マイナビニュースマイナビ

セキュリティの解説/事例記事

セキュリティの解説/事例記事

ピックアップ記事

ハイブリッドクラウド時代のいま、どうすれば一貫したセキュリティポリシーを維持できるか

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代のいま、どうすれば一貫したセキュリティポリシーを維持できるか

アジリティ(俊敏性)を高めていくのにクラウドが有効なことは、もはや多くの方が知ることだろう。ただ、クラウド活用が進むとアプリケーション環境は分散することとなり、一貫性をもったセキュリティポリシーを維持することはこれまでにないほど困難となる。社内外に分散するアプリケーション環境は、どうすればセキュリティ状況を統合的に可視化し、制御することができるか。

セキュリティ 新着情報

ハイブリッドクラウド時代のいま、どうすれば一貫したセキュリティポリシーを維持できるか

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代のいま、どうすれば一貫したセキュリティポリシーを維持できるか

アジリティ(俊敏性)を高めていくのにクラウドが有効なことは、もはや多くの方が知ることだろう。ただ、クラウド活用が進むとアプリケーション環境は分散することとなり、一貫性をもったセキュリティポリシーを維持することはこれまでにないほど困難となる。社内外に分散するアプリケーション環境は、どうすればセキュリティ状況を統合的に可視化し、制御することができるか。

アンケート調査から見えてきた「非管理端末」の実態と、いますぐ「サイバー・ハイジーン」が必要な理由

【特別企画】アンケート調査から見えてきた「非管理端末」の実態と、いますぐ「サイバー・ハイジーン」が必要な理由

新型コロナウイルス対策や働き方改革の推進などを受けて、在宅ワークをはじめとしたリモートワークは多くの企業・組織の間で広がりつつある。このようなニューノーマルな働き方は、ITを上手に活用することで企業と従業員の双方に大きなメリットをもたらすが、その一方で深刻な課題も抱えていることをご存じだろうか?本稿では、その課題について掘り下げて解説していく。

[調査レポート]メールセキュリティに関する企業の取組み状況と課題

【特別企画】[調査レポート]メールセキュリティに関する企業の取組み状況と課題

悪意をもった攻撃者は、あらゆる経路からシステムへの侵入を試みてくる。なかでも、電子メールは最も多くの脅威が押し寄せる経路の1つで、その攻撃内容も日々巧妙さを増してきている。電子メールを介した脅威侵入は、今や "目の前にあるリスク" となっているといえよう。では、メールセキュリティに関する企業の取り組みはどんな状況にあるのか。IIJが実施した調査からみていきたい。

デロイトが提言する、DX時代のサイバーセキュリティ

デロイトが提言する、DX時代のサイバーセキュリティ

デロイト トーマツ サイバーは11月18日、オンラインで「日本社会や企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)と共に注視すべき『サイバー空間の利便性向上と安心・安全の確保』」をテーマに記者説明会を開催した。

エフセキュアがB2Bに特化した新ブランドを来年に導入

エフセキュアがB2Bに特化した新ブランドを来年に導入

エフセキュアは11月15日、オンラインでB2Bビジネスに関する戦略説明会を開催した。説明会には、F-Secure Corporation プレジデント兼CEOのJuhani Hintikka(ユハニ・ヒンティッカ)氏が出席した。

記事ランキング

【特別企画】FWとエンドポイント別で学ぶ、ランサムウェア対策のベストプラクティス

【特別企画】FWとエンドポイント別で学ぶ、ランサムウェア対策のベストプラクティス

攻撃者は様々な経路からランサムウェアによる攻撃を試みる。その中で企業が特に引き締めるべき経路は、ネットワーク(ファイアウォール)とエンドポイントである。本稿ではソフォスが提供するランサムウェア対策のベストプラクティスをまとめたホワイトペーパーを紹介したい。

【特別企画】リモートワーク環境のセキュリティを確保し、担当者の負担も減らすには?

【特別企画】リモートワーク環境のセキュリティを確保し、担当者の負担も減らすには?

リモートワークにおいては、セキュリティ担当者の目の届かないところで社用端末が利用され、社内ネットワークを介さずに外部サービスにアクセスする機会が増えるため、自ずとセキュリティリスクは増大してしまう。対策を行うにも人手が足りなかったり、そもそも今は担当者自身もリモートワークを行っていたりする。こうした"新しい環境"において、企業はどのようにセキュリティを確保していけばよいのだろうか。

【特別企画】広がり続ける保護対象を、楽してセキュアに保つ方法とは?

【特別企画】広がり続ける保護対象を、楽してセキュアに保つ方法とは?

今日では "ファイアウォールの内側を守ればよい" という従来の常識は通用しない。守るべき対象を広げなければ、情報資産を保護することが叶わなくなっているのだ。ただ、困ったことに、IT人材は不足する一方だ。限られた経営資源でどうやって守るべき対象を広げていくか。本稿では、「広がり続ける保護対象を楽してセキュアに保つ方法」をテーマに実施したJBサービスへの取材の模様を紹介したい。

4
【特別企画】複雑化が進むネットワーク全体を面で捉えるセキュリティ対策とは?

【特別企画】複雑化が進むネットワーク全体を面で捉えるセキュリティ対策とは?

ビジネスにおいてITネットワークの広がりはさまざまな恩恵をもたらしたが、一方でセキュリティ面の不安は大きくなっている。その中で後付けになってしまいがちなのがセキュリティだが、面で防御するセキュリティで解決への道筋を探る。

ビジネスにおいてITネットワークの広がりはさまざまな恩恵をもたらしたが、一方でセキュリティ面の不安は大きくなっている。その中で後付けになってしまいがちなのがセキュリティだが、面で防御するセキュリティで解決への道筋を探る。

5
脆弱性診断はもう古い、Rapid7が開拓する新ジャンルとは

脆弱性診断はもう古い、Rapid7が開拓する新ジャンルとは

脆弱性リスク管理ソフトやペネトレーションテストのソリューションを手がけるRapid7(ラピド セブン)。出展していたJapan IT Weekのブースで、日本のカントリーマネージャーを務める牛込 秀樹氏に話を聞いた。

脆弱性リスク管理ソフトやペネトレーションテストのソリューションを手がけるRapid7(ラピド セブン)。出展していたJapan IT Weekのブースで、日本のカントリーマネージャーを務める牛込 秀樹氏に話を聞いた。

記事ランキング

【特別企画】FWとエンドポイント別で学ぶ、ランサムウェア対策のベストプラクティス

攻撃者は様々な経路からランサムウェアによる攻撃を試みる。その中で企業が特に引き締めるべき経路は、ネットワーク(ファイアウォール)とエンドポイントである。本稿ではソフォスが提供するランサムウェア対策のベストプラクティスをまとめたホワイトペーパーを紹介したい。

【特別企画】リモートワーク環境のセキュリティを確保し、担当者の負担も減らすには?

リモートワークにおいては、セキュリティ担当者の目の届かないところで社用端末が利用され、社内ネットワークを介さずに外部サービスにアクセスする機会が増えるため、自ずとセキュリティリスクは増大してしまう。対策を行うにも人手が足りなかったり、そもそも今は担当者自身もリモートワークを行っていたりする。こうした"新しい環境"において、企業はどのようにセキュリティを確保していけばよいのだろうか。

【特別企画】広がり続ける保護対象を、楽してセキュアに保つ方法とは?

今日では "ファイアウォールの内側を守ればよい" という従来の常識は通用しない。守るべき対象を広げなければ、情報資産を保護することが叶わなくなっているのだ。ただ、困ったことに、IT人材は不足する一方だ。限られた経営資源でどうやって守るべき対象を広げていくか。本稿では、「広がり続ける保護対象を楽してセキュアに保つ方法」をテーマに実施したJBサービスへの取材の模様を紹介したい。

【特別企画】複雑化が進むネットワーク全体を面で捉えるセキュリティ対策とは?

ビジネスにおいてITネットワークの広がりはさまざまな恩恵をもたらしたが、一方でセキュリティ面の不安は大きくなっている。その中で後付けになってしまいがちなのがセキュリティだが、面で防御するセキュリティで解決への道筋を探る。

脆弱性診断はもう古い、Rapid7が開拓する新ジャンルとは

脆弱性リスク管理ソフトやペネトレーションテストのソリューションを手がけるRapid7(ラピド セブン)。出展していたJapan IT Weekのブースで、日本のカントリーマネージャーを務める牛込 秀樹氏に話を聞いた。

ページの先頭に戻る