗り出した東芝から同センター長の天野隆氏が登壇。国内外のセキュリティ事情や東芝としての取り組みなどについて語った。

複雑化が進むネットワーク全体を面で捉えるセキュリティ対策とは?

【特別企画】複雑化が進むネットワーク全体を面で捉えるセキュリティ対策とは?

ビジネスにおいてITネットワークの広がりはさまざまな恩恵をもたらしたが、一方でセキュリティ面の不安は大きくなっている。その中で後付けになってしまいがちなのがセキュリティだが、面で防御するセキュリティで解決への道筋を探る。

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

「2020~2021年には、デジタルジャイアント7社のうち5社が自己破壊を起こし、ECにおける検索作業の30%が画像/音声検索になり、アプリ開発の半数以上がボットの開発になる」――全世界で2000人以上のアナリストを抱えるGartnerにおいて、その最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏の展望である。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

サイバーセキュリティクラウド(以下、CSC)と丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は6月18日、清水建設がCSCの国産クラウド型WAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」を導入したと発表した。

迫られるサイバーセキュリティ対策の

迫られるサイバーセキュリティ対策の"アップデート"- 東芝の取り組み

東陽テクニカが5月31日、都内にて開催した「産業セキュリティセミナー」では、2年前にサイバーセキュリティセンターを設立し、対策に乗り出した東芝から同センター長の天野隆氏が登壇。国内外のセキュリティ事情や東芝としての取り組みなどについて語った。

4
【特別企画】セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

【特別企画】セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

グローバル化が進み、合併や分社化などが積極的に行われる現代のビジネスにおいて、多様化した業務環境をつなげるネットワークの構築は不可欠。その中で、いかに高度なサイバー攻撃に備え、セキュリティ運用の負荷を減らすかは大きな課題だろう。それにはさまざまなセキュリティシステムを一元管理する仕組みや、可視化・自動化による効率化が求められる。

グローバル化が進み、合併や分社化などが積極的に行われる現代のビジネスにおいて、多様化した業務環境をつなげるネットワークの構築は不可欠。その中で、いかに高度なサイバー攻撃に備え、セキュリティ運用の負荷を減らすかは大きな課題だろう。それにはさまざまなセキュリティシステムを一元管理する仕組みや、可視化・自動化による効率化が求められる。

5
【連載】MS ゆりか先生が教えるWindows 10 セキュリティのアレコレ [1] Windows Defender の侮れない実力

【連載】MS ゆりか先生が教えるWindows 10 セキュリティのアレコレ [1] Windows Defender の侮れない実力

Windowsに標準で付属しているマルウェア対策ソフト「Windows Defender」をご存知でしょうか? もしご存じの方でも、「OS付属だから大したはことない」と、使っていない方もいらっしゃると思います。Windows 7以前のWindows Defenderは、「アドウェア」「スパイウェア」の検出に限られており、すべてのマルウェアを検知するためには、「Microsoft Security Essentials」を別途インストールする必要がありました。しかし、Windows 8以降はMicrosoft Security Essentials と統合され、すべてのタイプのマルウェアを検出可能になっています。

Windowsに標準で付属しているマルウェア対策ソフト「Windows Defender」をご存知でしょうか? もしご存じの方でも、「OS付属だから大したはことない」と、使っていない方もいらっしゃると思います。Windows 7以前のWindows Defenderは、「アドウェア」「スパイウェア」の検出に限られており、すべてのマルウェアを検知するためには、「Microsoft Security Essentials」を別途インストールする必要がありました。しかし、Windows 8以降はMicrosoft Security Essentials と統合され、すべてのタイプのマルウェアを検出可能になっています。

記事ランキング

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

サイバーセキュリティクラウド(以下、CSC)と丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は6月18日、清水建設がCSCの国産クラウド型WAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」を導入したと発表した。

迫られるサイバーセキュリティ対策の

東陽テクニカが5月31日、都内にて開催した「産業セキュリティセミナー」では、2年前にサイバーセキュリティセンターを設立し、対策に乗り出した東芝から同センター長の天野隆氏が登壇。国内外のセキュリティ事情や東芝としての取り組みなどについて語った。

【特別企画】セキュリティシステムからの情報を一元化・可視化してサイバー攻撃に素早く対処

グローバル化が進み、合併や分社化などが積極的に行われる現代のビジネスにおいて、多様化した業務環境をつなげるネットワークの構築は不可欠。その中で、いかに高度なサイバー攻撃に備え、セキュリティ運用の負荷を減らすかは大きな課題だろう。それにはさまざまなセキュリティシステムを一元管理する仕組みや、可視化・自動化による効率化が求められる。

【連載】MS ゆりか先生が教えるWindows 10 セキュリティのアレコレ [1] Windows Defender の侮れない実力

Windowsに標準で付属しているマルウェア対策ソフト「Windows Defender」をご存知でしょうか? もしご存じの方でも、「OS付属だから大したはことない」と、使っていない方もいらっしゃると思います。Windows 7以前のWindows Defenderは、「アドウェア」「スパイウェア」の検出に限られており、すべてのマルウェアを検知するためには、「Microsoft Security Essentials」を別途インストールする必要がありました。しかし、Windows 8以降はMicrosoft Security Essentials と統合され、すべてのタイプのマルウェアを検出可能になっています。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る