ハウツー人気で過去最高視聴者数! 2020年YouTube視聴動向&広告パターン

[2020/12/14 13:00] ブックマーク ブックマーク

新型コロナウィルス感染症の影響により、さまざまなシーンで「ニューノーマル」が生まれた2020年。動画メディアの最大手「YouTube」にはどんな変化があったのか――。

YouTubeの国内利用実態および広告動向をGoogleがまとめているので簡単に紹介する。

2年ぶりに月間視聴者記録を更新

2020年、YouTubeの月間視聴者数は過去最高を更新した。発表によると、9月の視聴者数が6500万人超を記録。これまでの最高は2018年に発表された6300万人で、2年ぶりの更新となった。

Googleが要因として挙げるのは、やはり外出自粛による自宅時間の増加だ。同社の調査によると、74%が「利用が増えた」と回答しており、視聴者数だけでなく、視聴時間も伸びているという。

アップロードされた動画の総時間も80%増と大幅に伸長。登録者数が100万人を超えるYouTubeクリエイターも240人と、昨年の170人から大きく増えた。

YouTube 2020年の国内視聴傾向

さらにGoogleは視聴スタイルについても言及。テレビ画面で視聴するユーザーが、6月に前年比2倍の1500万人に達したことに加えて、TV視聴者の半数が家族やパートナー、友人らとともに複数人で視聴しているという調査結果も紹介。「テレビ番組を楽しむ感覚でYouTubeを視聴する人が増えている」と結論付けている。

2020年はテレビで視聴するユーザーが増えた

動画のカテゴリーとしては、自宅で役立つハウツー動画が大きく伸びた。緊急事態宣言の期間を跨ぐ3月中旬から5月末までの2カ月半、自宅エクササイズ動画の平均視聴回数が直前の期間に比べて5.5倍以上、家庭菜園動画が同5倍以上を記録。料理動画の視聴回数も1月から10月までに50億回以上と、YouTubeを見ながら行動をするユーザーが多かったと紹介している。

自宅でできるハウツー動画が大きく増えた

2020年注目動画&クリエイターランキング

では、2020年に個別の動画単位で注目を集めたのはどういったものだったのか。

日本版YouTube公式ブログにて、再生数、シェア数、評価数などをもとに算出された「国内トップトレンド動画ランキング(音楽を除く)」がまとめられている。

1位は、4月に公開されたHikakin TVの動画『小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】』。それに次ぐ2位は、ひなちゃんねるの動画『1000万再生された脚やせ成功者続出!1週間で足痩せトレーニング動画!| 1week leg workout』で、12月現在で1800万回以上視聴されている。

自宅エクササイズ動画としては、5位にもMarina Takewaki の『【地獄の11分】マンションOK!飛ばない脂肪燃焼ダンスで全身の脂肪をみるみる燃やす!』が入り、同じく1800万超に上っている。

トップ10は以下のとおり。

国内トップトレンド動画ランキング (音楽を除く)

  1. HikakinTV:「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】」
  2. ひなチャンネル:「1000万再生された脚やせ成功者続出!1週間で足痩せトレーニング動画!| 1week leg workout」
  3. Fischer’s-フィッシャーズ-:「【100分間】日本の王者たちvsシルクロードで本気の鬼ごっこした結果!?【フィッシャーズ】」
  4. 手越祐也チャンネル:「手越祐也 緊急記者会見」
  5. Marina Takewaki:「【地獄の11分】マンションOK!飛ばない脂肪燃焼ダンスで全身の脂肪をみるみる燃やす!」
  6. 佐藤 健 / Satoh Takeru:「【初YouTube】佐藤健『たけてれ』」
  7. SUSHI RAMEN【Riku】:「【Billie Eilish - bad guy】俺から出る音だけで完全再現するチャレンジ」
  8. EXILE ATSUSHI スナちゃんTV:「酔った勢いでOfficial髭男dismさんの「Pretender」歌ってみた!」
  9. ブライアンチャンネル:「日本のラッパーって・・・ 下手じゃね? 真似できない踏み方を見せるぉ」
  10. 杉田智和/AGRSチャンネル:「『ハレ晴レユカイ』踊ってみた?【杉田智和/AGRSチャンネル】」


Googleでは、2020年に登録者数を大きく伸ばしたチャンネルのランキングも、総合と、芸能界・スポーツ界を除外したものの2種類で発表。総合では「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」がトップ。芸能界・スポーツ界を除外したランキングでは、エクササイズやダイエットの動画を掲載する「Marina Takewaki」が1位を獲得している。

2020 年の一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング

  1. エガちゃんねる EGA-CHANNEL
  2. 佐藤 健 / Satoh Takeru
  3. Marina Takewaki
  4. 手越祐也チャンネル
  5. 貴ちゃんねるず
  6. 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY
  7. 宮迫ですッ!【宮迫博之】
  8. 川口春奈オフィシャル はーちゃんねる
  9. my channel【白石麻衣 公式】
  10. パパラピーズ


2020年の一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング(芸能界やスポーツ界などで活動する方のチャンネルを除いた部門)

  1. Marina Takewaki
  2. パパラピーズ
  3. 料理研究家リュウジのバズレシピ
  4. はじめまして松尾です
  5. SAWAYAN GAMES / サワヤン ゲームズ
  6. オガトレ
  7. 金子晃之
  8. Yuki Nakagawa
  9. 夜のひと笑い
  10. ズボラストレッチ


YouTube広告は、ABCDフレームワークとクロスメディアリサーチツールの活用が鍵

その他、Googleでは、動画広告における調査結果やベストプラクティスも発表している。

YouTube広告の動画制作のアプローチとして「ABCDフレームワーク」を紹介。顧客の注目を引いて視聴し続けてもらう「Attract」、視聴者にブランドを認知してもらう「Brand」、ブランドに対して考えたり感じたりしてもらう「Connect」、視聴者の行動を促す「Direct」の4つの要素を押さえた動画が有効としたうえで、ブランド認知度・イメージの向上を後押しする広告フォーマットの調査結果なども披露している。

広告動画作成に適したABCDフレームワーク

認知度・ブランドイメージ向上を後押しする広告メニュー

また、テレビCMとYouTube広告を併用するケースも増えており、その費用対効果をシミュレーションできる「リーチプランナー」、両メディアへの出稿によるリーチ結果をレポートする「クロスメディア ユニーク リーチ レポート」などのツールがあることを挙げ、これらを使って効果を高めた事例として「タウンワーク」「アットホーム」「WOWOW」などの取り組みを掲載している

Think with Googleには、アクションにつながらない3つの動画広告アンチパターンなども解説されているので、動画広告の経験が浅い方はご覧になっておくとよいだろう。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

YouTube広告とTV CM、どちらがリーチできる? - Googleが最新データ発表 [Brandcast 2019 Japan]

YouTube広告とTV CM、どちらがリーチできる? - Googleが最新データ発表 [Brandcast 2019 Japan]

Googleは11月13日、YouTubeの広告関係者に向けて事例や最新情報を共有するイベント「Brandcast 2019 Japan」を開催した。TV CMとの比較や視聴者のトレンドなど、さまざまな情報が披露された。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る