セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

セキュリティ 新着情報

社内CSIRTの抱える問題点とアウトソーシングの有効性

【連載】どうする!? セキュリティ運用アウトソーシング [6] 社内CSIRTの抱える問題点とアウトソーシングの有効性

セキュリティ人材の確保への対策の一つとして、今回はセキュリティ運用のインソーシングとアウトソーシングについて考えてみます。

世界に9万7,000人いる社員をつなぐ、安全なネットワーク接続とは

【特別企画】世界に9万7,000人いる社員をつなぐ、安全なネットワーク接続とは

さまざまな製品やサービスを提供するリコーグループ。約200の国と地域で事業展開しており、世界中に約9万7,000人の従業員を有する。その司令塔となるのが、東京に本拠を構えるリコー本社だ。「顧客起点で発想し、高い目標に挑戦しつづけ、チームワークを発揮してイノベーションを起こす」という同社の経営理念を実現する上で、ITが担う役割は大きい。ネットワークへの不正アクセスによる個人情報の漏洩や流出などで、企業の社会的信用を損ねる事件が相次ぐ中、リコーでもネットワーク管理をより強固にするためのセキュリティ対策が急務だった。

Azureのセキュリティアップデート

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [17] Azureのセキュリティアップデート

前回までに、クラウド事業者と利用者の情報セキュリティの責任分担、そして「Microsoft Office 365」のセキュリティアップデートの配信と管理について説明しました。今回は、Microsoft Azure(以下、Azure)のセキュリティアップデートについて取り上げたいと思います。

セキュリティの重点はモノから運用へ

【連載】どうする!? セキュリティ運用アウトソーシング [5] セキュリティの重点はモノから運用へ

セキュリティ機器も進化しており、適切に運用すれば、世の中で跋扈する大半の攻撃を防ぐことができます。しかし、問題になるのはそれ以外の対応です。調査しながら抜け穴を探す標的型攻撃や、企業買収に伴うネットワーク統合で生じた脆弱性などにどう対応するべきでしょうか。

【第3回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第3回】情報セキュリティ事故対応アワード

第3回 情報セキュリティ事故対応アワードのまとめページです。3年目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワードは、昨年に続き経済産業省が後援。8月には受賞企業のぴあが当時の詳細を振り返る講演に登壇するするなど、これまで以上に中身の濃いイベントになりました

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【第3回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第3回】情報セキュリティ事故対応アワード

第3回 情報セキュリティ事故対応アワードのまとめページです。3年目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワードは、昨年に続き経済産業省が後援。8月には受賞企業のぴあが当時の詳細を振り返る講演に登壇するするなど、これまで以上に中身の濃いイベントになりました

【第1回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第1回】情報セキュリティ事故対応アワード

IT Search+では、不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業・団体を表彰する『セキュリティ事故対応アワード』を開催いたしました。国内セキュリティ業界で影響力のある有識者5人を審査員に迎え、100を超えるインシデントを調査。主に説明責任/情報開示に焦点を当て、対応の素晴らしかった企業3社を選定。いずれもユーザーファーストで行動した素晴らしい企業ばかり。ぜひ模範事例として参考にしてください。

4
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [8] Dashlane - 主な使い方

【連載】パスワード管理アプリの選び方 [8] Dashlane - 主な使い方

DashlaneのWebブラウザエクステンションはユーザに対してアカウントデータの自動登録や、ランダムパスワードの生成などの機能を提供してくれる。Webブラウザから入力するアカウントデータをDashlaneに管理させたいということであれば、Webブラウザからログインを行えばよい。Dashlaneが自動的にアカウントデータの登録を行い、管理対象に設定してくれる。

DashlaneのWebブラウザエクステンションはユーザに対してアカウントデータの自動登録や、ランダムパスワードの生成などの機能を提供してくれる。Webブラウザから入力するアカウントデータをDashlaneに管理させたいということであれば、Webブラウザからログインを行えばよい。Dashlaneが自動的にアカウントデータの登録を行い、管理対象に設定してくれる。

5
【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

記事ランキング

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【第3回】情報セキュリティ事故対応アワード

第3回 情報セキュリティ事故対応アワードのまとめページです。3年目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワードは、昨年に続き経済産業省が後援。8月には受賞企業のぴあが当時の詳細を振り返る講演に登壇するするなど、これまで以上に中身の濃いイベントになりました

【第1回】情報セキュリティ事故対応アワード

IT Search+では、不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業・団体を表彰する『セキュリティ事故対応アワード』を開催いたしました。国内セキュリティ業界で影響力のある有識者5人を審査員に迎え、100を超えるインシデントを調査。主に説明責任/情報開示に焦点を当て、対応の素晴らしかった企業3社を選定。いずれもユーザーファーストで行動した素晴らしい企業ばかり。ぜひ模範事例として参考にしてください。

【連載】パスワード管理アプリの選び方 [8] Dashlane - 主な使い方

DashlaneのWebブラウザエクステンションはユーザに対してアカウントデータの自動登録や、ランダムパスワードの生成などの機能を提供してくれる。Webブラウザから入力するアカウントデータをDashlaneに管理させたいということであれば、Webブラウザからログインを行えばよい。Dashlaneが自動的にアカウントデータの登録を行い、管理対象に設定してくれる。

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る