Finatextら3社、北陸銀行の投資アドバイスサービス構築を支援 [事例]

[2017/07/31 20:15] ブックマーク ブックマーク

クラウド

Finatext、日本IBM、日本情報通信(以下、NI+C)の3社は7月31日、北陸銀行が同日開設したロボアドバイザー「投信ロボアドバイザーはてなくん」の構築を支援したと発表した。

ロボアドバイザーとは、利用者がスマホやタブレットといったモバイル端末を使用して年齢や運用目的といった質問に回答すると、投資スタイルを判断し、ポートフォリオ(資産配分)や商品の提案を行うサービス。FinatextがロボアドバイザーのエンジンやUI/UXを提供し、日本IBMがアプリ基盤の構築を担当した。

また、ITインフラについては、IBMのクラウド「IBM Bluemix Dedicated」上でNI+Cが構築・提供する「NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス(NI+C Cloud BMD)」を採用。日本IBMとNI+Cは、IBM Bluemix上でのAPIやアプリケーション開発、運用支援を通じて、地方銀行のFinTech活用を推進するコンソーシアム「地方銀行向けBluemixコンソーシアム」を2015年10月に設立しており、今回の構築支援はその一環となる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

みずほのFinTech、商用化が相次ぐ協業サービス - Watson Summit 2017

みずほのFinTech、商用化が相次ぐ協業サービス - Watson Summit 2017

みずほフィナンシャルグループでは、2016年からの中期経営計画で「総合金融コンサルティンググループ」を掲げ、基本方針の1つに「金融イノベーションへの積極的取り組み」を明示した。具体的な戦略として「FinTechへの対応」を謳い、グループ全体で「みずほFinTech」事業に取り組んでいる。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る