NEC、サブスクリプションの促進基盤にZuoraの管理プラットフォームを採用 [事例]

[2018/11/09 12:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

Zuora Japan(以下、Zuora)は11月8日、NECがZuoraのサブスクリプション管理プラットフォームを導入したと発表した。

同プラットフォームは、継続的な収益の最適化と加入者との長期的なリレーションが必要なサブスクリプションビジネスに特化して設計されたもの。受注から入金までの一連の業務プロセスを統合/自動化する管理ハブとして機能する。

NECは現在、企業の迅速なサブスクリプションビジネスの展開を支援するために、同社のICT技術やサービス事業のノウハウを基にした基盤の整備と拡張を進めている。今回、この基盤の主要コンポーネントとしてZuoraのサブスクリプション管理プラットフォームを採用。選定にあたっては、Zuoraがこれまでにサブスクリプションビジネスを支援してきた実績と、専門性の高さが評価されたという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本に勝機はあるか? Zuoraが語るサブスクリプションビジネスの世界

日本に勝機はあるか? Zuoraが語るサブスクリプションビジネスの世界

Zuora Japanは10月13日、企業のサブスクリプションビジネスを支援するZuoraの取り組みについて記者説明会を開催した。説明会には米Zuora創業者兼CEOのティエン・ツォ氏、Zuora Japan代表執行役社長 桑野順一郎氏が登壇し、サブスクリプションビジネスの最新動向やZuoraのグローバル・日本における取り組み、日本市場への対応などについて解…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る