マイナビニュースマイナビ

セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓  - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓 - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

セキュリティ 新着情報

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓  - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓 - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

ビジネスメール詐欺に備えてメールの転送を見直そう

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [27] ビジネスメール詐欺に備えてメールの転送を見直そう

今回は、取引先や自社の経営者層などになりすましたフィッシング攻撃「ビジネスメール詐欺(BEC:Business Email Compromise)」において攻撃者が多用する手口の一つであるメールの転送に着目し、見直すべきポイントなどについて解説します。

エンカレッジ・テクノロジが次世代型特権ID管理ソフトを発表

エンカレッジ・テクノロジが次世代型特権ID管理ソフトを発表

エンカレッジ・テクノロジは2月9日、記者会見を開き、社内外のセキュリティリスクからシステムを守る特権ID管理ソフトウェアの次世代型製品「ESS AdminONE(イーエスエスアドミンワン)」を3月上旬から販売を開始すると発表した。

無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

記事ランキング

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓  - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓 - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【第5回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第5回】情報セキュリティ事故対応アワード

不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業を表彰するイベント『情報セキュリティ事故対応アワード』を今年も開催いたしました。今回は16件がノミネート。そのなかから、特に素晴らしかった2組織を表彰いたしました。

4
【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

5
【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

記事ランキング

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓  - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【第5回】情報セキュリティ事故対応アワード

不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業を表彰するイベント『情報セキュリティ事故対応アワード』を今年も開催いたしました。今回は16件がノミネート。そのなかから、特に素晴らしかった2組織を表彰いたしました。

【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る