バージョン1.2の新機能

【連載】

1からマスター! Windows Terminal入門

【第34回】バージョン1.2の新機能

[2020/09/03 09:00]佐々木宣文 ブックマーク ブックマーク

Windows Terminalは、2020年5月の正式版リリースの際に、月に1回程度のマイナーアップデートを継続的に行う方針を発表している。8月には、2回目のバージョンアップとしてバージョン1.2がリリースされた。同バージョンでは、細かなバグ修正のほかに、新しいウィンドウモードや、キーボードショートカットのための新コマンドなどが追加されている。今回は、バージョン1.2から使えるようになった主な新機能を紹介する。

Windows Terminal 1.2リリース

2020年8月31日現在、Microsoft Storeで配布されているWindows Terminalはバージョン1.2.2381.0となっている。すでにWindows Terminalを利用しているユーザーは、Microsoft Storeアプリでアップデートが可能である。

Microsoft Storeで配布されているWindows Terminalの最新版

現在使用しているWindows Terminalのバージョンは、ドロップダウンメニューの「バージョン情報」で確認することができる。

バージョン情報を確認

なお、プレビュー版であるWindows Terminal Previewはバージョン1.3がリリースされている。

Focusモード / AlwaysOnTopモード

バージョン1.2には、「Focusモード」と「AlwaysOnTopモード」という2つのモードが追加されている。Focusモードはタブバーやタイトルバーを隠して、現在作業しているターミナルだけを表示するモードであり、余計な表示を無くすことで現在のターミナルにのみ集中できるメリットがあるとされている。Focusモード中でも、キーボードショートカットを利用すれば別のタブに移動したりすることはできる。

Focusモード中の画面。タブバーやタイトルバーが非表示になっている

Focusモードを使用にするためには、まずsetting.jsonでFocusモードをオン/オフするためのキーボードショートカットを設定する必要がある。次のように、「toggleFocusMode」に任意のキーボードショートカットを設定すればよい。この例では、「Shift」+「F11」キーでFocusモードをオン/オフすることができる。

{ "command": "toggleFocusMode", "keys": "shift+f11" }

なお、setting.jsonへのキーボードショートカット設定の追加方法については第28回の記事を参照していただきたい。

AllwaysOnTopモードは、Windows Terminalのウィンドウを常にデスクトップの一番前に表示するモードになる。このモードを有効にするには、setting.jsonのグローバルセッティング(全体の設定の部分)に、次のように記述すればよい。

"alwaysOnTop": true

AllwaysOnTopモードと通常のモードを切り替えたい場合は、Focusモードと同様に切り替え用のキーボードショートカットを設定する必要がある。次のように、「toggleAlwaysOnTop」コマンドに任意のキー設定を追加すれば、AllwaysOnTopモードのオン/オフを切り替えられるようになる。

{ "command": "toggleAlwaysOnTop", "keys": "alt+shift+tab" }

キーボードショートカット用の新コマンド

バージョン1.2では、前述のtoggleFocusModeやtoggleAlwaysOnTopのほかにも、キーボードショートカットを設定するための新しいコマンドがいくつか追加された。1つは「setTabColor」コマンドで、これはタブの背景色を指定の色に変更するコマンドである。バージョン1.1からタブの色を変更できる機能が追加されたが(第31回参照)、これはその設定をキーボードショートカットで行うためのものだ。

たとえば、setting.jsonに次のように設定した場合、「Ctrl」+「Alt」+「b」キーでタブの背景色が青に変わる。colorプロパティには任意の色を指定できる。ただし、設定内容からも分かるようにあらかじめ設定しておいた色にしか変更することはできない。

{ "command": { "action": "setTabColor", "color": "#0000ff" }, "keys": "ctrl+alt+b" }

キーボードショートカットでタブの背景色を変更できる

タブの背景色をその場で設定するにはカラーパレットを使う必要がある。このカラーパレットを開く操作もキーボードショートカットによってできるようになっている。次のように「openTabColorPicker」コマンドにショートカットキーを設定すればよい。この設定では、「Ctrl」+「Alt」+「c」キーでカラーパレットが開き、タブの背景色を設定できるようになる。

{ "command": "openTabColorPicker", "keys": "ctrl+alt+c" }

キーボードショートカットでタブ背景色のカラーパレットを開く

タブ名を変更できるようになったのもバージョン1.1からの新機能である。それに対して、タブ名をキーボードショートカットで変更できるようにするコマンド「renameTab」も追加されている。例えば次の設定では、「Ctrl」+「Alt」+「n」キーでタブ名が「任意のタブ名」という表示に変わる。背景色と同様に、あらかじめ設定済みのタブ名にしか変更できない。

{ "command": { "action": "renameTab", "title": "任意のタブ名" }, "keys": "ctrl+alt+n" }

キーボードショートカットでタブ名を変更できる

タブ関連以外では、レトロエフェクトモードのオン/オフを切り替えるためのコマンドが追加された(レトロエフェクトモードについては第17回の記事を参照されたい)。

これまではプロファイルごとにレトロエフェクトモードを有効にするか否かの設定しか行うことができなかったが、バージョン1.2からは「toggleRetroEffect」コマンドにショートカットキーを設定すれば、キーボードでオン/オフを切り替えられるようになる。次の例では、「Ctrl」+「Alt」+「r」キーでレトロエフェクトモードをオン/オフできる。

{ "command": "toggleRetroEffect", "keys": "ctrl+alt+r" }

レトロエフェクトモードをオンにした状態

バージョン1.2には、上記のほかに「コマンドパレット」と呼ばれる機能が追加されている。次回はこのコマンドパレットについて取り上げたい。

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る