アスクル、AVC関西に「MOVOバース管理ソリューション」を導入 [事例]

[2018/11/02 15:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

アスクルとHacobuは11月1日、Hacobuが提供する物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」の「MOVOバース管理ソリューション」をASKUL Value Center関西(以下、AVC関西)に導入すると発表した。

MOVOは、輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指すクラウド型プラットフォーム。トラックを手配(求車)するための「ムーボ・コネクト」、トラックの位置情報を把握(運行管理)するための「ムーボ・スティック/ムーボ・アイ」、待機時間でトラックを効率的に稼働(バース管理)させるための「ムーボ・バース管理」から成る。

それらのうち、MOVOバース管理ソリューションは、物流拠点でのバースの予約/受付、およびドライバー誘導に関わる業務のデジタル化を実現するというもの。物流拠点におけるトラック待機の削減と効率的な納品/出荷の実現、実績の見える化を通じた業務改善のサポートを目的とする。

AVC関西は、アスクル最大の基幹物流センターとして同社の法人向けサービス「ASKUL(アスクル)」と、一般消費者向けインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」の物流を担う。アスクルでは、同センターにおいて今後さらに増加する物量に対応するために、今回、MOVOバース管理ソリューションの導入を決定するに至った。選定にあたっては、機能の多様性と運用上の柔軟性を評価したという。

導入により、PC/タブレット端末/携帯電話などのデバイスからMOVOプラットフォームにアクセスすることで、「大口チャーター便は配送管理者が主体となってPCから予約する」「路線便はドライバーが到着予定時刻を考えながら携帯電話から予約する」といったことが可能となる。

MOVOバース管理ソリューションによって目指す世界と導入事例

運用開始は2019年春に予定しており、その後、順次全国のアスクル物流拠点への導入を検討するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4141
2
アスクル、AVC関西に「MOVOバース管理ソリューション」を導入 [事例]
アスクルとHacobuは11月1日、Hacobuが提供する物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」の「MOVOバース管理ソリューション」をASKUL Value Center関西(以下、AVC関西)に導入すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/11/02/jirei_thumbnail.jpg
アスクルとHacobuは11月1日、Hacobuが提供する物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」の「MOVOバース管理ソリューション」をASKUL Value Center関西(以下、AVC関西)に導入すると発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る