ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

786 件中 141~160件目を表示中

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは泥臭い仕事をやっているのにも関わらず、周囲からの期待が高く、求められることが多すぎる。海外では、離職率の高い職種になっているという。

日本の製造業が挑戦するデジタル変革 -「BE:YOND 2018」で語られた未来

日本の製造業が挑戦するデジタル変革 -「BE:YOND 2018」で語られた未来

東洋ビジネスエンジニアリングは10月25日、年次カンファレンス「BE:YOND by b-en-g 2018」を開催した。本稿では、同社常務取締役 CMO/CTO 新商品開発本部長 羽田雅一氏、およびローランド・ベルガー 代表取締役社長 長島聡氏の2人がメインスピーカーとして登壇した基調講演「ものづくりデジタライゼーション ~これからのデジタル時代に製造業はどう向き合うべきか~」の内容をお届けする。

RPAは止まるのが前提!?

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは? [5] RPAは止まるのが前提!?

前回は、RPAを適用すべき業務エリアの正しい選び方について説明しました。RPAプロジェクト成功には、「業務分析の実施」「業務プロセスの見直し」「プロジェクトのガバナンス確保」の3つの要素が必要であることをお伝えしました。5回目となる今回は、RPAの業務継続性に対する考え方について解説します。

「暑い」と言ったらエアコンの温度を下げてくれる対話AI

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [26] 「暑い」と言ったらエアコンの温度を下げてくれる対話AI

今、対話型のAIが加速度的に広がりを見せています。対話AIの代表的なものとしては、AIスピーカが思い浮かびますが、最近では車への搭載も進んでいます。例えば、メルセデス・ベンツは対話型インフォテイメントシステム「MBUX」というAIを搭載すると発表しました。今回は、車載向けの対話AIでは何を実現するために、どういうことを行っているのかについて考えてみましょう。

DXを推進したい企業が考えるべき「3年先のIT基盤」と「組織の在り方」

DXを推進したい企業が考えるべき「3年先のIT基盤」と「組織の在り方」

アイ・ティ・アールは10月4日、都内にて年次イベント「IT Trend 2018」を開催した。本稿では、同イベントの特別セッションに登壇したサイボウズ ビジネスマーケティング本部 シニアコンサルタント 広井邦彦氏の講演「デジタルトランスフォーメーション推進における企業IT基盤と役割の再編」の模様をレポートする。

「私、承認欲求強めなんです」 - サイバーエージェントが明かす、イマドキの採用事情

「私、承認欲求強めなんです」 - サイバーエージェントが明かす、イマドキの採用事情

SNS世代が就職・転職活動をするようになり、求職者の傾向は大きく変わっている。今、企業に求められる採用活動とはどういったものなのか。サイバーエージェント 曽山氏の話をご紹介する。

働き方改革がもたらすコミュニケーションの変化にどう備えるか?

働き方改革がもたらすコミュニケーションの変化にどう備えるか?

10月4日、5日に開催された「NTT Communications Forum 2018」では、NTTコミュニケーションズ ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 担当課長の藤平武巳氏が登壇。「2020年に向けた「ワークスタイル変革」のこれから~AI時代の働き方改革とコミュニケーション改革~」と題し、コミュニケーションの変化について解説すると共に、それに対応するソリューションを紹介した。

IoT、AI、AR/VR......企業はスマートテクノロジーにどう向き合うべきか?

IoT、AI、AR/VR......企業はスマートテクノロジーにどう向き合うべきか?

アイ・ティ・アールは10月4日、自社イベント「IT Trend 2018」を都内で開催した。本稿では、同社取締役 リサーチ統括ディレクター プリンシパル・アナリストの金谷敏尊氏による講演「スマートテクノロジ革新へ向けて」の内容をダイジェストでお届けする。

第4次産業革命の"波"到来! AI×IoTで考える未来の製造業

第4次産業革命の"波"到来! AI×IoTで考える未来の製造業

NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018 Transform. Transcend.」を開催した。本稿では、同カンファレンスにてNTTコミュニケーションズ 技術開発部の伊藤浩二氏が登壇した講演「第4次産業革命に向けて、AIを用いたモノづくり改革への挑戦 ~ディープラーニングを用いたIoTデータ分析事例の紹介と今後の展開~」の模様をレポートしよう。

データサイエンティストが集結! - AI Experience 2018 Tokyoが11月に開催

データサイエンティストが集結! - AI Experience 2018 Tokyoが11月に開催

11月27日、米DataRobotが主催するプライベートカンファレンス「AI Experience 2018 Tokyo」が東京都目黒区のウェスティンホテル東京にて開催される。業界屈指のデータサイエンティストらによるAI業界の最新動向解説や、機械学習プラットフォーム「DataRobot」の導入事例講演、ハンズオンセッションなどさまざまなコンテンツが用意される。

「愛犬のため」に特化したペットカメラ - そこに込められた"想い"とは?

「愛犬のため」に特化したペットカメラ - そこに込められた"想い"とは?

留守番中の愛犬に話しかけたり、おやつをあげたりできるドッグカメラ(愛犬用ペットカメラ)「Furbo(ファーボ)」が人気だ。その秘密は、「犬ならではの設計」が随所に施され、愛犬と多彩なコミュニケーションを取れることにある。犬に特化したペットカメラはなぜ生まれ、何を目指すのか。Furboの国内販売を手がけるtomofun取締役社長の布施健氏にお話を伺った。

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

もともと内製の文化が強かったというヤフーの情報システム部門。しかしここ数年は、外部の製品も取り入れつつ、内製のシステムとうまく使い分けながら社内ITのモダン化を進めているという。

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

企業にとって大きな資産でありコスト源でもある人材。人手不足の今、効果的な活用がさらに重要になっている。「目指す人事は『ヒューマンキャピタル・サプライチェーン』」と語るのは、日産自動車 グローバルデジタルHR部門ゼネラルマネージャー ラジュ・ヴィジェイ氏。クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を導入し、グローバルで統一したタレントマネジメントを進めてきた人物だ。米Workdayが10月初めに米ラスベガスで開催した「Workday Rising 2018」にて、同氏に話を聞いた。

VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代

VR、AI、ホログラム - 新技術が創り出す映像コミュニケーションの新時代

NTTコミュニケーションズは10月4日、5日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京において年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスで多数行われた講演のなかから、NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 第六グループ 主査の田中雅教氏が登壇した「映像コミュニケーションの新時代がやってきた ~AI/VR活用によるコミュニケーション改革~」の模様をレポートしよう。

進化の滞る米国住宅にイノベーションを - 日本人スタートアップ HOMMAの挑戦

進化の滞る米国住宅にイノベーションを - 日本人スタートアップ HOMMAの挑戦

米国で建売住宅事業に挑戦する日本発のベンチャー企業「HOMMA」。日本流の住宅建造技術にテクノロジーを融合し、米国住民に対して新たなライフスタイルを提案しようとしている。本誌は、CEOの本間氏に創業背景やビジョン、今後の展望について話を伺った。

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

10月4日、アイ・ティ・アールは「ポスト2020を見据えた持続的成長のシナリオ」をテーマに掲げた年次カンファレンス「IT Trend 2018」を開催した。本稿では、同社 取締役/シニア・アナリスト 舘野真人氏の講演「デジタルワークフォース活用のビジョンと戦略」で解説された内容と、ITエグゼクティブに向けて語られた提言を紹介する。

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

国公立大学やMARCH・関関同立レベルの一部の学科に合格できるほどの学力を示したAI「東ロボくん」のプロジェクトで明らかになったのは、中高生の読解力が想像以上に低かったことだ。イーソルが発表した自動運転などに向けたAIフレームワーク「eBRAD」の概要とともに、eSOL Technology Forum 2018の基調講演の様子をご紹介する。

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

デジタル変革時代を生きる! "シリコンバレー流"の働き方とは?

デジタル変革時代を生きる! "シリコンバレー流"の働き方とは?

アイ・ティ・アールが10月4日に開催した年次カンファレンス「IT Trend 2018」では、Pivotalジャパンでマーケティングマネージャーを務める渡辺 隆氏が登壇。「シリコンバレー企業にみるデジタル時代の働き方 - ツール、プロセス、そして文化」と題し、リーンスタートアップの手法を取り入れる同社がグローバル共通で展開する"働き方"について、実際の開発風景も交えながら紹介した。

スマートからコネクティッドへ! tsumugが目指す、鍵でつながる世界

【連載】DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち [8] スマートからコネクティッドへ! tsumugが目指す、鍵でつながる世界

元交際相手に合鍵のコピーを作られて不法侵入されてしまった経験から、スマート鍵を開発するtsumug 代表取締役社長の牧田 恵里氏。IoT技術で安全を可視化する、そんな強い想いを原動力に製品化に取り組んでいる。

786 件中 141~160件目を表示中

786 件中 141~160件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る