セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

【特別企画】クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

クラウドは「責任共有モデル」と呼ばれる独自の考え方に則って運用を行う必要がある。オンプレミスの常識が通用しないケースが数多くあるため、企業のクラウド活用が当たり前になってきた傍らで冒頭に挙げた悩みを抱える方も増えているのではないだろうか。そんな時に頼りにしたいのが、クラウド設計・運用のベストプラクティスをまとめた、Amazon Web Services (以下、AWS) の「AWS Well Architected フレームワーク(以下、W-A)」だ。

セキュリティ 新着情報

クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

【特別企画】クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

クラウドは「責任共有モデル」と呼ばれる独自の考え方に則って運用を行う必要がある。オンプレミスの常識が通用しないケースが数多くあるため、企業のクラウド活用が当たり前になってきた傍らで冒頭に挙げた悩みを抱える方も増えているのではないだろうか。そんな時に頼りにしたいのが、クラウド設計・運用のベストプラクティスをまとめた、Amazon Web Services (以下、AWS) の「AWS Well Architected フレームワーク(以下、W-A)」だ。

AWSへの全面移行を進める森永乳業はどんなクラウドセキュリティを実践しているのか?

【特別企画】AWSへの全面移行を進める森永乳業はどんなクラウドセキュリティを実践しているのか?

森永乳業は30年以上運営していたオンプレミスのIT基盤を対象に、AWSを選択の上、全面的なクラウドシフトへと舵を切った。この取り組みは、ホストコンピューターやUNIXといったレガシーシステムが多く存在するIT基盤を "IA化と合わせてクラウド化した好例" として、幾つものメディアがその詳細を取り上げている。ただ、同取り組みが好例たる理由はそれだけではない。クラウドセキュリティの観点でも、数々のユニークな試みが実践されているのだ。トレンドマイクロが提供するウェビナーコンテンツ「森永乳業のAWSセキュリティ実践~安全安心なクラウドで攻めのITへ~」から、森永乳業のセキュリティ戦略をみていこう。

プライバシーテックで世界に挑む、PR企業×DMP大手のジョイントベンチャー

プライバシーテックで世界に挑む、PR企業×DMP大手のジョイントベンチャー

ビッグデータを活用したビジネスが急拡大するなか、特に個人データの取り扱いに関してはプライバシーやセキュリティ面での課題が数多く残されている。ここに目を付けたのが、ベクトルとインティメート・マージャーの出資により2020年3月に設立されたPriv Techだ。同社が開発を進めるサービスの詳細や今後の展望について、同社代表取締役の中道大輔氏に話を聞いた。

サイバー攻撃に対して企業が取るべきは「文化の構築」

【特別企画】サイバー攻撃に対して企業が取るべきは「文化の構築」

「サイバーセキュリティを強化するために、企業は『文化』としてセキュリティを組み入れなければならない」2020年1月20日にマイナビニュース主催で開催されたセミナー「2020年の業界キーワード"サイバーレジリエンシー"を語りつくす」では、今述べたメッセージが強く提唱された。高度化しているサイバー攻撃に対して、企業が取るべき備えは何なのか。インシデントが起きてしまった場合にはどういった対処法が求められるのか。本稿でダウンロードできるセミナーレポートでは、先の課題に対するアンサーを、"テクノロジーの活用" と "企業文化の構築" の両面から探っていく。

広がり続ける保護対象を、楽してセキュアに保つ方法とは?

【特別企画】広がり続ける保護対象を、楽してセキュアに保つ方法とは?

今日では "ファイアウォールの内側を守ればよい" という従来の常識は通用しない。守るべき対象を広げなければ、情報資産を保護することが叶わなくなっているのだ。ただ、困ったことに、IT人材は不足する一方だ。限られた経営資源でどうやって守るべき対象を広げていくか。本稿では、「広がり続ける保護対象を楽してセキュアに保つ方法」をテーマに実施したJBサービスへの取材の模様を紹介したい。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

プライバシーテックで世界に挑む、PR企業×DMP大手のジョイントベンチャー

プライバシーテックで世界に挑む、PR企業×DMP大手のジョイントベンチャー

ビッグデータを活用したビジネスが急拡大するなか、特に個人データの取り扱いに関してはプライバシーやセキュリティ面での課題が数多く残されている。ここに目を付けたのが、ベクトルとインティメート・マージャーの出資により2020年3月に設立されたPriv Techだ。同社が開発を進めるサービスの詳細や今後の展望について、同社代表取締役の中道大輔氏に話を聞いた。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

【特別企画】クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

クラウドは「責任共有モデル」と呼ばれる独自の考え方に則って運用を行う必要がある。オンプレミスの常識が通用しないケースが数多くあるため、企業のクラウド活用が当たり前になってきた傍らで冒頭に挙げた悩みを抱える方も増えているのではないだろうか。そんな時に頼りにしたいのが、クラウド設計・運用のベストプラクティスをまとめた、Amazon Web Services (以下、AWS) の「AWS Well Architected フレームワーク(以下、W-A)」だ。

4
【特別企画】サイバー攻撃に対して企業が取るべきは「文化の構築」

【特別企画】サイバー攻撃に対して企業が取るべきは「文化の構築」

「サイバーセキュリティを強化するために、企業は『文化』としてセキュリティを組み入れなければならない」2020年1月20日にマイナビニュース主催で開催されたセミナー「2020年の業界キーワード"サイバーレジリエンシー"を語りつくす」では、今述べたメッセージが強く提唱された。高度化しているサイバー攻撃に対して、企業が取るべき備えは何なのか。インシデントが起きてしまった場合にはどういった対処法が求められるのか。本稿でダウンロードできるセミナーレポートでは、先の課題に対するアンサーを、"テクノロジーの活用" と "企業文化の構築" の両面から探っていく。

「サイバーセキュリティを強化するために、企業は『文化』としてセキュリティを組み入れなければならない」2020年1月20日にマイナビニュース主催で開催されたセミナー「2020年の業界キーワード"サイバーレジリエンシー"を語りつくす」では、今述べたメッセージが強く提唱された。高度化しているサイバー攻撃に対して、企業が取るべき備えは何なのか。インシデントが起きてしまった場合にはどういった対処法が求められるのか。本稿でダウンロードできるセミナーレポートでは、先の課題に対するアンサーを、"テクノロジーの活用" と "企業文化の構築" の両面から探っていく。

5
【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

記事ランキング

プライバシーテックで世界に挑む、PR企業×DMP大手のジョイントベンチャー

ビッグデータを活用したビジネスが急拡大するなか、特に個人データの取り扱いに関してはプライバシーやセキュリティ面での課題が数多く残されている。ここに目を付けたのが、ベクトルとインティメート・マージャーの出資により2020年3月に設立されたPriv Techだ。同社が開発を進めるサービスの詳細や今後の展望について、同社代表取締役の中道大輔氏に話を聞いた。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】クラウドとセキュリティのエキスパートが解説! クラウドのセキュリティ、何から始めたらいい?

クラウドは「責任共有モデル」と呼ばれる独自の考え方に則って運用を行う必要がある。オンプレミスの常識が通用しないケースが数多くあるため、企業のクラウド活用が当たり前になってきた傍らで冒頭に挙げた悩みを抱える方も増えているのではないだろうか。そんな時に頼りにしたいのが、クラウド設計・運用のベストプラクティスをまとめた、Amazon Web Services (以下、AWS) の「AWS Well Architected フレームワーク(以下、W-A)」だ。

【特別企画】サイバー攻撃に対して企業が取るべきは「文化の構築」

「サイバーセキュリティを強化するために、企業は『文化』としてセキュリティを組み入れなければならない」2020年1月20日にマイナビニュース主催で開催されたセミナー「2020年の業界キーワード"サイバーレジリエンシー"を語りつくす」では、今述べたメッセージが強く提唱された。高度化しているサイバー攻撃に対して、企業が取るべき備えは何なのか。インシデントが起きてしまった場合にはどういった対処法が求められるのか。本稿でダウンロードできるセミナーレポートでは、先の課題に対するアンサーを、"テクノロジーの活用" と "企業文化の構築" の両面から探っていく。

【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る