データセンターの解説/事例記事

データセンターの解説/事例記事

ピックアップ記事

デジタルトランスフォーメーションを実現する、クラウド型データ管理のアプローチ

【特別企画】デジタルトランスフォーメーションを実現する、クラウド型データ管理のアプローチ

最新技術を用いて、ビジネスのあり方を変革する「デジタルトランスフォーメーション」の波に乗り遅れることなく、むしろ一歩先を走れるかどうかが、これからの企業の命運を握っているといっても過言ではない。本稿では、デジタルトランスフォーメーションの実現にかかせない、シームレスなデータの活用を実現するインフラについて解説する資料を紹介する。

データセンター 新着情報

デジタルトランスフォーメーションを実現する、クラウド型データ管理のアプローチ

【特別企画】デジタルトランスフォーメーションを実現する、クラウド型データ管理のアプローチ

最新技術を用いて、ビジネスのあり方を変革する「デジタルトランスフォーメーション」の波に乗り遅れることなく、むしろ一歩先を走れるかどうかが、これからの企業の命運を握っているといっても過言ではない。本稿では、デジタルトランスフォーメーションの実現にかかせない、シームレスなデータの活用を実現するインフラについて解説する資料を紹介する。

本気で取り組むBCP・災害対策 - データセンター選びの3大ポイント

【特別企画】本気で取り組むBCP・災害対策 - データセンター選びの3大ポイント

2011年の東日本大震災以降、多くの企業でBCP策定と災害対策が急務となっている。そこで今注目されているのが、被害に遭うリスクを減らすため、安全な場所にデータを保存できるデータセンターだ。では、データセンターを選ぶにあたって重要なポイントは何だろうか。

データセンターを次世代型へ! 変革成功の5つの秘訣とは

【特別企画】データセンターを次世代型へ! 変革成功の5つの秘訣とは

仮想化技術とクラウド技術の発展によって、企業ITは大きく革新をしようとしている。そのIT基盤を収容するデータセンターも、より柔軟で一元化された「次世代データセンター」としての働きが期待されている。本書では、仮想化とクラウドの技術を最大点に応用し、次世代データセンターを成功に導く「5大原則」を細かに紹介している。

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

アイ・ティ・アールは10月19日、『国内IT投資動向調査2017』の調査結果概要を発表した。今回の調査では、IoT・AIといった新テクノロジーへの投資意欲が明確に伸びていること、セキュリティ対策予算が過去最高を更新していること、グローバルITガバナンスの主導権を海外に移す傾向にあることなどが、見て取れたという。

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

レッドハットは10月6日、同社主催の技術カンファレンス「RED HAT FORUM 2016 Tokyo」に伴い来日していた米Red Hat 社長兼CEOのJames Whitehurst氏による記者発表会を開催。同社の業績や今後の方針について解説した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

【特別企画】国内トップクラスの安全な立地に高規格なファシリティを備えた

【特別企画】国内トップクラスの安全な立地に高規格なファシリティを備えた"おかやまのデータセンター"

事業拡大に伴い、自社内に設置していたシステムを確固たるファシリティ要件を満たしたデータセンターに移行したい、あるいは災害対策サイトとして万全の条件を有するサービス拠点を探しているといった企業は多い。岡山県に拠点を持つ両備システムズの「Ryobi-IDC 第2 センター」は、そんな企業にお勧めのデータセンターだ。

【特別企画】本気で取り組むBCP・災害対策 - データセンター選びの3大ポイント

【特別企画】本気で取り組むBCP・災害対策 - データセンター選びの3大ポイント

2011年の東日本大震災以降、多くの企業でBCP策定と災害対策が急務となっている。そこで今注目されているのが、被害に遭うリスクを減らすため、安全な場所にデータを保存できるデータセンターだ。では、データセンターを選ぶにあたって重要なポイントは何だろうか。

4
関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

5
【特別企画】いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

【特別企画】いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

本稿では、データセンターの基礎知識から、正しい業者の選び方までを解説します。データセンターを利用することで生まれる様々なメリットを覚えていただき、実際に活用する際の参考にしていただきたい。

本稿では、データセンターの基礎知識から、正しい業者の選び方までを解説します。データセンターを利用することで生まれる様々なメリットを覚えていただき、実際に活用する際の参考にしていただきたい。

記事ランキング

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

【特別企画】国内トップクラスの安全な立地に高規格なファシリティを備えた

事業拡大に伴い、自社内に設置していたシステムを確固たるファシリティ要件を満たしたデータセンターに移行したい、あるいは災害対策サイトとして万全の条件を有するサービス拠点を探しているといった企業は多い。岡山県に拠点を持つ両備システムズの「Ryobi-IDC 第2 センター」は、そんな企業にお勧めのデータセンターだ。

【特別企画】本気で取り組むBCP・災害対策 - データセンター選びの3大ポイント

2011年の東日本大震災以降、多くの企業でBCP策定と災害対策が急務となっている。そこで今注目されているのが、被害に遭うリスクを減らすため、安全な場所にデータを保存できるデータセンターだ。では、データセンターを選ぶにあたって重要なポイントは何だろうか。

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

【特別企画】いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

本稿では、データセンターの基礎知識から、正しい業者の選び方までを解説します。データセンターを利用することで生まれる様々なメリットを覚えていただき、実際に活用する際の参考にしていただきたい。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る