アイスマン、PTCの3D CAD「Creo」を採用 - 設計作業の効率化を目指す [事例]

[2018/11/05 17:05] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

PTCジャパンは11月5日、産業用製氷機や自動搬出貯氷庫などの製作施工を手掛けるアイスマンが、PTCの3D CAD「Creo」を採用したと発表した。

これまでアイスマンは、アイデア設計を中心にダイレクトモデリングを活用してきた。だが、設計の本来あるべき姿を目指し、パラメトリック手法を取り入れたCreoを採用。通常、実際の現場では設計の修正や手戻りが頻繁に発生するため、寸法情報が残るパラメトリック手法を活用することで、大幅に設計時間が短縮されるとともに、派生機種の設計も容易になるとしている。

また、Creoには拡張性のある機能が標準でそろっているため、3Dの設計情報の解析や写実的な製品イメージの作成など、さまざまな場面において3Dデータを活用することが可能だという。

同社は、当面はアイデア設計にダイレクトモデリングを併用するものの、最終的にはCreoに集約し、設計時間を激減させたいとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4145
2
アイスマン、PTCの3D CAD「Creo」を採用 - 設計作業の効率化を目指す [事例]
PTCジャパンは11月5日、産業用製氷機や自動搬出貯氷庫などの製作施工を手掛けるアイスマンが、PTCの3D CAD「Creo」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/11/05/jirei_thumbnail.jpg
PTCジャパンは11月5日、産業用製氷機や自動搬出貯氷庫などの製作施工を手掛けるアイスマンが、PTCの3D CAD「Creo」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る