セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

セキュリティ 新着情報

簡単・低価格・短時間に企業のセキュリティ脆弱性を検査できる「VAddy」~販売パートナーも募集

【特別企画】簡単・低価格・短時間に企業のセキュリティ脆弱性を検査できる「VAddy」~販売パートナーも募集

Web関連のサービスが社会のインフラとなりつつある今、SlerやITベンダー、SaaSプロバイダーの競争は激化している。この競争で優位に立ち、利用者に選ばれるために必要とされる条件とは何なのだろうか。

【先着&抽選で10名ずつギフト券プレゼント】企業ネットワークに関するアンケート

【特別企画】【先着&抽選で10名ずつギフト券プレゼント】企業ネットワークに関するアンケート

マイナビニュースでは、企業ネットワークに関するアンケートを実施しています。Amazonギフト券がもらえるプレゼントキャンペーンも展開していますので、ぜひご協力ください。

アンケート調査から紐解く、テレワーク整備の課題と解決へのアプローチ

【特別企画】アンケート調査から紐解く、テレワーク整備の課題と解決へのアプローチ

2020年夏に向けて、場所や時間を問わない柔軟な働き方を実現するテレワーク制度の整備を急ぐ企業が増えています。アンケート調査の結果をもとに、ネットワーク環境のポイントとなる「インターネット回線」「プロキシ」「リモートアクセス(VP)」に関する企業のカン違いを指摘。快適にクラウドサービスを利用するためのネットワーク環境に必要な要素と、最適なソリューションについてご紹介します。

テレワーク/在宅勤務の実現に、なぜDNSセキュリティが有効なのか

【特別企画】テレワーク/在宅勤務の実現に、なぜDNSセキュリティが有効なのか

テレワークの推進に大きな課題となっているのがセキュリティだ。近年はクラウドサービスの利用が進んだことで、対策も複雑になりがち。そうしたなか、低コストで効率的なセキュリティを実現するアプローチとして注目を集めているのが「DNSセキュリティ」だ。

教育機関のセキュリティ課題に立ち向かう、簡単・効果的に活用できる脅威インテリジェンス

【特別企画】教育機関のセキュリティ課題に立ち向かう、簡単・効果的に活用できる脅威インテリジェンス

教育機関では、数多くの学生や保護者に関する情報を扱う必要があり、一般企業よりも多くの個人情報を管理しているケースも少なくない。そのため、サイバー攻撃のターゲットになりやすく、セキュリティ対策の強化が喫緊の課題となっている。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】【先着&抽選で10名ずつギフト券プレゼント】企業ネットワークに関するアンケート

【特別企画】【先着&抽選で10名ずつギフト券プレゼント】企業ネットワークに関するアンケート

マイナビニュースでは、企業ネットワークに関するアンケートを実施しています。Amazonギフト券がもらえるプレゼントキャンペーンも展開していますので、ぜひご協力ください。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】簡単・低価格・短時間に企業のセキュリティ脆弱性を検査できる「VAddy」~販売パートナーも募集

【特別企画】簡単・低価格・短時間に企業のセキュリティ脆弱性を検査できる「VAddy」~販売パートナーも募集

Web関連のサービスが社会のインフラとなりつつある今、SlerやITベンダー、SaaSプロバイダーの競争は激化している。この競争で優位に立ち、利用者に選ばれるために必要とされる条件とは何なのだろうか。

4
【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

5
Google、企業向けサービスのセキュリティを強化 - Titan セキュリティキー国内発売ほか

Google、企業向けサービスのセキュリティを強化 - Titan セキュリティキー国内発売ほか

グーグルは、「Google Cloud Next '19 in Tokyo」の2日目において、国内ユーザーがより安全かつ簡単に利用できる機能やサービスをいくつか発表した。標的型攻撃のターゲットとなりやすいユーザーに堅固なログイン機能を提供する。

グーグルは、「Google Cloud Next '19 in Tokyo」の2日目において、国内ユーザーがより安全かつ簡単に利用できる機能やサービスをいくつか発表した。標的型攻撃のターゲットとなりやすいユーザーに堅固なログイン機能を提供する。

記事ランキング

【特別企画】【先着&抽選で10名ずつギフト券プレゼント】企業ネットワークに関するアンケート

マイナビニュースでは、企業ネットワークに関するアンケートを実施しています。Amazonギフト券がもらえるプレゼントキャンペーンも展開していますので、ぜひご協力ください。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】簡単・低価格・短時間に企業のセキュリティ脆弱性を検査できる「VAddy」~販売パートナーも募集

Web関連のサービスが社会のインフラとなりつつある今、SlerやITベンダー、SaaSプロバイダーの競争は激化している。この競争で優位に立ち、利用者に選ばれるために必要とされる条件とは何なのだろうか。

【第4回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年も経済産業省の後援の下、情報セキュリティ事故対応アワードが開催されました。今回はノミネート数が多く、意見の分かれる審査会となりました。最終的に7組織を選出、4組織が受賞の運びとなりました。

Google、企業向けサービスのセキュリティを強化 - Titan セキュリティキー国内発売ほか

グーグルは、「Google Cloud Next '19 in Tokyo」の2日目において、国内ユーザーがより安全かつ簡単に利用できる機能やサービスをいくつか発表した。標的型攻撃のターゲットとなりやすいユーザーに堅固なログイン機能を提供する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る