マイナビニュースマイナビ

コニカミノルタの自治体向けDXプラットフォーム「Govchois」で実現する業務改革

[2021/05/21 11:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

コニカミノルタは5月19日、オンラインで7月に提供開始を予定している自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォーム「Govchois」(ガバチョス)に関するメディア説明会を開催した。

コロナ禍で「2040年問題」が目前に

冒頭、コニカミノルタ 常務執行役 デジタルワークプレイス事業本部長の武井一氏は「今後、国内では75歳以上の高齢者の急増による要介護高齢者の増加が懸念される『2025年問題』や、働き手の激減が課題となる『2040年問題』が予測されている。しかし、2040年問題は新型コロナウイルスの影響で2025年問題に含まれる喫緊の課題となっており、自治体における業務を分析し、コア業務とノンコア業務に分けて標準化することでICT化していくことが必要だ」との認識を示す。

コニカミノルタ 常務執行役 デジタルワークプレイス事業本部長の武井一氏

コニカミノルタ 常務執行役 デジタルワークプレイス事業本部長の武井一氏

現状における外部環境の認識として、世界人口の増加、デジタル革命の進行、バイオテクノロジーの産業利用拡大、世界構造の多極化、気候変動/温暖化などがある。

このような状況を踏まえ、武井氏は「当社が考える今後の世界は、組織や個人が爆発的に増加するデータを活用して多様な価値を創造し、持続的に発展する自律分散型の社会の到来だ。そのために当社は『個別化・多様化による豊かさ』と『社会課題』の間に潜むトレードオフを、テクノロジーで解消していきたいと考えている」と述べた。

同社は、ものづくりで培ったノウハウとして仮説・検証し、モデル化を繰り返すことで品質を向上させており、品質方針として「測定なくしてコントロールなし」を掲げている。

コニカミノルタでは「測定なくしてコントロールなし」を品質方針に掲げている

コニカミノルタでは「測定なくしてコントロールなし」を品質方針に掲げている

そのような方針のもとGovchoisを開発し、経緯について武井氏は「業務量調査で可視し、課題の本質を見極めた分析を行い、数値化したうえで施策検討・実施のサイクルを回し続けることが重要だ。このような当社の品質方針を自治体のプロセスに展開できないかと考えた」と説明する。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

コニカミノルタ×聖隷福祉事業団、遺伝子検査で未発症がんを見える化

コニカミノルタ×聖隷福祉事業団、遺伝子検査で未発症がんを見える化

コニカミノルタと社会福祉法人の聖隷福祉事業団は4月12日、オンラインで記者説明会を開き、遺伝子検査による日本初の未病検診プラットフォーム「CARE(Comprehensive Assessment, Risk and Education:遺伝学的保因リスクに関する知識と包括評価)プログラム」を協働で開始したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る