セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

セキュリティ 新着情報

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

情報処理推進機構(IPA)は9月23日、24日、山梨県甲府市にて「セキュリティ・ミニキャンプinやまなし 2017」を開催した。今回のミニキャンプの隠れたテーマは「つながり」。本稿では、2日にわたって開催された同キャンプの模様をお届けしよう。

Androidマルウェアが続々登場、利用者が知っておくべきチェックポイント

【連載】ランサムウェアからIoTまで セキュリティにちょっと詳しくなれるTips集 [6] Androidマルウェアが続々登場、利用者が知っておくべきチェックポイント

前回から引き続きAndroidのマルウェアについて解説していきます。前回から少し間が空いてしまいましたが、その間に海外を中心にさまざまなAndroidマルウェアが続出しています。今回は、そのAndroidユーザーをターゲットにした最新のマルウェアについて触れていきます。

なぜNetflixは不正な新規アカウントを正確に検知できるようになったのか?

【特別企画】なぜNetflixは不正な新規アカウントを正確に検知できるようになったのか?

Netflixは、190を超える国で7,500万人以上の会員を擁する世界有数のインターネット映像ネットワークだ。会員は1日1億2,500万時間以上のTV番組や映画を視聴している。そんな同社では、新たにグローバル市場に事業を拡大するにつれて、不正行為のリスクも高まってきていた。

新種発見!? AIによる自動学習で"ホワイトリスト"を構築して未知なる脅威を断つ!!

【特別企画】新種発見!? AIによる自動学習で"ホワイトリスト"を構築して未知なる脅威を断つ!!

従来のセキュリティのアプローチは、境界を設置して内部に侵入させない、あるいは、既知のパターンに合致するさまざまな攻撃を排除するという、あくまで、事前にブラックリストに定義した危機を検知して、除外あるいは排除するというものがほとんどだった。しかしながら、このアプローチの場合、事前の定義に該当しない危機は、対処どころか検知すらできないという盲点がある。また、実際に出現し実害が発生するまでは、新たな攻撃パターンを発見しルールを作成することが非常に難しいということから、常に誰かが犠牲者になってしまうという事実も見逃せない。そこでこれらの問題を解消するために登場したのが、サムライズが提案する新たなアプローチだ。

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京にて、デル/EMCジャパン主催の技術イベント「Tokyo Dell EMC Forum 2017」が開催される。今年のテーマは、「REALIZE - デジタル トランスフォーメーションを現実のものに」。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

情報処理推進機構(IPA)は9月23日、24日、山梨県甲府市にて「セキュリティ・ミニキャンプinやまなし 2017」を開催した。今回のミニキャンプの隠れたテーマは「つながり」。本稿では、2日にわたって開催された同キャンプの模様をお届けしよう。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】新種発見!? AIによる自動学習で

【特別企画】新種発見!? AIによる自動学習で"ホワイトリスト"を構築して未知なる脅威を断つ!!

従来のセキュリティのアプローチは、境界を設置して内部に侵入させない、あるいは、既知のパターンに合致するさまざまな攻撃を排除するという、あくまで、事前にブラックリストに定義した危機を検知して、除外あるいは排除するというものがほとんどだった。しかしながら、このアプローチの場合、事前の定義に該当しない危機は、対処どころか検知すらできないという盲点がある。また、実際に出現し実害が発生するまでは、新たな攻撃パターンを発見しルールを作成することが非常に難しいということから、常に誰かが犠牲者になってしまうという事実も見逃せない。そこでこれらの問題を解消するために登場したのが、サムライズが提案する新たなアプローチだ。

4
【特別企画】なぜNetflixは不正な新規アカウントを正確に検知できるようになったのか?

【特別企画】なぜNetflixは不正な新規アカウントを正確に検知できるようになったのか?

Netflixは、190を超える国で7,500万人以上の会員を擁する世界有数のインターネット映像ネットワークだ。会員は1日1億2,500万時間以上のTV番組や映画を視聴している。そんな同社では、新たにグローバル市場に事業を拡大するにつれて、不正行為のリスクも高まってきていた。

Netflixは、190を超える国で7,500万人以上の会員を擁する世界有数のインターネット映像ネットワークだ。会員は1日1億2,500万時間以上のTV番組や映画を視聴している。そんな同社では、新たにグローバル市場に事業を拡大するにつれて、不正行為のリスクも高まってきていた。

5
IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」

IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は10月5日~6日、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2017」を開催した。同カンファレンスでは、Software Defined技術を活用した「SDx+M」ソリューションをはじめ、AI、IoT関連の最新ソリューションが展示されたほか、デジタルトランスフォーメーションを取り巻くICTのトレンドについて有識者らによる講演が繰り広げられた。本稿では同社セキュリティ・エバンジェリスト 小山覚氏による講演「IoT時代の『サイバー犯罪×セキュリティ対策』の課題とは」の模様をレポートする。

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は10月5日~6日、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2017」を開催した。同カンファレンスでは、Software Defined技術を活用した「SDx+M」ソリューションをはじめ、AI、IoT関連の最新ソリューションが展示されたほか、デジタルトランスフォーメーションを取り巻くICTのトレンドについて有識者らによる講演が繰り広げられた。本稿では同社セキュリティ・エバンジェリスト 小山覚氏による講演「IoT時代の『サイバー犯罪×セキュリティ対策』の課題とは」の模様をレポートする。

記事ランキング

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

情報処理推進機構(IPA)は9月23日、24日、山梨県甲府市にて「セキュリティ・ミニキャンプinやまなし 2017」を開催した。今回のミニキャンプの隠れたテーマは「つながり」。本稿では、2日にわたって開催された同キャンプの模様をお届けしよう。

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

【特別企画】新種発見!? AIによる自動学習で

従来のセキュリティのアプローチは、境界を設置して内部に侵入させない、あるいは、既知のパターンに合致するさまざまな攻撃を排除するという、あくまで、事前にブラックリストに定義した危機を検知して、除外あるいは排除するというものがほとんどだった。しかしながら、このアプローチの場合、事前の定義に該当しない危機は、対処どころか検知すらできないという盲点がある。また、実際に出現し実害が発生するまでは、新たな攻撃パターンを発見しルールを作成することが非常に難しいということから、常に誰かが犠牲者になってしまうという事実も見逃せない。そこでこれらの問題を解消するために登場したのが、サムライズが提案する新たなアプローチだ。

【特別企画】なぜNetflixは不正な新規アカウントを正確に検知できるようになったのか?

Netflixは、190を超える国で7,500万人以上の会員を擁する世界有数のインターネット映像ネットワークだ。会員は1日1億2,500万時間以上のTV番組や映画を視聴している。そんな同社では、新たにグローバル市場に事業を拡大するにつれて、不正行為のリスクも高まってきていた。

IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は10月5日~6日、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2017」を開催した。同カンファレンスでは、Software Defined技術を活用した「SDx+M」ソリューションをはじめ、AI、IoT関連の最新ソリューションが展示されたほか、デジタルトランスフォーメーションを取り巻くICTのトレンドについて有識者らによる講演が繰り広げられた。本稿では同社セキュリティ・エバンジェリスト 小山覚氏による講演「IoT時代の『サイバー犯罪×セキュリティ対策』の課題とは」の模様をレポートする。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る