仮想化 新着記事一覧

仮想化 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2020年11月の記事

コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

【特別企画】コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がった。コスト課題も、クラウドでVDIを提供するDaaSの登場で解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。企業の "VDI導入のいま" を探るべく、インターネットイニシアティブは2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した。

2020年10月の記事

複雑化する仮想化基盤の運用管理。簡略化の鍵は、「可視化」と「ワンストップ」

【特別企画】複雑化する仮想化基盤の運用管理。簡略化の鍵は、「可視化」と「ワンストップ」

仮想化基盤で稼動させる仮想マシン(VM)の数が増えるほど、個々のVMの管理は難しくなる。リソース競合が発生する場合にはサービス間の優先度を踏まえながらリソースをコントロールしなくてはならないし、もしもVMに問題が生じた場合、物理環境の場合とくらべて遥かに複雑なプロセスで原因特定を行わねばならない。仮想化基盤の運用管理はどうすれば簡略化できるのだろうか。

注目のKubernetesは国内でどの程度活用されている? 市場調査から読み解く最新動向

【特別企画】注目のKubernetesは国内でどの程度活用されている? 市場調査から読み解く最新動向

レッドハットでは、国内の企業や官公庁/自治体、非営利組織のITエンジニアやプロジェクト管理者を対象に、コンテナの利用状況とKubernetesに関するアンケートを実施。その結果を集計/分析し、レポートにまとめた。本稿では、同レポートの一部をご紹介しよう。

2020年8月の記事

地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

【特別企画】地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

AIが一種のバズワードとして広がっている面は否定できない。メディアを中心にAIの壮大な可能性が喧伝され、成果のでないまま事例として紹介されるケースも増えている。また、「PoC疲れ」といった言葉が生まれるなど、AIの導入が検証で終わってしまい、本番稼働まで漕ぎ着けられないケースも少なくない。その結果、AIに対しては「実用段階ではない」「夢物語」「言葉だけが先行している」といった印象を持つIT担当者も増えてきているようだ。しかし、待ってほしい。実はAIが実用化され、すでに利用が進んでいる企業IT分野も確かに存在する。その1つがネットワーク運用管理の分野だ。

2020年7月の記事

あの会社は、やむなしのテレワークをどう最善に近づけたのか

【特別企画】あの会社は、やむなしのテレワークをどう最善に近づけたのか

新型コロナウイルス感染症は、企業に対して働き方の変革を迫った。「一時的にテレワークを導入したが今は平時の勤務体系に戻している」そんな企業が多いかもしれないが、感染第2波の到来が懸念されるなかではいつ同じような事が起きても不思議ではない。経験を "学び" にして、今のうちから業務環境の対応力を引き上げておくべきだ。企業にとっての有益な "学び" として、本稿では通信事業者のTOKAIコミュニケーションズが行った新型コロナ対応を紹介したい。

5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

【特別企画】5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

VDI導入における失敗要因は、「性能」「コスト」「管理性」「拡張性」の4つに分類できる。そして、実はこれらの要因は、ほとんどがストレージの性能不足に起因している。本稿ではピュア・ストレージ社のホワイトペーパー「フラッシュ・ストレージで構築する実用的なVDI」から、それぞれの失敗要因を解説。その上で、VDI環境にフラッシュ・ストレージを導入する意義について5つの成功例から紐解いていきたい。

実例から学ぶ、テレワーク運用の落とし穴

【特別企画】実例から学ぶ、テレワーク運用の落とし穴

業務場所が事務所から自宅へと、会議体が対面からオンラインへと――新型コロナウイルスの影響で、企業活動の "当たり前" は大きく変わった。これを受けて多くのIT担当者が、テレワーク環境の構築に翻弄されたことだろう。ただ、苦労は構築だけに尽きない。業務環境に繋がらない、動作が遅い、利便性が悪い、......こういったリリース後の運用保守にも悩みを抱える担当者は、きっと多いはずだ。テレワーク運用にありがちなトラブルとその解消法を、実例と交えてみていきたい。

2020年5月の記事

freebit cloud X-DaaSで構築する、「業務の一貫性」と「セキュリティ」を備えたテレワーク環境

【特別企画】freebit cloud X-DaaSで構築する、「業務の一貫性」と「セキュリティ」を備えたテレワーク環境

根強く残る紙・ハンコ文化、社員の労務管理、堅牢なセキュリティの求められる作業、......テレワーク導入にあたっては、こういった「出社しないと行えない業務」が壁として立ちはだかる。どうしても大掛かりな改革となるために、「理想のテレワーク環境」を整備するまでに相当の時間がかかってしまうのが現状だ。障壁に阻まれテレワークに完全移行できていない。導入に踏み切れていない。そんな企業は多いのではないだろうか。本稿ではスピーディに「理想のテレワーク環境」を整備するためのソリューションとして、フリービットが提供する「freebit cloud X-DaaS」を紹介する。

2020年4月の記事

SD-WAN移行に際して検討すべき要点

【特別企画】SD-WAN移行に際して検討すべき要点

SD-WANとは、「ネットワーク制御」と「データ転送」の仕組みを仮想化技術によって明確に分けることで、ハードに手を入れることなくCPE間(=WAN間)のネットワークを柔軟に制御するための技術である。本稿では、ネットワークカンパニーとしてグローバルで強い存在感を示すテルストラ社のホワイトペーパー「最適なSD-WANの導入ガイド ~SD-WANに置き換える際に検討すべき要点~」から、SD-WANのメリットと導入における留意事項を解説していく。

2020年3月の記事

一人情シスで管理可能な高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

【特別企画】一人情シスで管理可能な高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

VDI環境は従来、端末数が数千台の規模にならないとシンクライアント化のコストメリットが生まれず、中小企業には不向きとされてきた。その状況を大きく変えようとしているのが、Dell Technologiesのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)「Dell EMC VxRail」(以下、VxRail )だ。VxRail の活用によって、一人情シスでも管理が可能な高性能・高効率・低コストのVDI環境が実現されるという。ネットワンシステムズでは、そうしたVxRail の可能性を検証すべく、小規模VDI環境をVxRail で構成、「Windows File Server」やDell Technologiesの「Dell EMC Unity VSA」、さらには「移動プロファイル」「FSLogix」を使った性能検証を実施した。その検証結果を報告する。

すぐにVDIを開始できる――Amazon WorkSpacesの有用性を検証

【特別企画】すぐにVDIを開始できる――Amazon WorkSpacesの有用性を検証

パンデミック対策として在宅勤務が強く求められる中、冒頭のような課題に頭を悩ませる企業は多い。VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ)は、社内PCと同じ環境を社外でもセキュアに利用できる手法として、先の課題を解決する有力な選択肢だ。本稿では、DaaS(Desktop as a Service)形式でVDIを提供するAmazon WorkSpacesに焦点をあて、ディストリビューターとして同サービスの導入支援を提供するTOKAIコミュニケーションズの検証結果をもとに、この有用性を紐解いていく。

2020年1月の記事

SD-WAN移行ガイド ~今、なぜSD-WANを考えるべきなのか~

【特別企画】SD-WAN移行ガイド ~今、なぜSD-WANを考えるべきなのか~

クラウド化の一層の普及を受け、企業には、サイト間のネットワークを大きく変えていくことが求められている。アクセス先のアプリケーションがオンプレミス、クラウドと分散する傾向にある今日において、データセンターにトラフィックを集中させるという従来の在り方が適合しなくなってきているのだ。本稿では、次世代のネットワークとして注目を集めているSD-WAN(Software Defined WAN)を取り上げ、その概要と、どのようにしてSD-WAN移行を進めていけばよいかを解説する。

2019年7月の記事

【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

【特別企画】【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

近年、ビジネスにおける競争はますます激しくなっている。市場や顧客に合わせて自社の体制を素早く変化させていかなければ、もはや生き残りは難しい。企業のITシステムにも柔軟でスピーディーな変化が求められるが、その際に障害となるのが、旧来のまま運用されているサーバー・ストレージ・スイッチからなる3階層モデルの仮想化ITインフラだ。3階層モデルは、下記の課題を抱えているためビジネスニーズに合わせたスムーズな取り組みが難しい。

2019年5月の記事

GPUを活用したAIプラットフォームの最適解とは? - HPE AIインフラセミナー2019春 レポート-

【特別企画】GPUを活用したAIプラットフォームの最適解とは? - HPE AIインフラセミナー2019春 レポート-

データセンターのサーバーからストレージ、そしてハイパフォーマンスコンピューティングまでカバーするソリューションを展開する日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、HPE)は都内で半日のセミナーを実施。昨今、注目が集まるGPUを活用したエンタープライズ向け人工知能/機械学習ソリューションについて様々な角度から講演した。

2019年4月の記事

「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

【特別企画】「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

サーバーからネットワーク、ストレージ、ハイパーバイザーまでを統合した「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」は、いまや当たり前のものとなりつつある。日商エレクトロニクスでは、その概念が浸透する以前の2012年からこうした製品をソリューションとして提供しており、同社がHCIの概念を最初に確立したニュータニックスと国内初の代理店契約を結んだのも自然な流れといえるだろう。ニュータニックスの代理店として、日商エレクトロニクスの実績は国内トップ。これまで同社が販売したニュータニックス社のソフトウェアのインストールベースは累計1,700ノードにのぼる。

2018年12月の記事

中堅企業の「ひとり情シス」事情と仮想化で解決するIT人材の不足

【特別企画】中堅企業の「ひとり情シス」事情と仮想化で解決するIT人材の不足

中堅企業では情報システムの担当者が1名以下の「ひとり情シス」体制が多い。デルが実施した調査では、ひとり情シス体制の企業は中堅企業の31%に及ぶという。本調査の分析と、ひとり情シス事情について、デルとヴイエムウェアに話をうかがった。

コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

【特別企画】コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

バックアップやアーカイブなど、大量のデータを保存するために利用されるセカンダリストレージ。しかし、AI、IoT、ビッグデータなど、急増するデータ量に対応するため、逐次的にシステムが追加されてしまい、それぞれがサイロ化してしまうという問題が生じている。このセカンダリストレージのサイロ化問題を解消するソリューションとして大きな注目を集めている存在が、米Cohesity社が提供するハイパーコンバージド型※の統合セカンダリストレージだ。2018年10月11日に開催された「Cohesity Secondary Storage Day 2018(主催:株式会社ネットワールド)」では、米Cohesity社の主要メンバーが揃い、Cohesity社が提供するソリューションの特徴と、将来の展望について紹介された。

2018年11月の記事

実は仮想化の先進企業! ロッテの担当者が語るVDI活用のメリットとは?

実は仮想化の先進企業! ロッテの担当者が語るVDI活用のメリットとは?

「お口の恋人」というキャッチコピーで知られる大手菓子メーカー、ロッテ。実は、2011年より全社2,300超のユーザーがVMwareのVDI「VMware Horizon(Horizon)」を活用する仮想化の先進企業でもある。本稿では、11月13日~14日に行われたVMwareのプライベートカンファレンス「vFORUM 2018」のロッテによるセッション「ロッテにおけるVDI全社展開後8年間の道のりとこれから」の模様をレポートする。

2018年10月の記事

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

2018年8月の記事

「働き方改革」を成功させるためにIT部門は何をすればよいのか

【特別企画】「働き方改革」を成功させるためにIT部門は何をすればよいのか

官民一体となって推進されている働き方改革を推進する際、IT部門抜きに実現することはできない。とはいえ情報システム(情シス)部門が実際どのように関わればいいのか......? ネットワンシステムズのVDIなどを使った取り組みが参考になるだろう。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る