進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal(その2)

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第204回】進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal(その2)

[2019/11/13 07:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

Windows Terminal Preview 1910

Microsoftは現在プレビュー版の段階にあるWindows Terminalを2019年末にはフィーチャーフィックスし、2020年第1四半期、または少なくとも第2四半期には正式版として公開することを考えている。最終的にはMicrosoft Storeを経由して入手できるようになる見通しだ。Windows Terminalがプレインストール対象として出荷されることになるのか、Microsoft Storeからユーザーがインストールする必要があるのか現状では不透明だが、重要なアプリケーションになっていくことは間違いないように思う。

時期的に考えるとそろそろWindows Terminalはフィーチャーフィックスへ向けて収束させる頃合いだと思うのだが、2019年10月に公開された「Windows Terminal Preview 1910」は注目しておきたいと思えるバージョンだった。

Windows Terminal Preview 1910

Windows Terminalについては第197回でも取り上げているが、あれからさらに洗練されてきたので、ここでもう一度取り上げておきたい。

UI/UXの洗練

前回Windows Terminalを取り上げたときには「荒削り」という表現を使ったが、Windows Terminal Preview 1910はその辺りがだいぶ洗練されてきた。LinuxやmacOSでモダンなターミナルアプリケーションを使っているなら「何を今さら」というレベルではあるのだが、こうした変化がWindows Terminalに出てきたのは喜ばしいことだ。

まず、WinUIのバージョンがアップデートされたことでタブビューが改善された。

いくつもタブを開くと範囲を超えたタブにはアクセスできなかったが、このバージョンではタブの左右に配置された<または>のアイコンをクリックすることでタブをスライドさせることができる。ターミナルは複数のタブを開いて使うことも多い。こうした基本的な操作が行えるようになった。UI/UXの動きも以前よりもこなれたものになっている。

ダイナミックプロファイルとカスケード設定

UIのアップデートという点で言うと、ドロップダウンメニューの四隅が若干丸くなった点も注目される。こうした細かい変更が洗練された印象を醸し出しているところもあるだろう。

若干四隅が丸くなったドロップダウンメニュー

Windows Terminal Preview 1910で特に注目しておきたいのは、設定ファイルの扱いが変わったことだ。これまでドロップダウンメニューから「Settings」を選択すると、すべての設定を変更することができたが、この部分が次のように限定的な設定ファイルに変更となった。

ドロップダウンメニューから「Settings」を選択した場合の設定ファイル - profiles.json

このバージョンからは「ダイナミックプロファイル」という機能が動作しており、Windows 10にインストールされているWSL環境などを検出して自動的に設定ファイルを作成するようになった。自動生成されるほうの設定ファイルは「defaults.json」という別のファイルになっており、どちらかと言うとこのファイルが従来の「Settings」で表示される設定ファイルに近い。

defaults.jsonを閲覧/編集するには、Altキーを押した状態でドロップダウンメニューから「設定」を選択する。すると、次のようにdefaults.jsonを編集できるようになる。

環境に合わせて都度生成される設定ファイル - defaults.json

と言っても、defaults.jsonは編集しても意味がない。こちらは都度、生成されるためだ。defaults.jsonの設定を見て、変更したい部分はprofiles.jsonのほうに書き込む。defaults.jsonよりもprofiles.jsonファイルのほうが優先されるので、ユーザーの設定は基本的にprofiles.jsonファイルに書き込むことになる。

このようにデフォルトの設定ファイルとユーザーの設定ファイルを分けるというのは、バージョンアップを行っても設置の不整合などを発生させない方法としてよく使われている。Windows Terminalにこうした機能が搭載されたことで、自由にカスタマイズしつつ、常に最新版へアップデートするということが簡単にできるようになった。Microsoft Storeを経由して定期的にアップデートしていくことを考えると、こうした機能は必須だったと言える。

ユーザーとともに進化し続けるプロダクトに

後は比較的上級者向けの設定となるが、起動時の位置や起動時にフルスクリーンで起動するかどうかも設定できるようになった。ターミナルアプリケーションは、使い込むユーザーはとことん使い込む。すると、表示する場所にもこだわりというものが出てくる。こうした設定ができるようになったことにも注目しておきたい。

「ターミナルアプリケーションにそんなにたくさんの機能が必要なのか」と思うかもしれないが、モダンなターミナルアプリケーションを見ればよくわかるだろう。誰が使うのかよくわからないものまで含めていろいろな機能が用意されている。ターミナルアプリケーションはビギナーよりも中上級者が好んで使うアプリケーションだ。細かい設定ができるかどうか、高度な機能が用意されているかどうかは、そういったユーザーにとってとても重要なことになる。

Windows Terminalの開発は、Microsoftのほかのオープンソースプロジェクト同様、比較的うまく回っている印象を受ける。今後も、LinuxやmacOSユーザーからのフィードバックが取り込まれていくのではないだろうか。正式リリースへ向けて、今後も展開から目が離せないアプリケーションだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る