セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -"鍵"を握るのはデバイスの選択

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -"鍵"を握るのはデバイスの選択

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、米HPのFellow & VP, Chief Technologist for Security Research and Innovationであるバラシェフ・ボリス氏(Boris Balacheff)の講演「HPのセキュリティイノベーションと米国事例に学ぶデバイス調達戦略」の内容をレポートする。

セキュリティ 新着情報

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -"鍵"を握るのはデバイスの選択

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -"鍵"を握るのはデバイスの選択

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、米HPのFellow & VP, Chief Technologist for Security Research and Innovationであるバラシェフ・ボリス氏(Boris Balacheff)の講演「HPのセキュリティイノベーションと米国事例に学ぶデバイス調達戦略」の内容をレポートする。

USBやスマートフォンなどのデバイスを制御し情報漏洩を防ぐには?

【特別企画】USBやスマートフォンなどのデバイスを制御し情報漏洩を防ぐには?

個人情報が流出する要因は多岐にわたるが、特に注意したいのがUSBメモリやCD/DVD/BDなどからの漏洩だろう。社外に持ち出したデータは漏洩先の特定が難しく、モバイルデバイスや各種メディアへのデータコピーを制御する仕組みが求められる。

グローバル展開を見据え、日本企業が対応すべきサイバー空間の"ルール"

グローバル展開を見据え、日本企業が対応すべきサイバー空間の"ルール"

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、多摩大学 ルール形成戦略研究所 所長 國分 俊史氏による講演「世界で起きているサイバー空間におけるルール形成の最新動向と日本への影響」の内容をレポートする。

NESIC、工場向け監視ソリューションに「AppFormix」「JATP」を採用 [事例]

NESIC、工場向け監視ソリューションに「AppFormix」「JATP」を採用 [事例]

ジュニパーネットワークスは10月2日、NECネッツエスアイ(以下、NESIC)が、同社の新たな工場向けネットワークモニタリングソリューション「FAネットワークモニター」に、ジュニパーネットワークスのクラウド運用管理/パフォーマンス最適化ソフトウエア「AppFormix」と、オンプレミス型マルウェア対策製品「Juniper Advanced Threat Prevention(JATP)」を採用したと発表した。

犯罪者の選択

【連載】どうする!? セキュリティ運用アウトソーシング [2] 犯罪者の選択

今回からは、過去と現在で大きく変わったと感じている「人の脆弱性」に注目したサイバーセキュリティの話をしたいと思います。まずは、現実世界の犯罪とサイバー空間の犯罪を比較し、セキュリティ対策のトレンドをご紹介します。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -"鍵"を握るのはデバイスの選択

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、米HPのFellow & VP, Chief Technologist for Security Research and Innovationであるバラシェフ・ボリス氏(Boris Balacheff)の講演「HPのセキュリティイノベーションと米国事例に学ぶデバイス調達戦略」の内容をレポートする。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】USBやスマートフォンなどのデバイスを制御し情報漏洩を防ぐには?

【特別企画】USBやスマートフォンなどのデバイスを制御し情報漏洩を防ぐには?

個人情報が流出する要因は多岐にわたるが、特に注意したいのがUSBメモリやCD/DVD/BDなどからの漏洩だろう。社外に持ち出したデータは漏洩先の特定が難しく、モバイルデバイスや各種メディアへのデータコピーを制御する仕組みが求められる。

4
セキュリティ事故に直面した企業の対応に迫る! ぴあが語った「あの時」の話

セキュリティ事故に直面した企業の対応に迫る! ぴあが語った「あの時」の話

第88回IT Search+スペシャルセミナーでは、今年3月に開催した「第3回 情報セキュリティ事故対応アワード」で優秀賞を受賞したぴあの取締役社長室長 兼 広報室長 小林覚氏とCISO室長 兼 システム局専任局次長 川上誠氏が登壇。事故発生当時の対応を振り返りながら、5名の審査員らと共にディスカッションを行った。

第88回IT Search+スペシャルセミナーでは、今年3月に開催した「第3回 情報セキュリティ事故対応アワード」で優秀賞を受賞したぴあの取締役社長室長 兼 広報室長 小林覚氏とCISO室長 兼 システム局専任局次長 川上誠氏が登壇。事故発生当時の対応を振り返りながら、5名の審査員らと共にディスカッションを行った。

5
グローバル展開を見据え、日本企業が対応すべきサイバー空間の

グローバル展開を見据え、日本企業が対応すべきサイバー空間の"ルール"

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、多摩大学 ルール形成戦略研究所 所長 國分 俊史氏による講演「世界で起きているサイバー空間におけるルール形成の最新動向と日本への影響」の内容をレポートする。

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、多摩大学 ルール形成戦略研究所 所長 國分 俊史氏による講演「世界で起きているサイバー空間におけるルール形成の最新動向と日本への影響」の内容をレポートする。

記事ランキング

進化する攻撃者とセキュリティの攻防 -

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、米HPのFellow & VP, Chief Technologist for Security Research and Innovationであるバラシェフ・ボリス氏(Boris Balacheff)の講演「HPのセキュリティイノベーションと米国事例に学ぶデバイス調達戦略」の内容をレポートする。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】USBやスマートフォンなどのデバイスを制御し情報漏洩を防ぐには?

個人情報が流出する要因は多岐にわたるが、特に注意したいのがUSBメモリやCD/DVD/BDなどからの漏洩だろう。社外に持ち出したデータは漏洩先の特定が難しく、モバイルデバイスや各種メディアへのデータコピーを制御する仕組みが求められる。

セキュリティ事故に直面した企業の対応に迫る! ぴあが語った「あの時」の話

第88回IT Search+スペシャルセミナーでは、今年3月に開催した「第3回 情報セキュリティ事故対応アワード」で優秀賞を受賞したぴあの取締役社長室長 兼 広報室長 小林覚氏とCISO室長 兼 システム局専任局次長 川上誠氏が登壇。事故発生当時の対応を振り返りながら、5名の審査員らと共にディスカッションを行った。

グローバル展開を見据え、日本企業が対応すべきサイバー空間の

日本HPは9月14日、「経営戦略としてのサイバーセキュリティ ~米国NIST標準のセキュリティフレームワークとその対応ソリューション~」と題したセミナーを開催した。本稿では、多摩大学 ルール形成戦略研究所 所長 國分 俊史氏による講演「世界で起きているサイバー空間におけるルール形成の最新動向と日本への影響」の内容をレポートする。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る