セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

進化を続けるサイバー攻撃にはAI/機械学習によるリアルタイム脅威検知が求められる

【特別企画】進化を続けるサイバー攻撃にはAI/機械学習によるリアルタイム脅威検知が求められる

企業や組織にとって、サイバー攻撃やネット上の脅威への対策は重要課題となっている一方、攻撃手法は日々進化を続けており、膨大な量と種類があるデータの中から潜在的な脅威を的確に見つけ出し、迅速に対応を行うのは極めて難しい作業となってきている。この作業を高効率、かつ高精度に行うために有効なアプローチのひとつが「機械学習」を用いたAIによる脅威検知だ。本稿では、セキュリティサービスベンダーであるウェブルートが採用する「脅威検知AI」と、その技術を組み込んだ製品群について解説したホワイトペーパー資料を紹介する。

セキュリティ 新着情報

進化を続けるサイバー攻撃にはAI/機械学習によるリアルタイム脅威検知が求められる

【特別企画】進化を続けるサイバー攻撃にはAI/機械学習によるリアルタイム脅威検知が求められる

企業や組織にとって、サイバー攻撃やネット上の脅威への対策は重要課題となっている一方、攻撃手法は日々進化を続けており、膨大な量と種類があるデータの中から潜在的な脅威を的確に見つけ出し、迅速に対応を行うのは極めて難しい作業となってきている。この作業を高効率、かつ高精度に行うために有効なアプローチのひとつが「機械学習」を用いたAIによる脅威検知だ。本稿では、セキュリティサービスベンダーであるウェブルートが採用する「脅威検知AI」と、その技術を組み込んだ製品群について解説したホワイトペーパー資料を紹介する。

暗号通貨を勝手に採掘するマルウェアとは?

【連載】ランサムウェアからIoTまで セキュリティにちょっと詳しくなれるTips集 [9] 暗号通貨を勝手に採掘するマルウェアとは?

最近流行しているマルウェアで「マイニングマルウェア」というものがあります。このマイニングマルウェアは、名前の通り「採掘」を目的とした活動を行うもので、暗号通貨のマイニングに使われるケースが相次いで報告されています。

「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者

【連載】この人に聞きたい! 辻伸弘のセキュリティサイドライト [6] 「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者

今回は、入社時より標的型攻撃メール訓練に取り組んできたラックの川島 夏海氏にお話を伺います。実施しても、次のアクションにつなげづらいと言われる標的型攻撃メール訓練。川島氏は、どう考えて顧客と付き合ってきたのか。課題感と今後の展望を聞きました。

決定! セキュリティ・キャンプ アワード2018 - 修了生の"その後"を評価

決定! セキュリティ・キャンプ アワード2018 - 修了生の"その後"を評価

セキュリティ・キャンプ実施協議会は3月16日、2017年度のキャンプを締めくくる「セキュリティ・キャンプフォーラム2018」を開催。同フォーラムは、キャンプ修了生のその後の活動から、特に優秀な修了生を決める「セキュリティ・キャンプアワード2018」の最終選考の場となっている。

目指すは"地産地消"の人材育成! セキュリティ・キャンプの新たな挑戦

目指すは"地産地消"の人材育成! セキュリティ・キャンプの新たな挑戦

若年層の人材発掘・育成を目的に毎年開催される「セキュリティ・キャンプ」。2017年度は成長した過去の修了生に講師を依頼するなど、新たな試みもあった。同年度の活動を振り返ると共に、今後の展望について、セキュリティ・キャンプ実施協議会の国分裕氏らに話を聞いた。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

決定! セキュリティ・キャンプ アワード2018 - 修了生の

決定! セキュリティ・キャンプ アワード2018 - 修了生の"その後"を評価

セキュリティ・キャンプ実施協議会は3月16日、2017年度のキャンプを締めくくる「セキュリティ・キャンプフォーラム2018」を開催。同フォーラムは、キャンプ修了生のその後の活動から、特に優秀な修了生を決める「セキュリティ・キャンプアワード2018」の最終選考の場となっている。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【連載】この人に聞きたい! 辻伸弘のセキュリティサイドライト [6] 「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者

【連載】この人に聞きたい! 辻伸弘のセキュリティサイドライト [6] 「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者

今回は、入社時より標的型攻撃メール訓練に取り組んできたラックの川島 夏海氏にお話を伺います。実施しても、次のアクションにつなげづらいと言われる標的型攻撃メール訓練。川島氏は、どう考えて顧客と付き合ってきたのか。課題感と今後の展望を聞きました。

4
【連載】ランサムウェアからIoTまで セキュリティにちょっと詳しくなれるTips集 [9] 暗号通貨を勝手に採掘するマルウェアとは?

【連載】ランサムウェアからIoTまで セキュリティにちょっと詳しくなれるTips集 [9] 暗号通貨を勝手に採掘するマルウェアとは?

最近流行しているマルウェアで「マイニングマルウェア」というものがあります。このマイニングマルウェアは、名前の通り「採掘」を目的とした活動を行うもので、暗号通貨のマイニングに使われるケースが相次いで報告されています。

最近流行しているマルウェアで「マイニングマルウェア」というものがあります。このマイニングマルウェアは、名前の通り「採掘」を目的とした活動を行うもので、暗号通貨のマイニングに使われるケースが相次いで報告されています。

5
EUの個人情報保護法「GDPR」施行まであと1年、対応は「経営課題」

EUの個人情報保護法「GDPR」施行まであと1年、対応は「経営課題」

EU一般データ保護規制(GDPR : General Data Protoction Regulation)の施行が2018年5月25日と、1年を切った。欧州地域と取引関係のある企業であれば例外なしに影響を受けるこの規定だが、どのように対処すれば良いのか、システムとしてどう対応すべきなのか、あまり理解が進んでいない。SymantecのAPAC 政府関連機関担当ディレクターのBrian Fletcher氏に、GDPRへの対応策について話を聞いた。

EU一般データ保護規制(GDPR : General Data Protoction Regulation)の施行が2018年5月25日と、1年を切った。欧州地域と取引関係のある企業であれば例外なしに影響を受けるこの規定だが、どのように対処すれば良いのか、システムとしてどう対応すべきなのか、あまり理解が進んでいない。SymantecのAPAC 政府関連機関担当ディレクターのBrian Fletcher氏に、GDPRへの対応策について話を聞いた。

記事ランキング

決定! セキュリティ・キャンプ アワード2018 - 修了生の

セキュリティ・キャンプ実施協議会は3月16日、2017年度のキャンプを締めくくる「セキュリティ・キャンプフォーラム2018」を開催。同フォーラムは、キャンプ修了生のその後の活動から、特に優秀な修了生を決める「セキュリティ・キャンプアワード2018」の最終選考の場となっている。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【連載】この人に聞きたい! 辻伸弘のセキュリティサイドライト [6] 「標的型攻撃メール訓練は意味あるの?」 理解を求めて戦うラック担当者

今回は、入社時より標的型攻撃メール訓練に取り組んできたラックの川島 夏海氏にお話を伺います。実施しても、次のアクションにつなげづらいと言われる標的型攻撃メール訓練。川島氏は、どう考えて顧客と付き合ってきたのか。課題感と今後の展望を聞きました。

【連載】ランサムウェアからIoTまで セキュリティにちょっと詳しくなれるTips集 [9] 暗号通貨を勝手に採掘するマルウェアとは?

最近流行しているマルウェアで「マイニングマルウェア」というものがあります。このマイニングマルウェアは、名前の通り「採掘」を目的とした活動を行うもので、暗号通貨のマイニングに使われるケースが相次いで報告されています。

EUの個人情報保護法「GDPR」施行まであと1年、対応は「経営課題」

EU一般データ保護規制(GDPR : General Data Protoction Regulation)の施行が2018年5月25日と、1年を切った。欧州地域と取引関係のある企業であれば例外なしに影響を受けるこの規定だが、どのように対処すれば良いのか、システムとしてどう対応すべきなのか、あまり理解が進んでいない。SymantecのAPAC 政府関連機関担当ディレクターのBrian Fletcher氏に、GDPRへの対応策について話を聞いた。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドサービス アンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る