マイナビニュースマイナビ

データセンターの解説/事例記事

データセンターの解説/事例記事

ピックアップ記事

データセンター 新着情報

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクス・ジャパンは3月10日、オンラインで記者説明会を開催した。

ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

【特別企画】ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

データセンターのもつ多様な接続性は、「内を向いたシステム」を外に向ける力をもっている。クラウド化が叫ばれる今日だが、データセンターとクラウドが持つ強み、システムの特性、この双方を踏まえながら基盤整備を進めなければ、ニューノーマル時代に求められるIT基盤は整備が困難だ。本稿ではニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦を解説する。

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

【特別企画】ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

リモートワークの基盤整備では、多くの企業がシステムのクラウド化を検討するだろう。だが、企業で利用される全てがクラウド化できるかといえば、そうではない。クラウドとデータセンター、双方の強みとシステムの特性を踏まえながら、基盤整備を進めていくことが求められる。では、データセンター活用の要諦はどこにあるのか。

運用監視の自動化をすぐに、簡単に実現する方法

【特別企画】運用監視の自動化をすぐに、簡単に実現する方法

実運用に添った仕組み、ルールを用意しなければ、運用監視の簡素化は成功しない。本稿では、きちんと機能する仕組みをすぐに、簡単に構築するためのサービスとして、「IIJ統合運用管理サービス(UOM)『シンプルパック』」を紹介する。

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

「2020~2021年には、デジタルジャイアント7社のうち5社が自己破壊を起こし、ECにおける検索作業の30%が画像/音声検索になり、アプリ開発の半数以上がボットの開発になる」――全世界で2000人以上のアナリストを抱えるGartnerにおいて、その最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏の展望である。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクス・ジャパンは3月10日、オンラインで記者説明会を開催した。

【特別企画】ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

【特別企画】ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

リモートワークの基盤整備では、多くの企業がシステムのクラウド化を検討するだろう。だが、企業で利用される全てがクラウド化できるかといえば、そうではない。クラウドとデータセンター、双方の強みとシステムの特性を踏まえながら、基盤整備を進めていくことが求められる。では、データセンター活用の要諦はどこにあるのか。

【特別企画】ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

【特別企画】ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

データセンターのもつ多様な接続性は、「内を向いたシステム」を外に向ける力をもっている。クラウド化が叫ばれる今日だが、データセンターとクラウドが持つ強み、システムの特性、この双方を踏まえながら基盤整備を進めなければ、ニューノーマル時代に求められるIT基盤は整備が困難だ。本稿ではニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦を解説する。

4
17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

5
関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

記事ランキング

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクス・ジャパンは3月10日、オンラインで記者説明会を開催した。

【特別企画】ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

リモートワークの基盤整備では、多くの企業がシステムのクラウド化を検討するだろう。だが、企業で利用される全てがクラウド化できるかといえば、そうではない。クラウドとデータセンター、双方の強みとシステムの特性を踏まえながら、基盤整備を進めていくことが求められる。では、データセンター活用の要諦はどこにあるのか。

【特別企画】ニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦

データセンターのもつ多様な接続性は、「内を向いたシステム」を外に向ける力をもっている。クラウド化が叫ばれる今日だが、データセンターとクラウドが持つ強み、システムの特性、この双方を踏まえながら基盤整備を進めなければ、ニューノーマル時代に求められるIT基盤は整備が困難だ。本稿ではニューノーマル時代で知っておきたい、データセンター活用の要諦を解説する。

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る