【インタビュー】クラウド化は、業務要件を松竹梅に分け検討すべき - ガートナー亦賀氏

[2016/03/30 08:00]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

クラウド

クラウド登場から丸10年、議論を決着すべき

2016年は、クラウドが登場してちょうど10年になる。クラウド・コンピューティングが持つ概念自体はかなり前から存在するが、今のようなかたちで使われ始めたきっかけは、2006年、グーグル会長のエリック・シュミット氏の発言だとされている。

シュミット氏は、同年8月に開催されたサーチ・エンジン戦略会議のなかで「雲の中にあるソフトウェアにアクセスするクラウド・コンピューティング」と述べ、インターネットを利用した新しいコンピューティング・スタイルのメリットを訴えた。2006年は、Amazon Web Services(以下、AWS)が正式サービスを開始した年でもある。AWSは同年、コンピューティング資源を伸縮性に富むクラウドになぞらえたEC2(Elastic Compute Cloud)サービスの提供を開始した。

その後、さまざまなベンダーがクラウド・プロバイダーとしてサービスを提供し始め、2009年にNIST(米国国立標準技術研究所)がクラウド・コンピューティングを定義したことで、SaaS、PaaS、IaaS、プライベート・クラウド、パブリック・クラウドといった現在のような概念と用語が定着した。当初から懸念されていたセキュリティ面についても、クラウド事業者や業界団体、各種監査法人などによる取り組みが進んだ。現在は、クラウド事業者向け内部統制のためのSOC2報告書や、クラウド・セキュリティ監査の標準規格ISO/IEC 27017などが整備され、ユーザーがクラウドを安全に利用することを担保できるようになった。

ガートナー バイスプレジデント兼最上級アナリスト 亦賀忠明氏

ガートナーのバイスプレジデント兼最上級アナリストを務める亦賀忠明氏

登場から10年を経たクラウドに対し、企業は率直にどう感じているのか。利用が広がったことで「ビジネスに不可欠な基盤だ」と考えられているようにも思えるが、実はそうでもない。「10年経っても同じような議論が続いている」と話すのは、ガートナーのバイスプレジデント兼最上級アナリストを務める亦賀忠明氏だ。

「クラウド化するのかしないのかといった従来からの議論が続いています。クラウドに危険はないのか、万一の際にどう責任をとるのかといった議論もいまだにあります。こうした議論の背景には、クラウド導入が目的になってしまっていることが挙げられます。クラウドはどうかという議論自体、成り立たなくなってきています。なぜなら、外部サービスは何でもクラウドと呼ばれていますが、実際はクラウドといっても千差万別だからです。ここは具体的に、例えばAWSだったらどうか、Azureだったらどうか、といった具体的なレベルで議論する必要があります」(亦賀氏)

>> クラウドは目的ではなく「ビジネス論」

関連リンク

1326
2
【インタビュー】クラウド化は、業務要件を松竹梅に分け検討すべき - ガートナー亦賀氏
いわゆる"クラウド"の概念が登場して、ちょうど10年。利用は広がったものの、企業内でクラウド化の是非に関する議論は依然として尽きない。こうした状況を打破すべく、ガートナー ジャパンの亦賀忠明氏は「クラウドは目的ではなく、ビジネス論に帰着すべき」と主張する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/03/25/mataga_001.jpg
いわゆる"クラウド"の概念が登場して、ちょうど10年。利用は広がったものの、企業内でクラウド化の是非に関する議論は依然として尽きない。こうした状況を打破すべく、ガートナー ジャパンの亦賀忠明氏は「クラウドは目的ではなく、ビジネス論に帰着すべき」と主張する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る