富士通、グローバルコミュニケーションに「Box」を採用 [事例]

[2018/05/09 13:50] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

業務アプリケーション

Box Japanは5月9日、富士通が社内のグローバルコミュニケーション基盤におけるコンテンツコラボレーションツールとして「Box」を採用したと発表した。現在、国内の従業員8万人を対象に導入しており、2017年12月からは全世界の従業員に向けた展開を進めている。

富士通は、最新技術を活用して社内のコミュニケーションを推進し、場所や時間、デバイスに捉われない働き方の実現に向けた取り組みを推進している。その一環として、社内だけでなく顧客も含めたコラボレーションに向け、社外とのコンテンツ共有を安全に行うためにBoxを採用するに至った。

選定の理由として、富士通では同社がグローバル共通のコミュニケーション基盤として活用する「Office 365」と連携し、セキュアにより良いクラウドコンテンツ管理を行える点を挙げる。

導入により、国内外の従業員や顧客、取引先との共創活動の推進のほか、データの一元化、生産性の向上などを狙うとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

大和リース、パナソニックのコンテンツ管理システム「CrossLead」を導入 [事例]

大和リース、パナソニックのコンテンツ管理システム「CrossLead」を導入 [事例]

パナソニックは2月22日、パナソニック ソリューションテクノロジーが、大和リースにコンテンツ・文書管理システム「CrossLead(クロスリード)」を納入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る