マイナビニュースマイナビ

日鉄ファーストテック、健康管理システム「Carely」を導入 [事例]

[2021/09/27 10:00]林雪絵 ブックマーク ブックマーク

iCAREは9月22日、日鉄ファーストテックが健康管理システム「Carely」を導入したと発表した。

Carelyは、従業員の健康診断の予約から支払い代行までをペーパーレスでサポートするクラウドサービス。併せて、ストレスチェックの結果や長時間労働の有無、産業医面談の記録などを一元管理することもできる。

日鉄ファーストテックでは従来、健康診断結果をデータベースで管理していたが、産業医による就業措置判定や面談、面接指導などでは紙文書が使われていた。そのため、ペーパーレス化と産業医との連携強化に主眼を置き、新たな管理ツールを模索。オンプレミスによるこれまでの管理方法よりも汎用性が高く、管理・運用しやすい点からCarelyの導入を決定したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る